明るい乳がん生活(の、予定)

~~2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫たちと頑張る!~~

顔は自力が一番、らしい(多分)

2019-12-08 20:21:42 | 13年目の雑感
12月に入りました。
今年もあとわずか、今月半ばで私の術後年数も14年目に入ります。
思えば、乳がん10年といわれて、その年月を夢中で過ごしてきましたが、あっという間・・・、いや結構紆余曲折・・・。うーん、どっちだったかなと思えるようになってます。

読売新聞によると、5年でやめてしまうホルモン治療も10年続ければ再発率が下がるという報告が2013年に海外で発表されているとのこと。(2019年12月2日、医療ルネサンスより)
「乳がん治療の課題」とサブタイトルされている記事は、個々の体調によりQOLを考えながら投薬を決めていくことを記していた。

私の場合は、元主治医と話し合って投薬(ホルモン治療と抗がん剤)を10年続けていくことで一致していたし、出来ればあと5年ぐらいは飲み続けておこうと思っていた。
今の主治医にならなければ、今現在もまだ飲んでいたのではないかと思われる。

記事の中でも、タモキシフェン(ノルバデックス)5年ののち閉経を確認してアロマターゼ阻害剤5年で再発率は8%、しなかった群の16%に比べて半減した、と書かれている。特に脇のリンパ節転移やがんが大きかったりする場合に有効とか。

私の場合、がんがふたつあり、ひとつはかなり大きかったので転移はしていなかったものの、元主治医が治療を続行してくれたことは、今も感謝している。かなり有効だったのではないかと思う。
まぁ、薬を飲むことに抵抗もなくつらくもなかったことは、最大のラッキーだった。だからこそ飲み続けようと思ったのだから。

奇しくも10年になる前に、元主治医が系列の他病院に行ってしまったので、今の主治医が断薬を決めちっゃたけど9年も10年も一緒、と思うほかない。
今現在はあまり変わることなく、心配といえばインプラントによるリンパ腫の可能性の方が大きくなった。
5年で薬をやめることも大切だと思うけれど、それ以上に自分の体調と気持ちを考えあわせて、10年頑張るのもアリだと思う。

さて、目の調子も一進一退を繰り返しておりますが、メディカルリフト(CMが流れるようになりましたね)はキチンと毎日ブルブルさせてます。つけ方のコツもそろそろわかってきました。正しい位置にリフトを装着することが大切です。私では装置が少し大きいので、タオルを足して付けてます。

それからテレビでやってた頭痛を和らげるための体操なんかもやってます。
人間の身体は、皮一枚で繋がっているということをよくよく理解してきましたよ。繋がっているので、一か所だけをどうこうしてもダメなんだということも理解してきました。

この間、ある化粧品コーナーのお姉さんとおしゃぺりしていたら「大切なのは肩甲骨!」と教えてもらいました。
肩甲骨が良く動かないと、お顔の筋肉も下がってくるんですって。

「私たちの年代になっちゃうとよくほっぺのお肉かんじゃうでしょ」(うんうん、あるある)
「あれね、中のお肉が下がってきてるんですよね」(でしょうねぇ・・・)
「でね、こうやって、マッサージするの」(ほぉ~)
マッサージの方法は、親指を口の中に入れて残り四本の指を親指とで挟むように上から押さえて、頬肉をキュッキュッとするの。これだけでずいぶん違うらしい。現在毎日一回してますが、何となく中の頬肉が上がってる感じ。
もしかしたらこれからは、あんまり口の中、噛まないかも。(笑)
コメント   この記事についてブログを書く
« 身体はどうなっているのか・・・ | トップ | 先々週金曜日、久しぶりの診... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

13年目の雑感」カテゴリの最新記事