第32回練馬まつり

2009年10月20日 00時23分21秒 | 練馬区議会について
 先週で、決算委員会を含む第3回定例会が終了しました。


 この週末は、秋の行事やイベントがいくつかありました。その中で大きなものは、やはり32回となった

 『練馬まつり』

 でした!



 秋晴れのそらの下、各会場もパレードも人、人、ひとで盛況な様子でございました。
 中央会場(練馬総合運動場)では、いろいろな地方の「ふるさと自慢市」や出展のテントが並び、開進第二中学校では「健康フェスティバル」が開催され、南町小学校での「環境・リサイクルフェア」の会場では、先日のブログでも書いたアニメラッピングの電気自動車の展示も行われていました。
 パレードでは、毎年人気抜群のサンバと練馬でも名物となってきた阿波踊りと最近人気上昇のフラが目立っていました。阿波踊りの連では、我が会派の村上議員の雄姿を発見し声をかけました。
 
 練馬まつりを歩いていると、普段会えない方とバッタリ出くわし、嬉しいサプライズがあるので、毎年楽しみにしています。
 実行委員会を始め、関係者の皆様方本当にお疲れ様でした



 練馬まつりと同日の18日の日曜日には、近所の知人が通う教会のバザーにも行ってまいりました。
 
 以前、子どもの頃から海外映画やドラマで憧れていた教会のクリスマスのミサに、一度で良いから参加してみたくて、その知人にお願いして参加させてもらったことがあるので、その御縁からバザーにも伺いました。新品の3万円弱のジャケットを3千円でゲット
 また、数日前から書いている通り胃が本調子ではなかったので、目はいろいろ食べたかったのですが、胃と相談をして暖かい「芋煮」を昼食にしました。 
 
 ちょっと印象的だったのは、「やきとり」というのぼり旗を掲げているイエス様でした!



 話は変わり、本日夕食の材料を買いにスーパーに行ったところ、若いお母さんと小学生であろう男の子が買い物をしており、その男の子が

 「ママぁ、このお野菜は北海道で採れたたんだよね、こっちは千葉だよね」

 と言い、お母さんは

 「そうよ、だんだん分かってきたのね。」

 と、答えていました。私はこの短い会話から、学校でもお家でも食育が実践されていることを理解し、思わず微笑んだところでお母さんと目と目が合い、あらためて笑みを交わしました。何だか嬉しい一瞬でした。
 
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 豊玉第二保育園改築披露式 | トップ | 秋の感じて »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

練馬区議会について」カテゴリの最新記事