風の声

想いつくままあれこれ

運命のいたずらに翻弄されても敗戦候補の決意

2017年10月26日 | 日記
衆議院選挙で惜しくも当選できなかった候補者から電話があった。

「引き続き志を貫き次をめざします」ということだった。

希望の党から、「排除」され無所属で闘い善戦していた。
無所属ではなく、党公認なら惜敗率で比例当選が出来ていた。
運命のいたずらとはいえ「排除」に翻弄され、苦汁をなめさせられた。

「もっと自分の思いを前面に出して政治活動を行っていきます」と信念は揺るぎない。

決意のこもった声はとても清々しかった。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ドラフトでカープは中村奨成... | トップ | 麻生失言大魔王が本音をポロリ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事