めざせ軽トラキャンパーへの道

お金の無い中年おやじの手持ちの資材 工具でどこまで軽トラキャンパーが作れるか チャレンジをブログで綴ります!

いよいよSUPフィシングBy伊勢湾

2020-06-11 10:08:10 | SUPフィシング

サップを釣り用として購入して コロナ時代に突入・・・・・県内や県外の出撃出来そうな浜は全て地元自治体による通行止めや駐車禁止で 来るな 来るな 状態で 釣り好きな皆さんと同じく ジクチタル想いをかみ殺して 釣り自粛をしていたので出番がなかった で1週間前に 伊勢湾某所 空港が見える 浜の近くで仕事があったので 寄ってみたら 警告文などなくなっていて よ~し SUPデビューならこの浜と決めた!

梅雨が来る全日なので 伊勢湾も穏やかと思い 昨日 いよいよSUPデビューしに向かった 天気は曇りだが お昼には30度を超える夏日予想・・・・

海に浮くのは久々だ! 昨年からの4つの大きな人生の危機と言うか 壁にぶち当たり 一つ 一つ なんとか 嵐を耐え忍んで 今がある 海を見ると そんな小さな事 悩むなよ~と雄大な海がやさしく語り掛けるようだ!

インタレス(ゴム風船)SUPなのでこの様に フィシングと言っても少ない装備でチャレンジ出来る

早速USB充電地式 電動空気入れで 膨ませる

あっという間にこの状態になるが 当然だが 空気圧はないのでふにゃふなぁゃだ! なので シングルアクションの高圧空気入れで 100回ポンピング!


メーターでは7ぐらいの表示で本来は8~10位 いれるのだが テストも兼ねているのでまずは 7でも表面はパンパンなのでこれでいっとく~ッ!


付属のリユーシュコードを付けるが ぶっといカールコードがなんだか邪魔に感じる これはのちほど やっぱりねの状態となる

いわゆるサーフィンタイプのゴムボ~なのでとても軽くて 浜へのエントリも簡単だ! これがカヤックだと 色々 たいへんなので 手軽さではSUPは秀でている
せっかちな初心者なら SUPに道具を満載してすぐにでも漕ぎだすかもしれないが、長年 フィシングカヤックをしているのでそんな無謀な事はしない 久々の海でもあるのと真夏日が続くまるで夏本番みたいな日だが まだ6月のはじめ 海水温度が気になって ざぶんと ライフベストを着て 海水浴 遠浅なので まったく寒くない 海から出ると 風が当たるとひんやりとする これなら 低体温症もなさそうだと 更にざぶ~んと久々にプカリと海に漂って 堪能した で まだ出撃はしません そんな暴挙はしません 

SUPは初めて乗車する?なので 体重90Kgの俺が乗れるか 足が付く場所でこわごわ 乗っかってみる 腰かけて両足をサップの左右に投げ出すと すごく安定していい感じ クッション性のあるゴムボ~状態の表面なのでケツもいたくない で 腹ばいになり両手で漕いでみる やったことはないがサーフィンボードに乗っかっている感じ でも 厚みのあるボードなので 速度は出ないが 万が一 パドルなど折れたり無くしたりしても これで岸まで帰れるなと思えた ボードの上でひざを曲げて立とうとしたら ハィ 転覆・・・・・・足が付く場所なのでパニックにはならなかったが やっぱり 少しでも重心が上がると 途端に不安定になる なんどかためしたが 立ち上がるなんて永遠に無理と思えた! スタンディング・・・・・・・自分には無理~ッ!? なので カヤック風に胡坐をかいてカヤックのパドルで漕ぐことにした 幅とあぐらをかいた状態の角度が良くて スムーズにパドリングが出来る 速さは忍の速度の半分くらいの感じだ スケグは1枚あるが 直進性はなく 回転性能はいちじるしく 反応が遅い これはSUPの重量もなく リーンもないので体重移動での回転も出来ず パドル操作のみで方向を変えるしかない そんなこんなで1時間ほど経過・・・久々に運動して気持ちはいいが 疲れたので小休止

