キースオジンQ日記

色々な事に関心を持ち、実際、見て、聞いた事を毎日、書いてます。カテゴリー:音楽・美術・釣り・スポーツ・歴史(お城)・鉄道

徳川四天王本多家と家臣たち

2020-02-17 17:37:00 | 城・歴史



昨日,岡崎市にある岡崎信用金庫本店大ホールで開かれた本多家シンポジウムに行ってきました。これは本多家が岡崎藩主として襲封してから250年の節目を記念して開催されました。




基調講演として国立公文書館の小宮山敏和氏が「徳川四天王と家臣たち」と題し,話をされました。




続いて3人の講師の方々が「関ヶ原合戦における本多家」「桑名時代の本多家」「本多家の家臣団」と題した本多家に関わる話をされました。今回のシンポジウムで忠勝からはじまる本多家を支えた家臣団が,地元岡崎藩の藩政にも影響を与えた事が良く分かりました。















岡崎公園散歩

2020-02-02 16:37:00 | 城・歴史



岡崎城跡青海堀発掘調査報告会に参加した後,岡崎公園内を散歩してきました。岡崎城は,時代毎に違う石垣を見て回る楽しみがあり,ガイドブック片手に歩いてみました。




岡崎公園内の三河武士のやかた館前では葵武将隊の演舞が見られます。徳川四天王と家康公が軽快な音楽に合わせた演舞を披露しています。これを目当てに来園される方も多いようです。なかでも酒井忠次役の演技は観客を楽しませてました。









岡崎城跡青海堀発掘調査報告会

2020-02-01 17:07:00 | 城・歴史




岡崎公園で行われた岡崎城跡青海堀発掘調査報告会に参加しました。これは,岡崎市教育委員会の「岡崎城跡整備基本計画」に基づく岡崎城跡の整備の基礎となる城郭遺構調査研究の一環として行われました。青海堀は最初の岡崎城築城者 西郷頼嗣(青海入道)に因み,そう呼ばれてます。まず岡崎城能舞台で開かれた岡崎市職員による発掘調査報告会を聞いたあと,実際,青海堀におり現場を見ました。







普段行けない堀底を歩き,時代毎に造り方の違う石垣を見ながら岡崎城の歴史を感じました。












家康公セミナー「榊原康政とその一族」

2020-01-18 18:21:00 | 城・歴史



昨夜,岡崎市商工会議所にて開催された家康公セミナー2019に出席しました。2019は「徳川創業期の家臣団」がテーマであり今回は第5回として徳川四天王の一人 榊原康政とその一族について講義がありました。講師は毎回お馴染みの歴史研究家の市橋章男氏です。榊原一族のはじまりから康政公の人物像などのお話があり,大変勉強になりました。








南北朝〜室町時代の吉良氏

2020-01-13 18:21:00 | 城・歴史




西尾市文化会館で開かれた歴史講演会に行ってきました。今回は「南北朝〜室町時代の吉良氏」と題した西尾市の「吉良氏800年祭事業」として開催されました。講師は中公新書のベストセラー「応仁の乱」の著者であり,国際日本文化研究センター助教の呉座勇一氏でした。











講演内容は1221年に起きた承久の乱以降,吉良荘(現在の西尾市)を足利義氏の所領となり,その後,その子孫が吉良氏を名乗り本拠地としていくその過程とその後についての話でした。次回は,静岡大学名誉教授の本多隆成氏の講座で戦国時代の吉良氏について聞けます。隣町の歴史を知る良い機会です。













会津の義 徳川家と保科正之公

2019-12-22 16:25:00 | 城・歴史



昨日,岡崎市商工会議所で開かれた徳川家康公顕彰事業講演会に行ってきました。






会津松平家第十四代当主 松平保久氏の「会津の義 徳川家と保科正之公」と題した講演会でした。会津松平家は,第二代将軍秀忠公の四男である保科正之公が藩祖で,幕末動乱期に活躍した松平容保公まで引き継がれた「会津の義」について講演されました。講演を聴いて会津松平家と徳川家の関係がよく分かりました。







兵庫県 竹田城と三田城

2019-12-10 16:44:00 | 城・歴史




近畿の城巡りの番外編です。福知山城に行った際,往復3時間かけ天空の城 竹田城に行きました。この城は4年前に登城してます。再度行きたくてJR竹田駅を降りたのですが,登城口が閉鎖されており,日本100名城のスタンプを押してだけで帰路につきました。






ただ帰る途中,兵庫県三田市にある三田城跡に寄ってきました。あまり城跡の遺構はありませんが,鳥羽水軍の九鬼氏が治めた地という事で興味がありました。










日本100名城 篠山城

2019-12-07 17:15:00 | 城・歴史



福知山城の次に,兵庫県篠山市にある篠山城に行きました。この城は,徳川家康公が豊臣秀頼に対する城として1609年に築城し天下普請により6か月で完成しています。日本100名城 57番目の城です。JR篠山口駅からバスで二階町で降り,歩いて数分で大きな石垣がみえます。




