デゲロ28で スローな人生の楽しい航海へ 『DEGERO28MS ヨット勁草丸(けいそうまる)と柴犬のお話 』

フィンランド生まれのヨット DEGERO28MS と巡り合い、瀬戸の島々を中心の船旅 Bon Voyage!

46日目、強風ひなんのため萩に向かって進む

2018-05-18 06:21:10 | ヨット

萩港戎ヶ鼻の岸壁
昨夜はアルバトロス氏にお世話になった。風がきつければUターンして一週間ほどご厄介になろうと思って出港。早朝は5mほどの風で、難所の角島大橋も無事通過した。北に向かって、緑の標識を右に見て、標識から5、6m以内のところを進むようアドバイスを受けた。狭い瀬で波がきつくなる箇所なので、慎重に思いきって進まないといけない。緊張の連続だった。

角島大橋

特牛の朝日

萩港には11時半前に着いた。着岸には半時間ほど掛かった。なかなかいい場所がないためである。昨日から気になっていたペラの海藻が、良く見ると白いものもある。百均のパンナイフで絡め取っていると、パンナイフが絡め取られてしまった。パンナイフが絡んだままでは都合が悪いので、またもや潜る羽目になった。原因はビニールが絡んでいたところにその回りを海藻が仲間入りしてしまったようだ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 45日目、山口の特牛(こっと... | トップ | 47日目、強風波浪注意報が... »
最近の画像もっと見る

ヨット」カテゴリの最新記事