福岡県京都郡苅田町、行橋市、北九州市、小倉南区、近郊の方”合気道苅田道場会員募集中”
   合気道 真風会のブログ



10月15日(木)の道場です。

「新しい生活様式」に沿った稽古にも慣れて来ました。

8月の稽古再開から、稽古前の道場内の除菌消毒が当たり前になっています。

道場内の隅々まで消毒液を散布し、

同じく、持参のワイパー式モップできれいに拭き上げています。

約70畳の道場はみなさんが安心して稽古が出来るレベルに仕上げています。

道場内の換気の為にすべての窓を全開にし、3台の扇風機を回しています。

これから徐々に寒くなって行きますが、この換気対策は冬場も継続して行っていきます。

会員の皆さんへは、既に伝えてある通り、防寒対策として、今シーズンは道衣の下にトレーナーなどの着用をオッケーとしますので、ご準備ください。

まだ直接触れることはせずに、仕手と受けの型で行う「エアー合気道」での稽古をしています。

マスクを付ける、接触をしない、声も出さない等の制限の中、みんな今出来る稽古を一生懸命に続けています。

こんな状況下でも、やはり「継続は力なり」、続けて行くことは大事ですね。

コロナで5カ月間のブランクがありましたが、稽古再開の8月からの2カ月半で、皆さん体力は完全に取り戻しています。

マリンとユウトの姉弟組は、先週からポリ手袋着用での稽古をしています。

勉強と合気道を両立させている受験生のマリン、部活と合気道を両立させているユウト、

同じくカオリとエリコの中学生組も部活と合気道の両立が出来ています。

もちろん、社会人の皆さんも、忙しい仕事と合気道を両立させています。

そして、みんなが確実に上達して行っているのがわかります。

そんな皆さんを見ていると、いつものセリフが自然と頭に浮かんで来てしまいます。

「継続は力なり」

「努力に勝る天才なし」

そして

「強くなければ生きていけない」

  優しくなければ生きていく資格がない」と。

 

 

私は、昔から常々思っていることがあり、10年以上昔のブログにも書いたことですが、病気やケガによるものは別として、腹が出て来るとか、開脚も満足に出来ないほど体が硬くなるのは、自身の鍛錬を怠っているからであり、それは武道指導者失格だと思っています。

私が若い頃、そのような武道の先生たちの指導には全く説得力を感じず、私の反面教師となっています。

 

20代からの、この考えは今も変わらず、私も皆さんと共に、これからも向上心を持って稽古に励んで行きます。

 

「合気道 真風会」会員の皆さん、これからも私と共に精進して行きましょう。

 

では、また!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コロナの様子見で休会を延長していたユヅキも、9月10日(木)の稽古から復帰しました。

2月の昇級審査会の翌日から、休会になっていましたので、やっと免状を渡すことが出来ました。

改めて、昇級おめでとうございます。

今、体験に来ている弟のお手本になるよう、これからも頑張ってください。

 

さて9月17日(木)の稽古の様子です。

コロナ休館明けからは、まずは私(上土井)と稲垣先生の二人で、道場内の消毒作業を行っています。

電気のスイッチから、

ドアノブに窓のカギや枠に、

みなさんが荷物を置くスペースは、私たちで持参しているアルコール消毒液を使い、

棚に、

モップの柄、

畳には、体育館から貸し出される次亜塩素酸水を使い、

換気用に借りている扇風機も。

とにかく手が触れるところは全て除菌しています。

 

清潔で、几帳面な(自称ですが・・・(汗))私には、道場内で”ウィズコロナ”なんて考えはサラサラありません。

コロナウイルス君には、人類の怖さを思い知らせ、全て消えてもらいます(笑)。

消毒後、持参しているモップで、

畳の隅から隅まできれいに拭き取ります。

所要時間は二人掛かりで約30~40分程かかりますが、みなさんが安心して稽古が出来るレベルの除菌は出来ています。

道場入口では、マスク着用をチェックし、まずは、手を洗いに行ってもらい、その後、検温をします。

そして手指のアルコール消毒をして、初めて道場に入れます。

PM7時より少年部の稽古の開始です。

小学1年生の男の子二人が体験入門に来ています。

前後左右を空け、ソーシャルディスタンスを保っています。

最近は、コロナ予防に慎重な人達を”コロナ脳”とか言って、馬鹿にする人たちもいますが、”コロナ脳”と言われようが、私たちは会員の皆さんの安全を守る為には、予防対策は徹底して行おうと考えています。

