ジャーナリスト上杉隆氏講演会

2010年04月20日 01時58分53秒 | 小川けいこのプライベート日記
 昨日18日の午前中は地元行事に出席し、夕方からは自分の後援会の行事を開催しました。


 その行事とは、有名ジャーナリストの上杉 隆氏をお招きしての時局講演会でした。主催は、小川けいこ後援会政策部!


 彼と私の接点はと、思われた方が会場にもいらっしゃいましたが、ブログをご覧の方の中にもいらっしゃることと思います。
 それは一言で言えば昔の同僚です。そう、鳩山邦夫事務所という職場で.....ということで、基本的には政治関係者の講演会はお断りしているそうですが、同じ釜の飯を食ったとうよしみで受けてくれました。


 上杉さんの方が、事務所においては少し先輩でした。当時は、代議士もわがままでしたから(今とはちょっと種類が違いますが)、秘書同士で仕事上言い合いもありましたが、ずい分とお互いに協力もしました。懐かしい思い出です。
 昔から、正義感が強く、後輩のことは徹底的に庇うタイプで理不尽なことに対しては先輩秘書にでも良く物申していました。

 元々、メディアの業界から秘書になり、メディアの世界に戻ることを目的としていたので、その信念は見事に貫いたわけです。
 彼にしてみれば、政治家の秘書の期間は、長い取材をしていたようなものなのではないでしょうか。

 私はOL時代も秘書でしたし、秘書という仕事は好きでしたがまさかそれをきっかけに自分が選挙に出るなんて思ってもいませんでした。
 現在私とお付き合いいただいている方は信じないかもしれませんが、元はすごい人見知りでしたし、子どもの頃は超がつくほどの引っ込み思案!(わがままなのはいつ何時もかわりませんが
 そんな性格が見え隠れしながらの鳩山事務所時代の私は、人脈の作り方、ポジティブかつアクティブに行動することが未来を開くことを知らず知らずのうちに上杉さんから学んだ気がします。
 とにかく、昔からインパクトが強く周囲に対しての影響力は大きい人物でありました。


 ジャーナリストという仕事柄、彼の意見や記事や著書が物議をかもしだしたり、ネット上で批判も少なくはないですが、私にとっては誇れる同僚ですし、尊敬する友人であります。
 そして、昨夜の講演を聞いた方々からは、海外から見た日本のマスメディアに対する評価、日本のマスメディアの現状と問題点が大変良く理解できたし、話もわかりやすかったので行って良かったという感想を沢山いただきました。
 また、ゴルフ取材の話のなかで、石川遼選手の謙虚で素晴らしい人柄を捉えて、家族と地域の大切さを語り、政治家もそうあるべきと笑いを取った場面もあり、会場は始終和やかムードでした。

 

 結びにあたり、日曜日の団欒のお時間に会場に足をお運び下さった皆様、準備からお手伝いいただいた後援会役員の皆様、ありがとうございました。

 
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 散りゆく姿もいとをかし | トップ | 同じ空間に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小川けいこのプライベート日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事