経済を良くするって、どうすれば

経済政策と社会保障を考えるコラム


 *人は死せるがゆえに不合理、これを癒すは連帯の心

5/30の日経

2018年05月30日 | 今日の日経
 1-3月に棒上げだった労働力調査の就業者数は、4月がわずかな減にとどまり、単なる上ブレではなかったようだね。男性雇用者数も最高を更新した。雇用拡大は、今年に入って一段と進み、労働需給は引き締まっていると見るべきだろう。若年層や高齢層には一時的な就業による季節変動があり、1-3月は落ちるものだが、今年は、人手不足の中で抱え続けることになり、季節調整値では特に強く出たようだ。最後の「予備兵力」を使い切った形かな。

 また、3月毎勤の状況からして、所得の勢いが増していることは確かであり、いつ頃、消費と物価に出てくるかが楽しみだ。ちなみに、5月の東京都区部の消費者物価は、全体としては冴えない結果だったが、サービス(除く帰属家賃)については、2月以来の前年同月比+0.5以上を保ち、運輸、外食、家事などが堅調である。今年に入り、雇用と所得は高まった。物価は一部に限られ、消費はこれからというところである。

(図)



(今日までの日経)
 骨太原案に消費税10%明記。ROEが初の10%超え。欧州景気にブレーキ。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
« ケインジアンが読む「そろそ... | トップ | アベノミクス・4-6月期の浮上... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の日経」カテゴリの最新記事