誰も見てないブログ…

見たな!親父にも見られたことないのに!! 鈴木恵介のブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

焼きそば牛丼

2013-04-17 21:11:41 | 日記
牛丼弁当をテイクアウトしようとして、すき屋に入ってみると…

新メニューに、なななんと…焼きそば牛丼ww

容易く味が想像できるんですけど…(-_-;)

普通に大好きなキムチ牛丼を買って帰ろうと思ってたのにww

いや、待てよ。
期間限定…そのうちなくなってしまうかもしれない。

じゃあいつ食うか・・・今でしょ!!


・・・で、買ってミタ。



っ!!www この肉が隠れるくらいの焼きそば!
節操なさすぎ!
「僕、女子高生が好きだけど、人妻もイケます」みたいなカンジ!!

ソースと青のりをまぶし、早速かき込んでミタ。

ちょw見事に牛丼と焼きそばがケンカしちょる。

ゲテモノ好きで節操ない男子諸君にはオヌヌメでう(´・ω・`)
コメント (2)

【オススメCD紹介】BREAK OF DAWN/Do As Infinity

2013-03-24 19:00:08 | オススメCD紹介


Do As Infinityのデビューアルバム、2000年の作品です。
近年再結成したらしいですが、再結成後の作品はよく知らないです…

徐々に音楽性が変わっていってしまいましたが、初期の頃の作品はかなりオススメです♪

CMで「Oasis」という曲を聴いてから、Do Asのファンになりました。

Do Asといえば、なんといっても長尾大の作る楽曲ですね!尊敬する作曲家のひとりです。

3rdアルバムの「DEEP FOREST」あたりから、メンバーからは外れて制作活動に専念してしまいましたが…

当時専門学生だった僕は、この人からかなり影響を受けました。
Do As結成前から、浜崎あゆみやhitomiをはじめ、数多くのアーティストに楽曲を提供していましたね。
まさに職人みたいな作曲家だと思います。

Do Asがバリバリ活躍していた2000年代前半は、まだまだ日本の音楽業界も元気でしたね。

この作品から「DEEP FOREST」あたりまでの楽曲はかなりセンスがいいので、ぜひ聴いてみてください♪
コメント

【オススメCD紹介】amp-reflection/school food punishment

2013-03-20 18:16:53 | オススメCD紹介


school food punishmentのメジャーデビューアルバムです♪
昨年に解散してしまったバンドですが…(ToT)

現代の邦楽で一番好きな作品は?と聞かれたら僕は迷わずこの作品を挙げます。
それぐらい完成度の高い作品だし、一時期はホントにこのアルバムだけをヘビロテで聴いていました(笑

ドラム、ベース、キーボードと女性ギターボーカルから成る4人組です。

僕は、このバンドの特徴は大きくわけて二つあると思っています。

まずボーカルの内村友美の歌唱力です。
すごく印象に残る良い声をしていて、ソロとして歌一本でやっていけるんじゃないかってくらいウマいです。
元々弾き語りでソロでやっていたらしく、数々のライヴハウスで活動をしてきただけのことはありますね。

そしてもうひとつは、今の日本では珍しい、キーボード主体のサウンドであることですね。
例えば曲中の歪んだ効果音とか、トリッキーな音とか全部キーボードが出してます。
本来ギターが出すような音をキーボードで再現しているのです。
ライブでキーボードの足元にたくさんのエフェクターを配置している様は必見ですよ(てかもう見れないか…)

CMにも使われた「butterfly swimmer」でプチブレイクして、
その他のシングル曲も、アニメ「東のエデン」のテーマソングに使われたりしました。
しかし、あまりに才能がありすぎると、今の日本ではやっぱり売れないですよね(ノ◇≦。)