でリフレッシュして・・・・まだ装備を載せて釣りはしないよ!? 大事な事をまだ鍛錬していないので・・・・・・それはとても重要な事で それが出来ないと 出撃してはならない!?再乗艇・・・・これが完璧に出来なければ 海の藻屑!
カヤックでも難しいが SUPも初めてなので出撃する前に自信を持って出来る様にするため チャレンジ 1回目 うまく 出来ない ひたすらあがく 2回目 同じくあがく 3回目 やっぱりあがく 4回目 どうしてもあがく 5回目 疲れて 小休止 !?
思うように出来ない 風もほぼなく 波もなく 条件はいいはずだが・・・・うまく出来ない しがみつくとダメみたいだ なので 冷静にプカリと浮かびながら考えた!! SUPの形状をみていたら 気が付いた これは 大きなビート板ではないか 学生の頃 水泳部で ビート板で散々 練習をしていたではないか!? でSUPの後ろに移動して両手で端をつかみ バタ足でビート板の様に泳いだ・・・・なんだか楽しい・・・・昔を思いだした で後部を思い切って水面に押し下げて 身体を押し上げて半分身体が乗っかったら ずりずりと前に進み 再乗艇出来ました これを2回行う 


でも実際の釣りでは後部にはこの様にクーラーを置くではないか なので 横から再乗艇出来ないと 無理がある で思考錯誤するが なんども失敗する 変な力が入り 身体がこわばるのが原因かと思い当たるが・・・・しかも あのごついリーシュコードが再乗艇の邪魔だ! パドルにしっかりたいコードを付けて本体に接続 転覆してもパドルをしっかり握って離さなければ OKと思えた・・・・・・今一度 冷静に考えて 先ほどのビート板方法 横でも同じでは?と思い SUPにしがみつく方法ではなく まずは両手を端に軽く握って体は水面に完全に水平になる様に浮かんで 力を抜いて バタ足をして推進力を得たら両手を引く感じで体全体をSUPに勢いをつけて近づけて・・・・とりあえず体の3分の1くらいが乗っかる様に意識して頑張ってその後 片足をSUPの上に振り上げらたそのままからだ全体をSUPに乗せて再乗艇が出来た クーラーが無い状態で行って 3回で来た 今度はクーラーを載せて 失敗もしたが なんとか連続して再乗艇が出来る様になった 更に 足が着かない場所で 本番となる再乗艇を2回行って 自信がもてた 波 風の無い ベストな状態ではあるが 基本は同じである 最悪 クーラーを投げ捨てて 後部から乗っかるのは更に容易なので まずはこれで良しとした!

いよいよ 出撃 本格的な釣りは出来ないと思い 一番手軽なエギによるタコ釣りを敢行・・・・SUP・・・・すごく 潮流に影響受けす! 風の影響もモロです! 漕いでも速度が出ません! ようするに アンカーを打つか パラシュートアンカーが必須です 今回は持参しませんでしたので釣りにはなりませんが楽しいです とにかく 初回なので慎重に行動するため 沖合300m程度した出ませんでした それでも 風が吹くとあっという間に 流されますし コギ漕ぎもいつもの2倍は大変です
これならい 電動船外機で釣行したほうがいいのかもと思える感じですが それでは 手軽さは無くなるので釣場を選んで 使えば最高の 友になりそうです 特に電車や連絡船で離島で 遊びながら お遊び程度の釣りなら 成立は出来る感じです 空気圧7ですと 波によっては お尻の部分がすこし沈み込んでくにゃとした感じがするので やっぱり10ぐらいは必要なのかと そうなるとポンピング120回は覚悟です でも 電動ポンプはやっぱりありがたりです あの状態にするのに100回はポンピングは必要なので


コロナの影響で 国際空港ですが 本当に飛行機の離発着が少なくて寂しいです 11時頃になると 300m沖合でも風が強くなり 一応海から浜への風向きで心配はないですが かなり苦労して漕がなければならないかと思い タコも不在なため 久々の 海 終了! 20Lタンクの手動シャワーを使い 身体と道具の後片付けをして 帰路に着きます 有名なラーメンがあるそうですが見つけきれないので 一人焼肉が堪能(コンロが有るわけでもないですが) 韓丼でランチを堪能  やっぱりカルビは食べたよ~の満足感があり しかもお値打ちで よく食べます スープもうまいしね!

総括 SUPフィシングは成立する 思うよりは安全な乗り物 やっぱり手軽 濡れるのが前提なので道具類は最低限で! クーラーと前かごは工夫とDIYが必要と思えた 特にクーラーは再乗艇を考えると もっと低い容器にするか逆にいつでも捨てられる様に載せているだけの状態にするかを考えたい 前かごはフタをつけないと不便だし フタに竿掛けを付けないと竿の置き場がなく もう一つ言えば パドルの一時 置き場も必要と思えた でも 楽しかった 6月後半になれば県を超えての移動も解禁すると思うので 富士山を見ながら 釣りがしたいものだ!
コメント   この記事についてブログを書く
« アトレーバン 快適仕様に! | トップ | 三菱軽トラ ふたたび不調! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

SUPフィシング」カテゴリの最新記事