心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

ツララの欠片を見ていると

2018年01月31日 | 朝のことば&つぶやき
このところ、母の軒下にはすごいツララが伸びていて、連日それを叩いて落としている。
そのツララの欠片を手にして。
しばらくすると暖かさに角が取れてきた。ツルツルと。
なんだか可愛い。
ツララが可愛いって・・・
でも、家の中に持ち込んだら、だんだん溶けていって、ほんとにツルツル、そしてゆるゆる・・・
あぁ、その姿の半分ほどにもならずに溶けてしまうのだね。

元は違ったんだ。
雪にしても。
水と雪とツララと。
同じ成分なのに、姿形が全然違うものになる。

人間も同じ成分なのに
違う姿形になっているのかな。
遺伝子学なんて分からないけど、元の元は皆同じで
それがどうしてどこで変わっていったのかって考えると
ほんのひとさじのタイミングで
同じ人間が存在していないんだなと思える

何が不思議かって一番は
この世界に自分が存在していること
ほんとに偶然?
わたしがここにいることは必然?

そんなことを考えてみたくなる
ツララの欠片を見ていると

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「三宅裕司のふるさと探訪」... | トップ | 枝先 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sure_kusa)
2018-02-01 03:46:50
生きてるものの不思議、いったい誰が、何が意図して作ったのでしょう。
自然の不思議、どうやって、誰が、何がそうしたのでしょう。
私は、その一部を知って驚きますが、その驚きは、まだ面積の存在しない ” 点 ” に過ぎないのでしょうか。
このIQの違いに、私は圧倒されます。
本当に不思議ですね。
sure_kusaさんへ (けい)
2018-02-02 10:45:07
本当にその通りだと思います。
この世には不思議なことだらけ、解明できていないことだらけ。だから学問が生まれてきたのでしょうね。
そして人間というのはそういう疑問を抱き、神秘を感じる心があるからこそ探究心も生まれたのでしょうね。
解明されないことがいいのかもしれないと思うときもあります♪

コメントを投稿

朝のことば&つぶやき」カテゴリの最新記事