慶應医学部端艇部 部員日誌

部員の日常を綴ります・・・。

もしかしたら僕は早くおじいちゃんになりたいのかもしれません

2020-09-18 17:40:49 | 日誌

お久しぶりです。賈思奇です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

僕はというと、とても元気で、忙しいはずなのになぜかとても暇です。

というわけでこの半年間の出来事についてでも書きたいと思います。

日本中自粛モードの四月中旬に引っ越し、東京都民になり、そこから一か月間ひたすら家にこもっていました。本当にやることがないので、二十歳になってようやく胸を張って買えるようになったアルコール飲料を嗜み、さらに自炊を始めました。自分が作った料理の写真も貼りたいと思います。料理が得意な人が見たらきっととても簡単なものばかりですが、これでもかなり頑張りました。なにより暇な在宅時間を埋めてくれたので、うつ病にならずに済みました。今の一番得意な料理はオムライスですが、ケチャップで絵を描くのは苦手です。

自粛が解除された六月中旬から、自動二輪の免許を取るために教習所に通い始めました。僕はスピードに憧れているかもしれませんね。一発で卒業検定に合格し、七月末に二輪免許を手に入れました。というわけで今の夢は自分のバイクを買うことです。お金もないので車種も何も決まっていませんが、お金が溜まったらカワサキの250ccのバイクでも買って、それに乗って遠いところに行きたいです。

七月から解剖期に入り、僕も三時就寝の十一時起床から十二時就寝の七時起床にスイッチしました。とてもヘルシーですね。引き運がよかったおかげで解剖の口頭諮問は順調で、ヘルシーな生活のおかげか頭頸部のペーパーも受かりました。

八月はプールに通い始め、ランニングや筋トレなどにも励みました。僕は小学校を卒業してからほぼ泳いだことはなく、そもそも小学校の時も水泳が大の苦手でしたが、友人に水泳を教わり、平泳ぎはだいぶ泳げるようになりました。今日からは沈しても死にません!(フラグ)

八月の下旬から九月の上旬にかけては、地獄の夏の陣がありました。僕は一週間かけた神解を落とし、一夜漬けの組織を落とし、ほぼ一夜漬けの医化学1と生理1中間に受かり、生理2中間を諦めました。組織のDUPLOも書いていたので落としたのは正直予想外でしたが、自分には甘いので夏の陣全体はまあまあの出来だと思います。再試で通します。(またもフラグ)

夏の陣が終わったあとは関西で五日間遊びました。今は生理学実習の真っただ中です。ストレスマウスがかわいそうだなと感じている今日この頃です。

どうでもいいことをだらだらと千字も書いてしまいました。いつ練習再開になるかわかりませんが、たまにエルゴを引きたくて体がムズムズするので、シーズンが始まったらエルゴをいっぱい引きたいです。そして不思議なことに乗艇はそんなにしたくありません。なんででしょうね。でもシングルならちょっと乗りたいかもしれません。戸田でよく見かける、シングルに乗っている、若いころはきっと速かったおじいちゃんみたいに。

もしかしたら僕は早くおじいちゃんになりたいのかもしれません。

次はちぎーらさきちゃんに回します。お題はなんでも!


最新の画像もっと見る

コメントを投稿