風の声

想いつくままをあれこれ

新調された出雲大社の大注連縄

2018年08月01日 | 日記
新調された出雲大社の大注連縄を観に行った。

傷み具合を見て5、6年で新調される出雲大社の神楽殿の大注連縄。
長さ13.5メートル、重さ4.5トンで日本最大級の注連縄。
この7月に掛けかえられたばかり。

それにしても、でかい。















西日本豪雨で尾道松江道もしばらく通行止めになっていた。

そんなせいもあってか参拝客はいつもより少なかった。

被災地の観光客は軒並み大きく落ち込んでいる。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 世界一孤独なオジサン | トップ | 文科省の汚職事件に何もいえ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事