髭のプーサン日記

日本ハムファイターズを中心にスポーツ全般の辛口コメントを。
ときおり姓名判断の名前に関することを書いています。

日ハム 対横浜とのOP戦は1-1の引き分け

2018-03-11 21:01:26 | 北海道日本ハムファイターズ

開幕戦は菊池雄星との対決!!
ここから2018のペナント獲りが始まる。



互いに譲らず1-1の引き分け。



心配をしていたマルティネスもホームランによる1失点。
どうにか先発での目途も立ったというのは....早いかな。
エースと目されていた有原は、ようやく軽いピッチングが出来るようになったとのこと。

早くてもゴールデンウイークあたりの登板なのでしょうか。

昨年の有原イメージが強いので、出だしでコケた彼には大きな期待はしていませんが、
主力投手としての自覚をもってエースを目指して欲しいです。

今日の試合は、マルティネス以降の白村、上原、宮西、石川直、鍵谷が頑張りました。
宮西が登板をすると、ゲームは締まりますね。


捕手は先発は鶴岡、郡とマスクをかぶり、最後は清水優心でした。
栗山監督は、コンスケ(近藤健介)の捕手でのコンバートは諦めたのでしょうか。
OB解説者のコメントでは、急成長を遂げつつある”清水捕手”のスタメン有望論が
上がっています。日ハムの内外野のポジション争いも熾烈ですが、捕手に目を移すと、
近藤、清水、若手の石川、郡、中堅の大嶋とベテラン勢では鶴岡、市川、黒羽根、
実松と9名の捕手がいます。
他のチームから見ると羨ましい捕手陣でしょうが、FA宣言で中日に移った大野が
居たなら大変な争いになっていたでしょうね。
大野には先見の明があったのでしょうか、それとも競争の激しいポジション争いを
避けて中日に逃亡を図った?
そうかも知れませんね。

先日、侍ジャパンの建山投手コーチが、地元TV局の番組で2018年の先発ポジション
予想をしていましたが、確実視されているのは中堅西川、一塁中田、三塁レアード
以外は混沌としていると....。
そうでしょうね。

新外国人選手のアルシア選手の実力のほどが不明ですが、この選手に5番を任せる
ことになれば、レフトはアルシアが守り大田泰示の場所が無くなります。
また怪我から復帰の谷口も今年はやる気満々ですから、下手をすると大田泰示と岡
大海の居場所がなくなる恐れもあるでしょう。

一方、そのような大混雑を起こしている内外野陣で気になるのは、元気印の拳士の
居場所です。
オープン戦では岡とともにさっぱり目立ちませんが、捲土重来の活躍を見せないと
来季の身の振り方を考えなければならなくなる....そんな恐れもありますね。
清宮君はOP戦でまだノーヒット街道を走っていますが、高卒一年でバカバカ打って
も反対にその反動が怖いので、今のまま思い切りよくバットを振ることに専念して
欲しいですね。

コメント

ホワイトエッセンス

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】