変形性股関節症 Appleciders Diary

人工股関節ライフを楽しむ、アップルサイダーのひとり言

障がい者向け自転車

2016年09月04日 | 股関節のこと
みなさま、大変ご無沙汰しております。
最後の更新が2011年5月っ(汗)

今日久しぶりに更新したのは、自転車のことがどうしても書きたかったから。
股関節まわりの稼働域が悪くても乗ることの出来る自転車を見つけました。
というより、作ってくれる所を見つけました。
経緯やら何やら書いてますが、本題は下の方です。
自転車の情報を知りたい方は真ん中すっ飛ばして下の方をお読み下さいませ。


ここ数年仕事中心の生活をずっと送り、
バタバタを過ごしておりました。
母が他界したことをきっかけに、
自分の人生って何だろう?なんて考え始め、
悔いのない人生を送ることを心に決め、
2年前に離婚し、現在に至っています。

仕事ばかりの生活でしたので、
何か趣味をっと昨年から始めたのが、
自転車とカメラです。

自転車はクロスバイクというスポーツタイプのもの。
いわゆるママチャリよりもハンドルの位置が低く、
前傾姿勢でペダルをこぐことになるので、
左股関節の角度の悪い私が乗りこなせるのか不安でたまりませんでした。
でも「案ずるより産むが易し」ですね。
乗ってみれば、最初こそ左股関節まわりがひっかかるような気がしましたが、
いつの間にか快適に乗れるようになっていました。

クロスバイクに乗って荒川を走っていると、
ロードバイクの人たちにガンガン抜かされて行きます。
そうすると今度はロードバイクに乗りたい!っていう欲が出てきました。
ロードバイクはクロスバイクよりもさらに前傾姿勢になります。
さらに身長の低さ(というゆり手足の短さ)から、
一般的なロードバイクだとサイズが合わないことも判明し、
諦めかけていた所、
某SNSサイトの自転車コミュの方から、
「あなたのような人はフルオーダーで作ってもらえばいい」と。
「ここなんかどう?」ってことで教えて頂いたのが、
マツダ自転車工場

自宅からさほど遠くないので、早速行って参りました。
フルオーダーというと、身長、股下、腕の長さ、肩幅なんかを計測して、
体に合わせてフレームを手作業で作成、塗装して、
自転車に必要なタイヤとかハンドル、ブレーキ、細かなパーツは、
これも乗り手の体力や筋力、目的、それと予算に応じて選び、
組み付けてもらって完成です。
マツダ自転車工場では、発注から納車まで2〜3ヶ月かかるとのこと。

で、驚いたのが、こちらは障がい者向けの自転車を作成しているんです。
乗り降りのしやすい形状で、さらに膝や股関節の動きが悪い人のために、
クランク(ペダルについている軸です)の長さを乗り手に合わせて調整してくれるのだそう。
ショールームには明らかに不自然な短さのクランクの自転車が展示されてました。

そこで、ロードバイクが欲しい私、
「実は左股関節の動きが悪いんですが・・・」
フレームビルダーの松田さん、
「それなら、左のクランクを少し短くしましょうね」
あっさり解決してしまいました!

ロードバイクのフルオーダーはかなりの高額になるので、
今はまだ検討中です。
ちないに障がい者向けの自転車は12万円ほど。
正直な所、こちらも自転車としてはかなり高額ですが、
自転車に乗りたくても乗れないから諦めている、
という方にはお勧めなんじゃないかと。
自転車なら行動範囲も広がります。


LEVEL マツダ自転車工場

障がい者、高齢者向け自転車



コメント (4)