風の声

想いつくままあれこれ

駆け込んでおきながら負けて恨み節は見苦しい

2017年10月25日 | 日記
選挙結果を、好き勝手に政治評論家たちは言いたい放題だ。
希望の党の解党論まで飛び交う始末。
ほとほと、呆れてしまう。

希望の党で落選した者が恨み節だらけかのようにそこだけをカットしてメディアは流す。
当選した希望の党の議員からも小池知事の責任と辞任を問う声だけをたれ流している。

本当にそうだとしたら、「小池頼み」で希望の党に駆け込んでおきながら、身勝手この上ない。

政治を志すものは、勝ったら皆様のおかげ、負けたら全て自分の力不足だ。
そんな、基本中の基本すら分からない者が立候補していたことが大間違い。
ほんと、見苦しすぎる。
政治を志す者として恥を知れ。

選挙は終わってからが1番大切だ。
負けても勝っても、その人の本性が丸見えになる。

小池知事へ恨みを言う前に、自らの志のなさを悔やめ。










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ホーム優勝できないカープの呪い | トップ | ドラフトでカープは中村奨成... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事