バイブルサロン

礼拝説教、聖書を読んで感じた事

渇くことのない喜びの水

2018-05-06 17:20:33 | 礼拝説教
2018/5/6礼拝説教
【テーマ】  神の約束・聖霊
【説教題】 「渇くことのない喜びの水」
【聖書箇所】 ヨハネ7:37-39
【新改訳2017】
7:37 さて、祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立ち上がり、大きな声で言われた。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。
7:38 わたしを信じる者は、聖書が言っているとおり、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになります。」
7:39 イエスは、ご自分を信じる者が受けることになる御霊について、こう言われたのである。イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊はまだ下っていなかったのである。

○ 皆さんは喉の渇き以上に心の部分の渇きを覚えたことはありませんか? 今日の聖書の言葉は誰にも必要な心の潤いを教えておられます。

Ⅰ.祭りの後の虚しさ
A.楽しい祭りが終わると
1.幼い頃から毎年行っていた「天神祭」というのがありました。その祭は私たちが「天神さん」と呼んでいる「上宮天満宮」という菅原道真を祀る神社でした。「天神さん」の「さん」は「山」でもあり、子どもの頃から遊び場でもあり、昆虫採集する山でもありました。天神祭の時、この参道には色々な出店がありました。それが楽しくてならないのです。行くだけでも楽しいのですが、リンゴ飴、金魚すくい、ひよこ釣り、うなぎ釣り、飴細工、それは楽しい、おいしいものがたくさんありました。
2.そんな楽しい日が終わるとき、何かしら虚しい気持ちが襲うのです。全く神社のことを意識していませんから、ただただ祭が楽しいだけで、楽しいことが終わる時というのは虚しさが襲うものです。

B.仮庵の祭りが終わると
1.イエス様の時代、ユダヤの三大祭は大盛況だったみたいです。その一つ仮庵の祭りの時のことでした(あと二つは過越祭と七週の祭)。この「仮庵の祭」は、出エジプトをしたイスラエルが、荒野の生活を思い起こすために木の枝など簡単なもので作った仮の家で7日間を過ごす祭です。しかも荒野で水の無かった時に神が岩から水を湧き出させてくださったことを感謝する祭でした。そこで、シロアムの池から水を汲んでは神殿の祭壇に注ぐ儀式を行っていました。
2.私たちが聖会(特に泊まり込みで)やキャンプに行くと、楽しくてあっという間に時間が過ぎます。そして、みんなで再会を約束して別れて帰って行くと何かしらさみしさを感じるのです。イエス様がおられるので虚しさはないかも知れませんが、イエス様のおられないイベントは終わると虚しさが襲うことがあるのではないでしょうか。

Ⅱ.私のもとに来て飲め
A.真の渇きを理解しただろうか?
1.この 祭りの終わりの大いなる日 祭りが最高潮に達し、人々が列をなして神殿へと向かっていたと思われる時にイエス様は叫ばれたのです。 「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおり、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになります。」 と。
2. だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。 というのを聞いて、祭りで喉が渇いていた人が「あー、コーラが飲みたい」などと思って、イエス様のところに近づいたでしょうか。このイエス様の言葉の意味を誰が理解したでしょうか? 自分の心の渇きをわかっていた人はいるのでしょうか?

B.イエスの言葉にメシヤを感じた人
1.祭りに出て楽しく過ごした人々。祭りを楽しみつつも、儀式を行っただけの人々に虚しさはなかったでしょうか? 帰りは何かしら虚しさを感じながら帰る。イエス様はそういう人々の心に届く言葉を発せられたのです。
2.人々はこの日、今までにない事に遭遇したのです。今まで、「私のもとにきて飲め!」などという人がいたでしょうか? 「この人はメシヤではないか」という思いを抱いたかも知れません。

Ⅲ.虚しさを打ち破る聖霊
A.聖書の約束
1.イエス様の言われた「水」は「聖霊」という三位一体の神のお一方です。「イエス様の元に来て飲む」は「イエス様を信じる」事です。イエス様を信じた人には聖霊なる神が住まわれ、その心の奥底から生ける水の川が流れ出るようになるというのです。
2. 聖書が言っているとおり の「聖書」はイエス様の時代には旧約聖書です。そこに書かれているひとつに イザヤ44:3 わたしは潤いのない地に水を注ぎ、乾いたところに豊かな流れを注ぎ、わたしの霊をあなたの子孫に、わたしの祝福をあなたの末裔に注ぐ。 があります。聖書は私たちの心を心底潤すことを約束しています。

B.一時的な潤いではない
1.サマリヤで一人の罪深い女にイエス様が水を求められました。しかし、この虚しさに満ちた女にイエス様は ヨハネ4:14 しかし、わたしが与える水を飲む人は、いつまでも決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人の内で泉となり、永遠のいのちへの水が湧き出ます。」 と言われました。イエス様と話をした彼女は一気に虚しさが消え、元気が出てきたのです。
2.イエス様が与えたい水はこれです。しかも、一時的ではなく、一生涯、私たちの心の内側にいてくださって湧き上がる喜びをくださる「聖霊」なる神です。


● 池や湖が汚れてしまったり、干からびてしまうことがあります。それは雨や川などから水を得ているところで、その水が入ってこないと干からびるのです。しかし、そんな中でも干からびない池、湖があります。それはその底から泉が湧き出ているところです。

★ あなたの心に虚しさはないですか? イエス様を信じる者はその人の心の内に湧き上がる水「聖霊」が住まわれます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 教会は新しい皮袋 | トップ | 聖霊はあなたを用いたい! »
最近の画像もっと見る

礼拝説教」カテゴリの最新記事