風の声

想いつくままをあれこれ

道半ば翁長知事逝く

2018年08月09日 | 日記
また一人、気骨な政治家が逝った。

沖縄県知事、翁長雄志さんが亡くなられた。

沖縄県民の思いと願いに寄り添い安倍政権と対峙されてきた。
息を引き取る間際まで、辺野古への移転を強行する国と闘い続けた。

米軍普天間飛行場を沖縄県内でたらい回しする安倍政権。
沖縄にだけ、基地負担を押し付けるやり方は、沖縄差別そのもの。

民主主義の優れたところは常に少数者の声を尊重することにある。

最期まで辺野古移設を糺し続けられた、翁長さんの冥福を祈る。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 核兵器に人類の未来はない | トップ | カープ今夜にもマジック点灯か »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事