アイメイト協会パネル展にて

2019年05月16日 21時24分59秒 | 文化・芸術
練馬区役所のアトリウムにおいて、18日の土曜日まで、「アイメイト協会」のパネル展を開催しています。




そして、訓練生のアイメイト(盲導犬)と、アイマスクをしての歩行体験ができます。



歩き始めは、緊張しましたが、すぐにパートナーのアイメイトを信用し、共に歩くことができました。

歩行中に気をつけることは、ハーネスを持った腕は、常に脇にぴったりつけたまま歩くこと。
これは、アイメイトとの幅を常に一定に保つためとのこと。

そして、アイメイトと歩く時は、頭の中に地図を描きながら、パートナーに指示を与えることであります。
もし、知らない場所に行った時は、周囲の人に道を訪ね、それにあわせて指示をするそうです。

短時間でありましたが、いろいろと勉強になりました。


我が区においては、前川区長の提案で、区役所をアイメイトの訓練に活用できるようになりました。




また、区役所で初めてのパネル展を開催した際は、啓発グッズの販売を禁止していたのですが、私は、

「同じアトリウムで、障害者団体の販売会を開催しているのに、目的がはっきりとしているアイメイト協会に、啓発グッズの販売を禁止するのはおかしい。販売を許可するべき!」

と、担当課に申し入れを行い、現在は、啓発グッズが購入可能になりました。


そして本日、私はこちらをゲット



なんと、メジャー!


練馬区としても、障害者福祉に貢献できるのは、素晴らしいことであります。

何より素晴らしいのは、アイメイトたち。

私も、お世話になった子に、「Good
と、感謝の気持ちで言いましたが、通じたかな!?
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日もまた、このシフトで | トップ | 「食堂酒晴」新宿店オープン! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

文化・芸術」カテゴリの最新記事