妻を悦ばせるために

妻がいくと私もうれしい。妻との充実したナイトライフを送るためのまじめな努力をつづるblog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

調教?フェラヘの道

2006年09月26日 | Weblog
調教の甲斐あって妻はずいぶんぺろぺろとフェラもどきをしてくれるようになった。まだガップリ咥えることはしないが亀頭部を逝きそうになるまで舐めてくれるようになった。
妻はなかなかフェラをしようとせず、チャレンジするようになったのは以前にも書いたが妻が抵抗できなくなるまで攻めに攻めて昇天させるとその後舐めてくれたのがきっかけだった。しかしその後余り進歩は無く、「ペロ」か「ペロペロ」すれば良い方で、疲れたといって拒否される事もあった。
その後作戦を少し変えて、わざと手抜き愛撫後と手抜きピストンで終わってみた。不完全燃焼で欲求不満の妻は我慢できなかったようで、ぺニスをしごいて勃起させるように頼むとフニャチンをあの手この手で刺激して、大きくなって行くのをみて楽しむようになった。もちろん硬くなった後の二回戦は妻への御褒美に十分に愛撫してやる。
ペニスを直視することに抵抗があった妻だが、そんなことを何回か繰り返して行くうちに私の股間に顔を近づける事に抵抗が無くなったようだった。
そうなればこっちのもので、メイクラブするたびに一舐めでも良いのでしてくれるように頼んで、舐めてもらった快感を口に出して伝えるようにした。要するにうまい、感じると口に出して礼を言うのである。
徐々に妻の舌が当たる部分が広がって来て、つい最近はとうとう亀頭先端部まで進出してくれるようになった。亀頭先端の小ホールを刺激されたときには発射しそうになった。妻への顔射もやってみたいと言うのが本心だが、今やってしまうと二度とフェラをしてくれなくなりそうでじっとこらえた。

今度からいつペロペロしてもらっても良いように、入浴時には包皮を念入りに反転し隅々まできれいに洗うように注意しないといけない。ついでに陰毛のシャンプーとリンスも忘れずに。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 映画鑑賞その2 | トップ | 深く深く »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事