新型コロナウィルスワクチン接種に関する補正予算可決!

2021年02月12日 22時27分47秒 | 練馬区議会について
本日、新型コロナウイルスのファイザー社製のワクチンを載せた「第一便」が、来週半ばからの接種スタートに向けて日本に到着しました。


そのような中、練馬区議会の予算委員会において、「予防接種費」に関する補正予算が審議され、採決の結果可決されました。

練馬区における「予防接種費」の予算額は、33億6,977万1千円です。


内訳をご説明いたします。

【一般事務費】 599万8千円

(保健所業務電算経費)
・消耗品費             45万1千円
・保健情報システム改修等委託料  554万7千円


【予防接種費】 33億6377万3千円

旅費                         30万円
消耗品費および印刷費              4,595万円
通信費等                  1億2,442万2千円
電話窓口受付等業務委託料          3億8,960万円
新型コロナウィルスワクチン接種等委託料  27億7,426万2千円
携帯電話賃借料等                  881万3千円
超低温冷蔵庫購入費               2,042万6千円

以上詳細です。
また、この予算は国庫支出金で、国から練馬区への歳入となります。

 ところで、この補正予算については、現状を考えれば全会派一致で可決されるべきものと考えますが、起立採決の結果、賛成多数により可決となりました。
 反対した会派は、生活者ネットワーク(2名)であります。

 私たち自民党は引き続き与党第1党として、しっかりと区民の皆様の安心・安全を守ってまいります。 


コメント   この記事についてブログを書く
« 飲食店支援企画でも女性活躍... | トップ | 少しだけ春らしく »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

練馬区議会について」カテゴリの最新記事