城は正方形で外堀・内堀が残り,門を入ると大書院があります。ここで100名城のスタンプを押し,書院内の襖絵らなど見学しました。




大書院を出て二の丸跡を通り,天守台に行けます。天下普請の城だけあり見所いっぱいの城でした。
















続日本100名城 福知山城

2019-12-06 16:45:00 | 城・歴史



亀山城の次に,福知山城に行きました。ここは1579年 明智光秀が築城した続日本100名城の158番目の城です。江戸時代は朽木氏が幕末まで治めています。








四層の天守に上ると福知山市内が一望できます。次に,明智光秀が祀ってある御霊神社に行きました。ちょうど紅葉が綺麗でした。ここで御朱印を頂きました。亀山城・福知山城とも来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が放映されることもあり,街中,色々なイベントの準備中でした。













亀岡市 亀山城

2019-12-05 17:02:00 | 城・歴史



二条城の次に,亀岡市にある亀山城に行きました。亀山城は1577年明智光秀が築城し,本能寺の変の際,光秀はここから出陣してます。JR駅から歩いて数分のところにあり,明智光秀像が迎えてくれます。水堀を通り場内に入り,ここを管理している宗教法人の事務所で受付を行ってから城跡を見に行きました。





主要部は神域になっているため入れませんが,ちょうど紅葉が石垣にマッチして綺麗でした。












日本100名城「二条城」

2019-12-03 16:08:00 | 城・歴史



京都の二条城にきました。徳川家康公が1603年に築城。世界遺産でもあり、日本100名城 53番目の城です。










あいにく火曜日は御殿内に入ることはできず,御殿の外側をまわるコースで紅葉も終わりかけていた二の丸庭園・本丸庭園・清流園を見ました。二の丸御殿内の大政奉還の行われた広間を見学できず残念でしたが、城跡としての遺構はしっかり見ることができました。








コメント (2)

岡崎城 再建60周年記念御城印

2019-11-13 18:50:23 | 城・歴史


岡崎公園内にある岡崎城に行ってきました。



岡崎城には何度もきてますが,今回は,再建60周年記念の特別御城印を頂くために出掛けました。岡崎城は,明治初期に取り壊され,1959年に再建されました。それから60年経ち,それを記念して期間限定販売(10月1日〜12月28日)されました。岡崎城の文字は,徳川宗家第18代当主の徳川恒孝氏が揮毫してます。


岡さんぽ「大久保家と石川数正の菩提寺を訪ねる」

2019-11-06 20:18:37 | 城・歴史


先日,岡崎市観光協会主催の岡崎市の史跡・名所などを巡る「岡さんぽ」に参加しました。今回は「大久保家と石川数正の菩提寺を訪ねる」コースを取りました。岡崎市の名鉄美合駅に集合し,まず大久保家の菩提寺 長福寺に向かいました。長福寺は大久保忠教(彦左衛門)はじめ大久保家の墓所になっています。





次に,織田信秀と今川義元との激戦のあった小豆坂合戦の際,今川方の拠点になった生田城跡に行きました。田んぼの中にポツリと碑があるだけで遺構は何もありません。



次に,美合町の本宗寺に向かいました。浄土真宗のお寺で蓮如上人により岡崎市福岡町に創建され,その後,三河一向一揆の際,徳川家康公と戦い破れ、破却されてます。一揆平定後,現在地に再建されました。再建に尽くした石川数正はじめ石川家ゆかりの人の墓所になっています。3時間ほど歩きましたが,まだまだ知らない郷土の歴史を勉強できました。




続日本100名城「高田城」

2019-11-02 16:44:06 | 城・歴史


春日山城の次に,続日本100名城132番目の高田城に登城しました。春日山駅から一駅の高田駅でおり,まず上越市立総合博物館に行き、スタンプを押してから城内を歩きました。ハスの池になっている外堀、そして極楽橋から本丸跡へ。



そこには築城当時の巨大な土塁が残っています。この城は,徳川家康公が息子忠輝のために、天下普請として全国13大名を任命し、伊達政宗が総指揮をとって築城しています。



石垣を使わず土塁で囲み、自然の河川を上手く使い、4か月で城を完成させたと言われています。一番の見所は三重櫓です。櫓内も見学でき、歴代の城主が紹介されてます。徳川親藩大名からはじまり、徳川四天王の一人 榊原康政に繋がる榊原氏が幕末まで藩主をつとめてます。資料館には榊原氏関連の資料も多くありました。


日本100名城「春日山城」

2019-11-01 16:58:38 | 城・歴史


日本100名城32番目の春日山城に登城しました。JR春日山駅からバスにて林泉寺口でおり、まず,春日山城跡ものがたり館に行きスタンプを押してから春日神社、林泉寺と行きました。



そこから上杉謙信像のある登城口まで歩き、一休みしてから本丸跡へ向かいました。



山全体が要塞化されていると言われてますが、登城途中,城の全景が見えた時,なるほどと思いました。



20分ほどで本丸跡へ到着です。そこからは日本海や直江津の町が眺望できます。疲れも吹き飛ぶ素晴らしい景色が望めました。



本丸跡近くには、上杉謙信が出陣の前に,必ずお参りしたと言われる毘沙門堂跡などもあります。一通り史跡を見た後,下山し,上越埋蔵文化財センターに寄りました。上杉謙信と春日山城に関する展示がありました。3時間ほど歩き通しで疲れましたが,訪れる価値は充分あると思います。

コメント (2)