変形性股関節症 Appleciders Diary

人工股関節ライフを楽しむ、アップルサイダーのひとり言

定期検診行ってきました!

2010年05月22日 | 股関節のこと
先日、股関節の定期検診に行ってきました。
左人工股関節の手術からもう5年が経ったのです。
検診に行くといつも思うのですが、名前が呼ばれて診察に入り、まず先生に挨拶をする。そうすると先生の顔が目に入り、緊張がほぐれて思わず笑顔になるのです。
やっぱりこの先生にお願いして良かったと思えるのです。

検診結果は昨年と変化なし。
一瞬で終わってしまいそうな内容ですが、先生はそうではありません。
きちんと話を聞き、股関節の角度や筋力なども診てくれます。
診察が終盤になると、何か聞く事はないかと言ってくれます。
特に聞く事はなかったのですが、月に一回マッサージに通っている事や、マッサージの先生(銀サロの松本先生ね)と人工股関節を30年以上持たせたいね、と話していることなんかを報告すると、再置換手術の話をしてくれました。
人工股関節の再置換手術は大変だと聞いた事があったので、漠然と不安があったのですが、おそらく私の場合、ゆるみが出たとしても骨頭部分のみの交換で大丈夫だそうで、入院期間も2週間程度で済むのだそうです。
現時点で私の人工股関節にゆるみはありません。
15年はもつと言われている人工股関節です。
その計算通りならあと10年程度で再置換。
手術が思ったよりも大変でないとしても、やはり手術は先に延ばしたいものです。



コメント (2)