バイブルサロン

礼拝説教、聖書を読んで感じた事

一人も滅びないために

2018-03-25 16:31:34 | 礼拝説教
2018/3/25礼拝説教
【テーマ】  十字架による救い(受難週)
【説教題】 「一人も滅びないために」
【聖書箇所】 ヨハネ3:16
新改訳2017
3:16 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

○ 今週は受難週、30日が受難日(イエス・キリストが十字架にかけられた日)です。そして来週4月1日がイエス様の復活されたことを記念するイースターです。一般的に「受難」と言ってもイエス様の十字架のことを言わず、自分がなにがしか大きな苦難に遭ったことを言うものでしょう。しかし、キリスト教会では「受難」と言えばイエス様の十字架刑を指します。

Ⅰ.ひとり子を与えた
A.罪の無いイエスが十字架刑に
1.十字架刑は後に廃止されるほどひどい死刑の方法でした。ユダヤでは石打という死刑があったのですが、当時はユダヤもローマ帝国の属州として統治されていましたので、イエス様はこのローマ帝国の死刑の方法で処刑されたことになります。
2.では、イエス様はそんなひどい死刑・十字架刑を受けなければならない犯罪人だったのでしょうか? イエス様に罪は無いと聖書は語っていますし、裁判をしたピラトもイエス様に罪を認めませんでした。なのにローマの死刑が採用されるのです。

B.ユダヤ人指導者のねたみから
1.その背景はローマ側にあったのでは無く、ユダヤ側にあったのです。イエス様という神の子がメシヤとしてお出でになったにもかかわらず、ユダヤ人はイエス様を神とは信じませんでした。ユダヤの指導者達はこの民衆に受けの良いイエスがユダヤの王となればローマ側とややこしいことになるし、自分たちのことを悪者呼ばわりしてきたイエスの元で仕えることもできませんから、とにかくイエスにはユダヤの王になられては困るわけです。
2.かといって、イエスにはユダヤ的な罪はありません。民衆がイエスをユダヤの王と仰いでいるので、ローマ帝国の皇帝に対する反逆罪「自らを王と宣言した」という言い方でイエスを陥れようとしたのです。彼らだって宗教家ですから、イエスが神だとわかっていればこんな事はしません。しかし、彼らはイエスをただの人間だと思っていたのです。

Ⅱ.世を愛された
A.赦されるしか無い私たち
1.では、その十字架刑がなぜ私たちを救うものとなったのでしょうか? アダムが全ての人を代表していますが、全ての人が彼によって罪人となりました。罪人は自ら神のところへ行くことはできません。牢獄に入れられた犯罪人はいくら願っても家族のもとに戻れないように、罪人は神様のところに行けないのです。
2.ところが、もしその罪が赦されたとしたらどうでしょうか? バラバのように投獄されていた極悪犯でさえ赦免されて出てこれました。赦されれば出てこれます。

B.愛されているからこそ赦される
1.赦されるためには(罪無しとされるには)それなりの条件があります。私たちに与えられた条件とは何でしょうか? 盗んだという罪なら、その弁償をして相手に詫びることで赦されるかと思います。
2.私たちの罪は神の言葉を無にした、神を愛さないという根本的なものです。その罪を悔い改めて、神を愛する生き方に向きを変えることです。
3.しかし、何と言っても神が私たちを愛しておられるからこそ、罪を赦すという大胆な計画を立ててくださったのです。その計画が私たちの罪の身代わりを立てることだったのです。そう!イエス様の十字架の死です。

Ⅲ.永遠のいのちを持つため
A.永遠のいのちの反対は?
1.永遠のいのちとは何でしょうか? ただずっと生き続けるということではありません。神の次元に移るということです。そこに行かないなら、行くべきところは後一つしかありません。一般的に言われる「地獄」ですが、神のおられない次元ということです。
2.この人間界でも戦争や憎しみ合い、いじめ、病気、等々あるのは悪魔の支配下にあるからです。それでも神が介入してくださるではありませんか。ここに神の介入が無くなったらそれは恐ろしいものです。

B.永遠のいのちを持つお方と共に
1.その恐ろしい次元が十字架で象徴されています。私たちはみんなそこに行く予定でした。しかし、神はあわれみ深いお方です。アダムが神のことばを無にしたので罪が入りました。私たちが神のことば「イエス」を愛するなら罪を赦すという寛大な計画です。
2.イエスを愛するとは、イエスをいただくこと、私たちの中心にイエスを置くことです。天国(愛と平和の次元)の主が私たちの心に来てくださるのです。

★ イエス様はゲツセマネの園で祈り、自分のすべき事を確認されました。それは全ての人のために十字架で身代わりの死を遂げることです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« みんなでいただく | トップ | 最も大切なこと »
最近の画像もっと見る

礼拝説教」カテゴリの最新記事