精子提供ボランティア 岐阜県 けい B型

岐阜県在住の精子ドナーです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

見ないふり

2018-10-31 22:15:00 | 2018年

精子提供ボランティアをしたいと思ってから、未経験者なりに色々と調べてきました。


そこで『精子提供で生まれた子どもたちの声』の書籍があることも目にしました。



私は提供ボランティアをやりたいと思っています。

だから否定的な意見、AIDで生まれた子どもたちの悩みや葛藤には触れないようにしてきました。


しかし「子供への告知」について考える中で、その声にも向き合う必要があると思いました。



赤ちゃんはかわいい。


子供はかわいい。



けど、向き合うべきは一人の人格なのかもしれません。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

妊活にどこまで人生かけれますか

2018-10-27 22:57:00 | 2018年

私は精子提供ボランティアがどこに住んでいるかなんて、そこまで重要な要素として考えていませんでした。


活動地域で選ぶより、活動方針に合致したり、考え方に共感したり、欲しい血液型だったり、そういう理由で選べばいいと思っていました。


だけど卵子の受精能力は、月に1度、12時間~24時間しかなんですよね。



提供を受ける為に仕事を休めますか?

提供を受ける為に会いに来てもらえますか?


私も土日は協力します。

しかし会社員である以上、平日は近くまで来ていただけないと協力できません。


大都市ではなく、地方に住んでいる私はここで距離の問題を感じました。


働いている依頼者の方も同じだと思います。

排卵日だからといって、急に何回も休めないだろうし、頻繁に休んでいたら信用を失っていくかも。


だから覚悟がいることなんだと思いました。


妊活の為にどこまで出来ますか。

時間を費やす覚悟はありますか。




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

終わりを決めておく

2018-10-26 22:29:00 | 2018年

仮に私から提供を受けると決めて頂いた場合、依頼者には最初に提供期間を決めてもらいます。


もちろんメールで連絡さえ頂ければ途中で中止してもらっても結構ですし、相談があれば延長も可能にします。


しかし、お互いにとって目安となる提供期間を始めに決めた方がいいと思いました。


・1回
・2~3回
・半年
・1年
・2年


同じ人からいつまで提供を受けるのか、予め終わりを決めておくことで、それまでの期間、精一杯取り組めると思います。


私に依頼したいと考えていたあなたは何回提供を受けるイメージでしたか?


募集を開始した際には教えて下さい。








  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お金の話

2018-10-24 23:27:00 | 2018年

依頼者には私の交通費等の実費の負担をお願いします。


活動を継続して行う為に、活動にかかった費用を頂きたいです。


いくらかかるかはメールでのやり取りで明確にします。



1回の排卵で、シリンジ法による複数回の提供を求める場合などは、私の宿泊費等の負担もお願いすると思います。


その際も事前のメールやり取りで費用を明確にして、依頼者からの了承を得てから動くようにします。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メリット

2018-10-21 20:47:00 | 2018年

個人の精子提供ボランティア。

グレーな存在だと自覚しています。

だから活動すると決めていますけど、考え方を発信している今は迷いもあります。


しかし、そんな存在でも依頼者に与えられる明確なメリットがあります。


①夫婦に限らず子供を欲しい方に提供出来る

②高額な治療費を払わなくていい。費用を抑えられる

③提供者の容姿を確認出来る


そんな中でも私が感じた最大のメリットは  

④2人目、3人目を考えたときに同じ提供者から提供を受けることが出来る

です。


私に依頼してくださって出産された方なら、兄弟が欲しい場合、何年か経っていても協力させて頂きます。


同じ人からの精子提供で兄弟が出来る。
それは私が考える最大のメリットだからです。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする