精子提供ボランティア 岐阜県 けい B型

岐阜県在住の精子ドナーです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

機会の損失

2020-10-25 21:00:00 | 2020年
10月25日の『ワイドナショー』でも精子提供に関して取り上げられていました。
 
メディアが取り上げることで大きな反響があり、また別のメディアが取り上げるという循環に入っているのかなと思います。
 
 
こうして社会の関心が高いうちに法整備や精子ドナーに対する議論などがより進んでくれたらいいなと見ています。
 
 
僕が今活動しているのは機会の損失がもったいないなと思うからです。
 
 
全国でたった12箇所しか受けられる病院がない中で精子ドナーの減少により新規受付を停止している所もあると聞きます。
年齢にもよりますが、その中で1年、2年と治療開始まで待たないといけないのは大きな時間のロスに感じてしまいます。
 
 
第三者からの精子提供では、成功例だったり、順調に妊娠された話ばかり取り上げられていますが、妊活は本当に大変なことです。
 
 
『スッキリ』で取り上げられていましたが、日本産婦人科学会によると2018年度の精子提供件数は全国で3380件で、出産に至ったのは130人のいうことです。
 
130÷3380=0.0384•••
 
3.84パーセントと低い数字です。
 
病院で行うAIDではHIV、肝炎ウイルス、性行為感染症を予防するために、凍結して半年以上が経過して陰性であることが確認されてから使用します。
 
凍結した精子を融解すると運動率が凍結前の運動率の50%から80%に落ちると言われますが、それでも医師が凍結前の運動率をみて妊娠可能であると判断した精子のはずなので、なぜここまで出産に至る確率が低くなるのか僕にはわからないです。
 
・成功確率が低い
・ドナー不足により1~2年待ちで時間が経過する
 
 
その間に行動力やお金が用意できる人は海外の精子バンク、海外でのAID、そしてSNSを通じた個人間のやり取りで妊娠出産していきます。
 
 
病院という安心した後ろ盾がある正規ルートを使用することがもちろん正しいと思います。
 
 
それでも僕が今活動しているのは、年齢などを理由に何年も待っていられない方へ対して、そしてFTMなどを理由にそもそも病院でのAIDを受けられない方のために提供出来たらいいと思っているからです。
 
 
 
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「悪意を持っている人間もいる」 | トップ |   
最新の画像もっと見る