風の声

想いつくままをあれこれ

災害の緊急対応するフィーマのような組織がいる

2018年07月14日 | 日記
熊本地震からの復興を願うプロ野球オールスター。
外野席には少年野球3,000人の子どもたちが招待されている。

今、豪雨災害の最中にある瀬戸内の被災各地。
こんなゲームが催されるように一日も早い復旧復興を祈る。

3・11をはじめ各地で相次ぐ大きな自然災害。
災害に緊急対応する政府システムの見直しが必要だ。

アメリカには、FEMA(フィーマ)と呼ばれる災害対応の政府機関がある。

日本風に言えば、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁といった機関。
災害が発生すると、直ちに現地に入り、指揮から予算措置まで行う。

災害大国の日本にこそ緊急対応するフィーマのような組織が必要だ。

豪雨警戒中に「赤坂自民亭」で酔いしれた首相らに危機管理は無理だ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 陽射しが痛い | トップ | 被災地は猛暑 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事