事件記者のページ

遠い昔のTV番組を再現しようというムチャな試み

カメラ小説

2017-08-13 23:36:12 | 本と雑誌
柴田よしき「風味さんのカメラ日和」本屋(Azonではない)が教えてくれた、前に柴田さんの文庫を丸善で買ったの覚えててくれたのならたいしたもんだけどだうなんだろな、ソニーにおいてなかったので(Kindleにあるとこ見ると今はもうおいてるかも)今日丸善まで行って買って来た(地下鉄ロハだけど喫茶店でコーラ飲んだ分高くついた)、どこの会社だか忘れてたから店で検索したら即教えてくれた、恐るべしハイテク・・・ってそら自分が遅れてるだけ
にしてもまいったな、私デジカメの使い方まるっきし知らんかったのよね、知ってたのは天体を撮る時思いっきり望遠にすることだけだったんじゃないか、少なくともこういうもの(本のカバー)を撮る時光らんようにするのは簡単だったのだ、でも虫を撮るのはやっぱむつかしかろうと思う、いつかまたテントウムシが来るとよいな

関係ないツッコミ、祖父さん2歳の子にハンバーガー持たすか?また母ちゃんそれ平気なの?

また・・・蛍山は山梨県の塩山かな?いや別によいんだけど、これまだ序章よね、必ず続きがあるハズ、でもってヒロインはラノべ作家、すぐ近所に作家の井上夢人が住んでるとか、さう言う展開には・・・ならんよな
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮想現実の悲しみ | トップ | オペラ鑑賞(何回目?) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事