NY ロングアイランド 飛行日記 - NY L.I. Flight Diary

青空に浮かぶ飛行機を見上げたり、空港ではパイロット達に目がいってしまう。パイロットになろうと決意した者のフライト・ログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初クロカン!

2009-02-08 04:30:30 | プライベートパイロット編 (PPL)
今日もまた風がとても強い。空港に行く途中の旗等をみていると真横になびいています。こりゃ今日は飛べないなと思いつつ車を走らせた。途中ガールフレンドをIKEAに降ろしてから空港に行ったので、もしキャンセルでもショッピングにジョインしようと思いつつ空港に到着。学校でモリースと会話をしているとイントラのトッドが登場。
近郊の空港の状況を調べていると何処も強風でガストもある。3回目のソロは出来ないといわれて、クロスカントリーに行こうと言う。クロスカントリーとはソロを終えての次ステップで50NM(nautical mile)以上飛行する訓練である。行き先はPoughkeepsie, NY (KPOU)。早速ナビゲーション・ログを書きだし、4500feetでの風速と風向を調べて予想されるグランド・スピード、ヘディング等を計算していく。ここは前回の座学で教わった後、3回復習をしたので慣れたものである。その後、飛行機へ。すると雨が降り出した。雨の中での飛行は初めてでキャンセルされるか冷や冷やしていたけど何も問題なく事が進んでいってエンジンを始動。するとトッドが「これがワイパー代わりだ」と言うと窓の水滴が一変に吹っ飛んでいった。風は17ノット、Pガスト15位だったが、離陸後、結構左右に揺れたが、最近は慣れたものであまり動揺しなくなった。計算したヘディングを通り、最初の目標だったNorth Port Stacksに定時到着。その後はVORを目指してさらに飛行。NYメインランド上空を飛行するのは初めてでCats Kill Mt.が下に見えた。予定通り55分位でPOUに到着。着陸はまあまあ。直ぐにタクシーバックし、離陸して帰路に着いた。復路ではいきなりスロットルを抜かれて「今エンジンが故障した、さてどうする?」と言われ動揺していると「ABC!」と言われた。AはAir SpeedでBest Glide Speed の68ノット。 Bは Best place to landで緊急着陸できる場所探し。 CはCommunicationでコム1ラジオを121.5にセット(緊急信号用)したり、トランスポンダーを7700にセットしたりする事。「何処に下りる?」と聞かれてとっさに「凍った湖!」と答えるとXでした。約90度の方向に個人所有の空港があったので「あそこだ」、と言われた。流石、答えがあったからこの訓練をしているのだな、と思った。
その後追い風にのり、約42分でFRGに戻ってきました。飛行時間は1.8時間くらいで最近は2時間位ならあまり疲れなく飛べるようになってきました。レッスン後はIKEAまで彼女をピックアップに行ったが、急遽予定変更により2時間位遅れて申し訳なかった。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2回目のソロ (動画あり) | トップ | コネチカット・グロトンまで... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

プライベートパイロット編 (PPL)」カテゴリの最新記事