経済を良くするって、どうすれば

経済政策と社会保障を考えるコラム


 *人は死せるがゆえに不合理、これを癒すは連帯の心

8/17の日経

2018年08月17日 | 今日の日経
 昨日、7月貿易統計が公表された。輸出の頭打ち感は拭えない。底堅いから、まだ良いけれど、少し心配だ。いつもなら景気失速というところだが、景気が熟していて、下地が熱を帯びているので、小康を保っている。早いところ、この局面を渡り切り、内需による成長へ移行して欲しいものだ。本当なら、悪影響が出る前に、予防的に景気対策を打っておきたいところ。もっとも、そんな空気なんて、この国には微塵もなく、消費増税の準備だけが着々と進む。景気あっての増税なんだがね。

(図)




(今日までの日経)
 7月貿易統計 先行き輸出鈍化も。物価の「体感」は高齢者ほど重く。上場企業、2年連続最高益 4-6月28%増。トルコショック、新興国からマネー流出。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
« 4-6月期GDP1次・景気は転換点... | トップ | 厚生年金決算・税と保険料の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の日経」カテゴリの最新記事