バイブルサロン

礼拝説教、聖書を読んで感じた事

時が満ち、神の国が近づいた

2018-02-11 17:57:42 | 礼拝説教
2018/2/11礼拝説教
【テーマ】  イエスの宣教開始
【説教題】 「時が満ち、神の国が近づいた」
【聖書箇所】 マルコ1:14-22
【新改訳2017】
1:14 ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べ伝えて言われた。
1:15 「時が満ち、神の国が近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。」
1:16 イエスはガリラヤ湖のほとりを通り、シモンとシモンの兄弟アンデレが、湖で網を打っているのをご覧になった。彼らは漁師であった。
1:17 イエスは彼らに言われた。「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう。」
1:18 すると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った。
1:19 また少し先に行き、ゼベダイの子ヤコブと、その兄弟ヨハネをご覧になった。彼らは舟の中で網を繕っていた。
1:20 イエスはすぐに彼らをお呼びになった。すると彼らは、父ゼベダイを雇い人たちとともに舟に残して、イエスの後について行った。
1:21 それから、一行はカペナウムに入った。イエスはさっそく、安息日に会堂に入って教えられた。
1:22 人々はその教えに驚いた。イエスが、律法学者たちのようにではなく、権威ある者として教えられたからである。

○ イエス様の誕生のことはクリスマスで大変有名ですが、その後イエス様が30歳ぐらいで活動を開始されるまでいったい何をなさっていたのか? まったく話がありません。どんな青年時代を過ごされたのでしょうねえ。

Ⅰ.イエスの宣教が始まる
A.時が満ちた
1.ヨハネが捕らえられたという危ない中で、イエス様は宣教を開始されました。その時に言われた言葉が 1:15 「時が満ち、神の国が近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。」 でした。
2.赤ちゃんが生まれる時、「月が満ちて」と言われます。それまでその子の声を聞くこともなかったのに、生まれた途端、泣き声や笑い声が聞こえるのです。また、コップに水を注いでいる時も、しばらくは何ともないのですが、満ちた途端、一気に溢れるのです。そのように今まで何も無かったような状態から一気にイエス様の凄まじい活動が始まったのです。

B.神の国が近づいた
1.どのような時が満ちたのかというと 神の国が近づいた ということです。イエス様の宣教と神の国は一つです。イエス様のおられるところが神の国です。しかも、イエス様はそのご自身に託せられた仕事を果たすべく、活動を開始されたのです。
2. 悔い改めて福音を信じなさい と、間違った方向から正しい方向に向きを変えて、福音の中に生きることを決意しなさいというのです。

Ⅱ.イエスの弟子集めが始まる
A.人間をとる漁師
1.イエス様は宣教のために弟子をお集めになりました。ガリラヤ湖で漁師をしていたシモンとアンデレを呼ばれ、有名な 「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう。」 と言われました。
2.彼らは魚を捕ることに関してはプロでしたが、福音宣教に関しては全くのド素人です。しかし、イエス様に着いていけば人間をとる漁師にしていただけるのです。私たちもイエス様に着いていけばいいのです。

B.イエスに従った
1.イエス様のこの言葉に 彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った のです。この言葉だけではいとも簡単に二人は弟子になったように読めますが、実際はどうだったのでしょう。
2.網を捨てるというのは仕事を辞めて収入も無くなるということであり、家族を捨ててイエス様に着いていくことになるのです。簡単なはずはありません。催眠術でもかけられて意識の無いまま着いていったのではないのです。彼らは自分の意志で着いていくのです。

Ⅲ.イエスの言葉には権威があった
A.大工からラビに
1.こうして集められた幾人かの弟子達とイエス様はカペナウムに行かれ、会堂で話し始められました。明らかにラビという人ならわかるのですが、少し前まで大工の息子として働いていたイエスが、ガリラヤ湖畔で語り始めてから、弟子ができ、いつしか人々にラビと認められ、会堂で話すまでになっているのです。
2. 1:22 人々はその教えに驚いた。イエスが、律法学者たちのようにではなく、権威ある者として教えられたからである。 と、ありますが、人々がイエス様に着いていくようになったのは、イエス様の持つ権威がパリサイ人やサドカイ人とは違ったのです。

B.人々は神の言葉に惹きつけられる
1.パリサイ人達は確かに立派なことは言ったみたいです。しかし、イエス様は彼らと違って権威があったというのは当然でしょう。イエス様は神であり、語ることすべて神の言葉だからです。
2.人々がイエス様を神とは信じていなくても、神の言葉には惹きつけられるのです。イエス様がただ立派なことを言っただけでは無いのです。権威があったので、惹きつけられたのです。真の権威は単なる上からの圧力ではありません。心にジーンと染み込んできて、従う決心がつくものです。ですから、弟子達も従ったのです。

★ イエス様の宣教は権威に満ちていました。パリサイ人達のような上から目線の圧力的な権威ではなく、愛に満ちた権威でしたから人々は惹きつけられました。私たちもこのイエス様の弟子として聖霊に満たされて福音を伝えたいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 何としても伝えたい福音 | トップ | 悪霊を追い出すイエス »
最近の画像もっと見る

礼拝説教」カテゴリの最新記事