なぜか海外では人気があったりするんです。特にヨーロッパ。
動画でみましたけど、2009年にパリで開かれたJapan Expoではスゴい大盛況でした。

このアルバムは、シングル以外の曲もクオリティがスゴいんで、ぜひ聴いてほしいです。
まさに捨ての曲がない。

今後こんなバンドが日本で活躍できる日はくるのでしょうか…。
コメント

【オススメCD紹介】IN UTERO/NIRVANA

2013-02-16 22:46:01 | オススメCD紹介


NIRVANAは僕の音楽の原点です。
若い頃はマジでカートを神だと思ってましたけど…(^_^;)

ニルヴァーナといえば「ネヴァーマインド」が有名なんですけど、
よりオルタナティブで反主流を意識した「イン・ユーテロ」をあえてオススメします♪
(というかメジャーデビューしてからは上記の2作品しかリリースしていない)

ニルヴァーナは元々、アメリカのショウ・ビジネスを否定し、グランジというスタイルで活動してきましたが、
図らずも「ネヴァーマインド」が売れすぎてしまったために、結果的に自分たちもショウ・ビジネスの一員として取り込まれてしまいました。
そのことに疑問を持っていたカート本人が、そんな状況から脱却しようと意識して制作したのがこの「イン・ユーテロ」ですね。

僕が14才の頃、ギター仲間からこのアルバムを借りて、「レイプ・ミー」を聴いたとき衝撃を覚えました。
そして皮肉にもちょうど同じ時期に、カートは自宅ガレージにあった猟銃で自らの頭を撃ちぬき、自殺してしまいます。
カート・コヴァーン、享年27才でした。

ブライアン・ジョーンズ
ジミ・ヘンドリックス
ジャニス・ジョップリン

誰もが知ってる偉大なミュージシャンは、皆27才で亡くなってますね。

ニルヴァーナはスリーピースということもあり、ギターボーカルという役割上、決してテクニック的に上手いわけではないのですが、
極度に歪ませたサウンド、鬼気迫るようなシャウトに音楽の大事な本質というもの感じます。


ちなみにイチローがメジャーに行き、シアトルマリナーズで活躍した時に、「シアトルにニルヴァーナ以来のヒーローの誕生だ」と揶揄されたらしいです。
まぁ、それくらい地元シアトルの人たちはニルヴァーナを誇りに思ってたってことでしょうね。


カートが今の日本の音楽チャートを見たら、何を思うんだろう…

ま、んなこたどーでもいっか☆(⌒-⌒)
コメント

【オススメCD紹介】Whisper Not/Keith Jarrett

2013-02-11 19:37:40 | オススメCD紹介


僕の好きなJazzの名盤から一枚紹介します。キース・ジャレットの「ウィスパー・ノット」です♪

2000年度ジャズディスク大賞金賞作品らしいす。

まず、キース・ジャレットとはどんなオッサンなのかというと・・・見た目フツーに紳士です(笑
しかし、現在存命のピアニストの中でアドリブという分野においては彼の右に出るものはいないでしょう。

一応いわゆるスタンダード曲も演奏するんですけど、もはや原型を留めないくらいアドリブで弾きまくる!

このアルバムは通常のレコーディング作品というわけではなく、1999年にパリで行われたライブ録音で、
曲中のところどころにハイになり過ぎたキース本人のうめき声やらわめき声が聞こえてきますw

最初聴いたときは耳を疑った∑( ̄Д ̄;)

実は10年以上前、まだ僕が専門学生だった頃、彼が来日して池袋の芸術劇場まで友人と観に行きました。

そのときはピアノ一台のソロでのスタイルだったんですけど、それでも一番遠い席でチケット一万円しました。

コンサートも序盤は落ち着いてちゃんと弾いてるんですけど、後半になってくるともはや椅子いらない(笑
体のいたるところ使って鍵盤叩いてるようなカンジwww

だけど演奏が終わると客席に向かって紳士に挨拶www

まぁ、ちょっとぶっ飛んだJazzを聴いてみたい方は、ぜひ♪

コメント