風の声

想いつくままをあれこれ

梅雨が明けた被災地で懸命な救助が続く

2018年07月09日 | 日記
豪雨被災地では救助活動が続く。

土石流が襲ったまちの被害状況が報道映像で流れる。
次第に明らかになる被災のありさま。

被災は西日本の広範囲に及び交通網も寸断されている。
断水や停電でライフラインもまだ復旧されていない。

被害の多くが集中した広島沿岸部も救命救助が本格化した。
犠牲者は104人、不明者は87人となった。
そのうち、広島の犠牲者は46人、行方不明49人になっている。

今日で梅雨が明けた中国地方。
あの真っ黒な雨雲は消え、数日ぶりに晴れ渡った。
天気は回復したが普段の生活を取り戻すのは時間がかかる。
被災への配慮からカープは明日からの3戦を中止を発表。

消防や警察、自衛隊の懸命な救助活動が続く。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 豪雨被害を扱うTV局の温度... | トップ | 普通であることの幸せ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事