KC観察記

日常の人間観察とか…。自分とか他人とか…。
非日常の身の回り観察とか…。
田舎もちょっと好き…、なローカリアン。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

区切り。

2005年09月24日 | Weblog

今日は一区切りの日でした。

一人ポツン…、と区切りの日を迎えました。



周りにとってはどーでもいい事でも

自分にとっては大切なコトがあります。



「どーでもいいコト」が

増えていくことは結構、

「サビシイこと」かもしれません、ある意味…。




-何かに情熱を注ぐこと-



それは、それがどんなモノであるかは

あまり重要でないのかもしれません。



情熱を注げる人間であるかどうか…。

そっちの方が大切なような気もします。



情熱を傾けてきたモノが

一区切りつき、

いくばくかの空っぽを

自身の心の中に感じた時、

あらためて

何かに向かってゆく事は大切だと気づいたりします。



人と別れた時に、

その存在の大きさに気づくのと同様に…。



今日は、一区切りの日です。

自分自身が何かに情熱を傾けられる人間かどうか…、

それを自問自答する日でもあります。



コタエは、未来の自分しか知りません。

未来の自分が今の自分と別人でなければ、

本当はどこかにコタエは眠っているハズ…。



しかし、コタエを探す必要は

もしかしてないのかもしれません。




なぜなら、

コタエは未来の自分から

教え聞くものではなく、

今の自分がこれから作り出していくものだから…。


コメント (5)

秋祭り②

2005年09月18日 | Weblog
コメント

秋まつり

2005年09月17日 | Weblog

きたっ!



秋祭りっ!





艶やかな手踊りと、勇壮な太鼓。



豪快な「舟だし」と黒山の人。



沿岸の祭りは


-熱い-



「祭りは地域の力を表す」と

以前に聞いた事があったけど、

今となって、何となく、

その意味が分かる気もするなぁ。



コメント

久しぶりに・・・。

2005年09月11日 | Weblog

久しぶりに

地球儀をクルクルと回してみた。



4年前の今日、兄貴はNYにいた。

兄嫁も、甥っ子も、そして旅行中の母も・・・。

映画のワンシーンのような光景をテレビで見て、

鳥肌が立つような感覚を覚えた。



2週間後、自分はNYにいた。

ブロードウェイはガラガラだった。

ワートレのあったハズの場所は土煙の匂いがした。



-半年後-



同じ場所に降り立ってみた。

「グランド0(ゼロ)」と名称を変え、

そこでは観光客用の整理券が配られていた。

明らかに観光客が添えたものでない

フェンスの花束が半年の時間経過を物語っていた。

グランドセントラル駅に

貼られた張り紙の数は減っていなかった。

時計は進んだかもしれないが、

時間は止まったままだった・・・。




地球儀を回してみた。

時間と空間は自分が作り出すものだ・・・。

コメント (2)

ハリケーン

2005年09月03日 | Weblog
米国で猛威を振るう

ハリケーン「カトリーナ」。

特にもニューオーリンズの被害が甚大であると伝え聞く。



ニューオリンズに足を踏み入れたのは

確か2年前位だったか・・・。


「バーボンストリート」と呼ばれる通りは、

昼は大人しい表情をしているものの、

夜ともなれば、ヤンチャな顔に…。


ジャズの音の流れの中、

通りはビーズの首飾りをつけた人たちで溢れかえっていた。




伝えられるニューオーリーンズの表情は、

冷たく、そして悲しい…。



あの町はどうなってしまうのかな。

あの町にいた人たちは…。






-もう一度あの町へ-



もう一度、あのヤンチャな町の表情を…。


コメント