コロナ終息までは、気を抜かずに続けて行きます。

「後方回転受身」です。

この日は二人組で「胸突き」と「前方回転受身」の稽古をしました。

まだ、直接触れ合う稽古は控えています。

仕手は「胸突き」を紙一重で交わして、受けは「前方回転受身」を行う稽古でした。

PM8時からは一般部の稽古です。

コロナ休館明けからは「密集」を避ける為、「少年部」と「一般部」を分けて二部制にしています。

「少年部」と同じく、体操~膝行~受身を行った後に各級の技の稽古をしています。

組み技は直接触れ合わない「エアー合気道」で行っています。

「新しい生活様式」に沿った「新しい稽古法」も少しづつ慣れて来ました。

「受け」も「仕手」も、動きが分かっていないと、「エアー合気道」は出来ません。

通常の稽古に戻った時に、この「エアー合気道」がプラスになっていると思います。

これから冬に向けて、またコロナが増えるだろうとも、インフルエンザとダブルで来るとも言われていますが、今、行っている「コロナ対策」を続けて行くことで、かなりリスクは減らせると思います。

 

そして、これからも、

”継続は力なり”

”努力に勝る天才なし”

そして、

「強くなければ生きていけない。

  優しくなければ生きて行く資格がない」

 

では、また!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




早いもので、もう秋、9月になりました。

「合気道 真風会」はコロナ感染予防を重視した稽古をしております。

この日も、道場内の消毒、扇風機による換気、参加者の検温、手指のアルコール消毒、マスク着用にての稽古です。

ちなみに「苅田町総合体育館」では、コロナ対策の一つとして、稽古の都度に苅田町教育委員会への「利用者カード」の提出が必要です。

その内容は、その日の参加人数の確認と、以下の10項目のチェックシートからなっています。

 

□代表者は、利用者全員の情報を把握し、有事があれば連絡を取るなど協力します。(情報の保管期間は1カ月程度)

□マスクを持参し、運動時以外は着用します。

□体調に不安のある者は利用しません。

□こまめな手洗い、消毒液による手指消毒を実施します。

□至近距離での大声での発声や会話等はしません。

□利用者、他の利用者及び管理者とは十分な距離を確保します。

□接触等を抑えた活動をします。

□施設利用前後は、利用者が責任をもって清掃・消毒を行います。

□施設利用後は、速やかに退場します。

□感染防止のために施設管理者からの指示に従います。

 

団体の代表者として、感染予防対策を怠り、稽古においてコロナ感染者を一人たりとも出してしまったら、人を指導する資格もないと思っています。

「合気道 真風会」は、このルールを会員のみなさんと共有し、コロナ感染予防をしっかり意識した稽古を心掛けていきます。

コロナ以前は、体操時に全員で大きな声で号令を掛けていましたが今は中止しています。

コロナが落ち着くまでは、私(上土井)と稲垣先生の二人のみが、マスクにフェィスシールド着用の上で号令を掛けるよう変更しています。

直接手を取るなどの接触する稽古も控えています。

この日の少年部は、”胸付き”と、それを紙一重でかわす稽古をしました。

整列等の仕方も、距離を空けソーシャルディスタンスを保てるように変更しています。

夜8時からは一般部の稽古です。

マリンとユウトは、剣技の稽古です。

各級の技を、相手に触れずに「エアー合気道」にて稽古をしています。

”仕手”と”受け”が、お互いに知っている技ですので、”エアー合気道”でも稽古が出来ています。

稲垣先生と私は、声を発するので、飛沫飛散防止でマスクにフェイスシールド着用なので、こんな感じです。

剣技や杖技は、人と人が接触しませんので全く支障がありません。

しかし、今、また、皆さんと一緒に稽古が出来る日をどれだけ待ちわびていたことか・・・。

当たり前が当たり前でなくなってしまって、改めて、こうして稽古が再開出来きていることを、会員の皆さんと、稽古場である”苅田町総合体育館”に感謝致します。

 

