髭のプーサン日記

日本ハムファイターズを中心にスポーツ全般の観戦日記です。
ときおり姓名判断でのお名前に関することを書いています。

日ハム 土壇場8回でミスから失点しドローとなった無観客最終戦

2020-07-10 00:53:15 | 北海道日本ハムファイターズ
2020/07/09(木)第3回戦(京セラD)1勝1敗1分|シーズン通算7勝9敗2分
オリックス 4ー4 北海道日本ハム    

【バッテリー】   (日) バーヘイゲン , 公文 , 宮西 , 玉井 , 秋吉 - 清水 , 宇佐見
       (オ) 山崎福 , 澤田 , 増井 , ディクソン , ヒギンス - 伏見 , 若月
【本塁打】(日) 中田7号3ラン(6回・澤田)                                                      
    (オ) T-岡田5号2ラン(4回・バーヘイゲン)、伏見1号ソロ(6回・バーヘイゲン)




(プーさんの独り言)
昨年も守備の乱れで勝ちを逃すことが多かった日ハムですが、今年も走者1・3塁でのミスは2度目です。

高校野球ではないのだから、プロはプロらしい仕事をして欲しいのですが、今日のミスの伏線は前回の走塁を刺そうとしての送球の間に、ホームを陥れられた苦い失敗があったのでしょう。
「同じ失敗は二度は繰り返さない」それはそれで良かったものの、三塁悪送球でミスミス勝ちを逃がした清水にとって眠られない夜になりそうです。

(逆転の7号ホーマーを放つ中田翔選手)


(6回3失点の好投で降板したバーヘイゲン投手)


(育成選手から支配者登録⇒1軍にあがりヒットを放った高濱選手)


高浜祐仁が支配下復帰後初安打 1022日ぶり1軍安打
高濱選手のファースト起用はサプライズでした。
昨年末に球団からクビを言い渡され、育成選手登録から這い上がってきただけに、背番号162は試合に対する意気込みも他の選手とは違ってるように見えました。
一軍初登録で1022日ぶりのヒットは、本人にとっても感慨深いものだったでしょう。
清宮の不調、野村の負傷欠場でチャンスを貰ったのですから、今後も頑張ってチームの勝利に貢献して貰いたいですね。

明日からは観客を入れての試合になりますから、雰囲気も変わり選手もやる気が出てくるでしょう。
好不調の波が激しい選手が多い中、中田、健介は頼りになるのですが、遥輝と諒の不調には、予想外ですね。
小笠原コーチも頭が痛いでしょうが、ちょうど疲れが出てくる時なので、それなりのアドバイスを与えて欲しいものです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 日ハム 大量得点で4位を死守 | トップ | 日ハム 守護神秋吉が打たれ... »

コメントを投稿

北海道日本ハムファイターズ」カテゴリの最新記事