風の声

想いつくままあれこれ

新井引退表明から勝てないカープ6連敗

2018年09月11日 | 日記
どうしたカープ、6連敗。
新井選手が引退会見した日以来、ずっと勝てない。
優勝への産みの苦しみとはいえ、辛い。

勝率7割超えのスタジアムも、連勝中のジョンソン投手も、
連敗を止めることはできず、横浜に4対5でやぶれた。

「新井さん引退の花道を」の気持ちが力ませているのだろうか。
何度も訪れた逆転のチャンスで打てなかった打線だった。


社会に蔓延する違法薬物

2018年09月11日 | 日記
社会に蔓延する覚醒剤の怖さ。

またかと思わせる有名女優の息子の覚醒剤逮捕。
4度目の逮捕が、抜け出せない薬物の怖さを物語る。

一度手を出すと身も心もボロボロにする中毒地獄だ。

そんな恐ろしい薬物と知っていて手を染める愚かさ。
違法な覚せい剤が簡単に手に入る社会にも問題がある。

覚醒剤の検挙件数は毎年15,000件を超えている。
違法薬物が与える社会と経済への損失ははかり知れない。

覚醒剤の怖さの啓発と取り締まりを徹底するしかない。


トランプが「恐怖」を感じる1冊の本

2018年09月11日 | 日記
中間選挙を前に、トランプ大統領に大きな痛手が。

9月11日にアメリカで1冊の本が発売され注目が集まっている。
本の名は『恐怖―トランプのホワイトハウス』だ。

かつてウォーターゲート事件をスクープしたウッドワードの著書。
ニクソン大統領を辞任に追い込んだ有名なジャーナリストだ。
75歳だというが、ペンに衰えはまったくない。

綿密な取材で、トランプ政権の内実を暴いた痛烈な1冊。
トランプ政権が最も警戒していた人物の本だけに衝撃は大きい。

本のタイトル「恐怖」はトランプの語った一節からつけたという。
大統領就任前のインタビューで「権力とは何か」と問われる。
するとトランプは「真なる権力は・・・『恐怖』だ」と答えた。

その言葉通り、強大な権力で世界中を分断と恐怖に陥れている。

トランプに「ラストストロー」が乗っかる日は近い。