観光政策@岡山県

2019年10月23日 23時58分08秒 | 視察


本日は、岡山県庁に、観光政策について勉強しにまいりました。

担当の方から現状を伺い、驚いたのは、倉敷歴史美観地区、大原美術館、フルーツ、備前焼等が有名な岡山県が、観光産業的に苦戦しているということでありました。


今後の課題としては

・海外での認知度向上
・岡山桃太郎空港の国際路線の拡充
・滞在型観光の促進
・体験型旅行商品の開発
・二次交通の充実
・多言語コールセンター
・公衆無線LAN環境の整備
・フィルムコミッションの拡大

などとのこと。

練馬区における観光施策とは、内容は異なりますが、多言語対応については、我が区としても課題でありますので、多言語コールセンターの設置については、参考にさせていただきます。


ところで、実家に暮らす17歳のシーズーのサンタが、食事をしなくなったと母から連絡が!
心配です。
明日、練馬に戻ったら様子を見に行きたいと思います。
頑張れ✊‼️サンタ



コメント   この記事についてブログを書く
« 祝 天皇陛下御即位 | トップ | 災害詐欺に、お気をつけ下さい! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

視察」カテゴリの最新記事