髭のプーサン日記

日本ハムファイターズを中心にスポーツ全般の観戦日記です。
ときおり姓名判断でのお名前に関することを書いています。

日ハム京セラドームでまさかの3連敗 ガッツ何とかしてください

2020-07-12 03:51:22 | 北海道日本ハムファイターズ
2020/07/11(土)第5回戦(京セラD)1勝3敗1分|シーズン通算7勝11敗2分
オリックス 5ー3 日本ハム    


【勝利投手】 ヒギンス(1勝1敗0S) 【セーブ】  ディクソン(0勝1敗3S) 
【敗戦投手】公文(0勝1敗0S) 

【本塁打】(日) 清宮2号2ラン(9回・澤田)                                                                           (オ) なし
______   ______
(プーさんの独り言)
完全に負のスパイラルに突入してきた模様です。
あいも変わらず5番渡邉は使い続けて初回の1死1,2塁のチャンスでセカンド併殺打。
それでも中田翔が4番の働きを十分に示し、先取点を挙げていたので、拙攻は目立ちませんでしたが、得意のストレートも変化球も打てないのでは、5番に座るのは如何かと。
それでも4回には京セラドームでの初ヒットがでたので、明日の試合に期待をしたいのですが、明日も駄目であれば鎌ケ谷行きは決定かと。
大田泰示はこの日も4-0と重症ですね。ここまで打てないのなら、ライトは松本剛にしてレフトは王柏融、近藤はDHで行くべきかも。
前日HRを打ったビヤヌエバを使わず、横尾を使ったのも疑問ですね。

試合は1-1で8回まで均衡は破れず点差を見たなら好試合とも言えましたが、先制をしながら投手のワイルドピッチで早々に失点をするようでは勝てるはずがありません。
7回を終えた時点で今日も勝てないと思い買い物に出かけましたが、案の定公文が打たれてまたもや最下位オリに連敗。
9回清宮にHRが出たようですが、焼け石に水の2ランでしたね。

SNSでは栗山監督の更迭という書き込みもありますが、オリとの最終試合に一方的勝利をして、本拠地札幌に帰ってきたならまだ上位に上がる可能性はあるのかも知れません。
もしも相手投手山本に軽くひねられるようだと、最下位が定位置になるでしょう。



コメント   この記事についてブログを書く
« 日ハム 守護神秋吉が打たれ... | トップ | 日ハム同一カード4連敗 新戦... »

コメントを投稿

北海道日本ハムファイターズ」カテゴリの最新記事