”継続は力なり”

”努力に勝る天才なし”

そして、

「強くなければ生きていけない。

  優しくなければ生きて行く資格がない。」

 

一人一人が感染予防の意識を高く持ち、心身を鍛え、これからも、私たち「合気道 真風会」が目指す”理想の合気道”を追求して行きましょう。

では、また!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




8月20日(木)、先週はお盆で稽古は休みでしたので、コロナ休館明け2回目の稽古です。

この日も、まずは私(上土井)と稲垣先生で、道場内の清掃消毒作業からです。

アルコール消毒を噴霧し、

ワイパーでまんべんなく拭き上げて行きます。

ドアノブ、サッシのカギ、電気のスイッチなどはもちろんのこと、畳や荷物を置くスペースまでとなると、体育館で用意してくれている消毒液では全く足りないのですが、私達が持参して、道場内の隅々までアルコール消毒をするようにしています。

清潔な道場で、会員のみなさんが安心して稽古が出来る空間となるように努めています。

道場内の消毒作業は、コロナが落ち着くまでは、徹底して行いたいと思います。

道場内に入る前には、まず石鹸で手洗いをして来てもらい、検温をします。

保護者の方にも検温はご協力いただいています。

検温後は手指のアルコール消毒を行ってから、道場に入ってもらうという流れです。

飛沫の飛散を防止するために、なるべく発声を控えようと思い、代わりに号令などを録画したビデオを前回は使ってみたのですが、周りの音にかき消されてしまい、上手くいきませんでした。

今回からは、マスク+フェイスシールドを着用し、私と稲垣先生のみが号令を掛けるように変更しました。

稽古中は全員マスクを着用しています。

しかし、熱中症防止の為、外に出て周りに人がいないのを確認して外すのは構いません。

マスクを外すのも水分補給も、各自がいつでも自由に行えるようにしています。

準備体操中もソーシャルディスタンスを保てるよう、間隔を広く取っています。

 

今週から、小学校5年生の女の子が体験入門に来ています。

「合気道 真風会」は、まず1か月間の体験入門をしてもらい、その後に正式入門希望かどうかのお返事を頂いています。

もちろん体験入門は無料ですので、合気道や護身術に興味がある方は、まずはご連絡ください。

コロナ予防には、まずは、こまめな手洗いと換気と言われています。

窓は全て開けて、熱中症予防も兼ねて、3台の扇風機を回しています。

体験入門の子も、まずは見様見真似で

しっかり付いて来ていました。

しかし、この暑さの中

マスクにフェイスシールドは、なかなか呼吸が苦しいもんです。

高地トレーニングのような効果があれば、これで私達も体力アップです!?(笑)

前方回転受身の順番待ちの間もソーシャルディスタンスを保って並びます。

コロナ禍の稽古法に少しずつ馴染んでいきましょう!

先週お休みしてたナナリに8級の免状を渡しました。

2月27日に昇級審査を受け、翌週からコロナで休館してましたので、やっと渡してあげることが出来ました。

改めて、昇級おめでとうございます。

また、これからも稽古がんばろうね!

PM7時50分、第一部の少年部の稽古が終わりました。

 

PM8時からは第二部の一般部の稽古を行いました。

こんな感じのコロナ休館明け2回目の稽古でした。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今月に入り、苅田町総合体育館の使用が可能となり、8月6日(木)より稽古を再開しました。

体育館休館に伴い、道場を休会していましたので5か月振りとなります。

とは言え、まだコロナ禍ですので、コロナ対策を取った上での稽古再開です。

 

私達「合気道 真風会」は、コロナ禍での稽古に関しては、慎重に考えております。

出来る限りの感染予防対策を取って、会員の皆さんが、安全に安心して稽古が出来る道場にしたいと考えています。

こちらをご覧ください→「コロナ対策」を取り入れた稽古再開に向けて(2020年7月19日)

*(重要)稽古に参加される方は、以下の事も必ずお守りください。

 

・マスク着用のこと(マスクを忘れたら稽古に参加出来ません)

 

