髭のプーサン日記

日本ハムファイターズを中心にスポーツ全般の辛口コメントを。
ときおり姓名判断の名前に関することを書いています。

アイスランドがイングランドを撃破~吃驚仰天の一戦~

2016-06-28 08:08:28 | サッカー

ベスト8最後の枠で大波乱…初出場アイスランドがイングランドに逆転勝利の快進撃

小国のアイスランドがイングランドを破る大金星は興奮と感動ものでしたね。

開始4分でアイスランドは、PKエリア内でGKが相手FWを倒しPK獲得。

とても微妙な判定でしたが、PKをウェイン・ルーニーがゴール左隅に決めて、イングランドは

ラッキーともいえる先制点を獲得しました。


今回のEURO2016は、審判のミスも多いように思いますが、これでアイスランドは大量失点での

敗戦かと思いましたが、このあと思わぬ展開となって行くのでした。

先制点を奪われた2分後に、ロングスローからの思わぬ同点ゴールが決まり、18分後にはまさか

の逆転ゴールが決まってしまうのですから、驚いたのはスタンドにいた観客もテレビを見ていた

サッカーファンのすべてではなかったでしょうか。


いやはや、プレミアの有名どころが揃っイングランドが、後半に入ってもアイスランドの厚い壁

に阻まれて、大苦戦をするとは。


後半は岡崎のチームメートのバーディ(レスターシティ)もピッチに入りましたが、すっかり

ゾーンに入り込んだアイスランドの守備と、時折繰り出すカウンター攻撃に翻弄され、時間は

過ぎて行くばかりでした。


結局優勝候補と言われていたイングランドは。人口約33万人でプロサッカー選手は100人前後の

小国に苦杯を舐めることになるとは、勝負の世界は分らないものです。

これでプレミアリーグを抱え優勝候補とされていたイングランドは敗れ去り、前回優勝国だった

スペインも前評判ではあまり評価が高くなかったイタリアに敗れるという波乱がありましたが、

さてさて残ったのは開催国のフランスとブンデスリーグの主要選手を抱えるドイツ。

はたまた、前評判では優勝候補と言われていたベルギーと、大穴的存在のウェールズがまだ残っ

ていますから、EURO2016はまだまだ面白くなるに違いはないでしょう。


今回勝ち残ったアイスランドの次戦は、開催国のフランスですが、非常に楽しみですね。

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
« 日ハム対オリックスバファロ... | トップ | 中田覚醒をせずに代打は矢野 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サッカー」カテゴリの最新記事