・稽古日前2週間以内に以下に該当する人は稽古をお休みください。

 

1、平熱を超える発熱があった人。

(当日、道場でも検温しますが、37.5度以上の発熱があれば道場には入れませんので、必ずご家庭でも体温チェックをして来てください。)

 

2.せき、のどの痛みなど風邪のような症状、味覚や臭覚の異常があった人。

 

3.新型コロナウイルス感染症陽性者と濃厚接触が疑われる人。

 

稽古前、私(上土井)と稲垣先生で、道場内をアルコール消毒しました。

アルコール消毒液を隅々まで散布し、

会員のHIDEYUKIさんが、寄贈してくれたワイパー型モップを持ち込み、

同じく、隅々まで拭き上げました。

ドアノブ、窓のカギ、電気スイッチなど人が触れる箇所や、荷物を置くスペースなども

4~50分かけて、全てアルコール消毒をしました。

体育館で用意されている消毒液では、全然足りなかったのですが、私達も持参してましたので良かったです。

(HIDEYUKIさん、消毒液にワイパー型モップの寄贈ありがとうございました。)

そして、換気を良くするため窓を全開にし、3台の扇風機を回すことにしました。

コロナ終息までは、道場の消毒作業と換気を続けますので、会員の皆さんは安心して稽古に集中してください。

道場に来たら、全員まず検温をします。

この日は、全員オッケーでした。

石鹸での手洗い後に、手指のアルコール消毒をします。

イクトがマスクを忘れていたので、お母さんに電話をして、持って来てもらいました。

皆さん、マスクを忘れないように気を付けてくださいね!

密を避ける為に、当分の間は、少年部と一般部で稽古時間をずらして2部制にしました。

少年部 PM7時00分から7時50分まで

一般部 PM8時00分から8時50分まで

 

整列の仕方もソーシャルディスタンスを保ち、前後左右を畳一枚分空けて、正面も、誰も座らないように空けて、十分なスペースが取れるようにしました。

 

大きな声を出さないように、全員での号令はやめ、私と稲垣先生で録画したビデオをタブレットで流したのですが、周りの音にかき消されて、よく聞こえなかったので、これは変更します。

次回からは、私と稲垣先生がマスクにフェイスシールド着用で、2人のみが号令をかけるようにします。

 

コロナ休会直前の2月26日の審査会で昇級した3人に、やっと免状を渡すことが出来ました。

アオマ、アヤノ、コハル、改めて昇級おめでとうございます。

写真撮影もソーシャルディスタンスを保ってます。

バスケットボールを始めたアオマが休会することになり、アオマのお母さんが写真を撮ってラインで送ってくれました。

医療関係者のアオマのお母さんに手指用消毒液を頂きました。

道場でありがたく使わせて頂きます。

ありがとうございました。

そしてPM8時。

一般部の稽古開始です。

整列の仕方は少年部と同じく、前後左右のスペースを十分に空けています。

組み技は、触れずに行っています。

相手に直接触れずに、離れて攻防を行うエアーボクシングをヒントにして考えた、エアー合気道です。

”受け”と”仕手”の、お互いの動きの形や、足さばき、体さばきの稽古が出来ます。

コロナで接触を避けて出来る、新しい稽古法をトライアル・アンド・エラーを繰り返して、考えて行くしかありません。

これからも、試行錯誤を重ねながらの稽古になります。

誰も経験したことがない中での、新しい稽古法を

確立して行きます。

道はじぶんでつくる

道は自分でひらく

人のつくったものは

じぶんの道にはならない

                             みつを

こうして、無事に休会明け初日を終えることが出来ました。

みなさん、お疲れ様でした。

来週8月13日(木)はお盆休みです。

次回の稽古は8月20日(木)です。

 

「緊急事態宣言」以降、私も稲垣先生も、自分達が感染しないよう最大限に注意して生活しています。

3密を避け、一切の会食、外食もやめ、こまめな手洗いや消毒を行っております。

自分が感染しないこと、自分の感染に気付かず人に移すことがないように細心の注意を心掛けています。

会員の皆さんも、コロナ予防には十分に気を付けてお過ごしください。

そして、やっと再開した道場で、これからも、また、いい汗をかいて行きましょう!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