明るい乳がん生活(の、予定)

~~2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫たちと頑張る!~~

さぼりがちですが、元気です。

2019-09-29 17:48:07 | 13年目の雑感
ちょっと、さぼり癖がついちゃってます。
すみません。

いやぁ、明後日から消費税増税ですね。
店の方で、レジやらメニューやら変えないといけないので、その準備に手を取られてます。
結構大変。
今後10年は増税しない、と言っているようですが本当でしょうか。
明日はレジ切り替えのために店が終わってから地道にデータ打ち直し。
これもまた大変。
翌日にちゃんと変わっているか、確認もしなくちゃいけないし、正直邪魔くさーい。

でもまぁ、働けるうちが花、かな。
そう思ってもうしばらくは頑張るつもり。

先週に誕生日を迎えましたが、突然老眼になって焦ってます。(笑)
文字を読むのも一苦労。これも邪魔くさい。

最近、お世話になったメインバンクの元支店長さんとお会いしたのですが、その方から「酵素風呂」の情報をいただいて
相方と検討中なのです。がん患者が多く通っているそうです。
でも、大腿骨を人工骨にしている相方と、胸にインプラントが入っている私は、そういう高熱に耐えられるのかが疑問です。
何でも体感60度らしい。通常15分は入るらしいのですが、5分と持たないぐらい暑いらしい。
はたして大丈夫なのか、よく調べてから行ってみようと思ってます。

コメント

当選するとうれしい。優しい先生でうれしい。

2019-09-08 10:34:05 | 13年目の雑感
たまに、応募すると当たる抽選。
今回は、なんとネットのTWITTERで応募できた、何とも今風の抽選プレゼント。

「全部教えて、先生」の著者である椎野翠先生の企画で、ツイッターでフォローしている読者限定での応募プレゼントでした。
実は、この漫画、TLと呼ばれる少しエロテックな漫画なんですが、作画が可愛いのとプロットがいいのとコマ割りの仕方が好きなので、ずっと読んでるんです。
で、ツイッターで先生を見つけたのでフォロー。
この先生が、めちゃ優しい。
今でこそフォロワーが多くなりましたが、私がフォローした当時は少なかったので、コメントを入れると律儀に返してくださるの。
今でも、必ず「いいね」を全員に入れてくれます。
優しいねぇ。

こういう繋がりができるのが、ネットの最大のいいところだと思う。
どんなに離れていてもお近づきになれる。すごいなぁ。
コメント

いろいろ実験中。

2019-08-25 20:37:37 | 再建後の経過2019
インプラント側のアンダーバストがチクチク痛むのですが、それの痛みは、やはりインプラントが皮膚に何らかの炎症を起こしている気がしてならない。
で、寝る時にいろんな体制を取って様子をみてみます。

横向きから仰向けになる時に、アンダーバストの線に沿って痛みがあります。
で、以前に痛かった時、胸を腰用サポーターで押さえて(特にアンダー部分を)動くと痛くなかったので
それに倣い、横向きから仰向け時にアンダーに手を添えて動くと、あら不思議、全然痛くないのです。

うーーーん。
これはやはり、炎症か?
炎症のせいで、リンパ液が出てきているのか?
動かないはずのインプラントですが、サイズがそこそこ大きいので、微妙に動いているのかもしれません。
そのせいで、就寝時に動きがあるとこすれて炎症、みたいになっているのかも。

昨日は、ふと思いついて、夜に寝た時に完全にうつぶせになってみました。
当然胸は押しつぶされます。
しばらくして横向きから仰向けになってみたら、この時も痛くありません。
うーーーん。
これはもしかして、ナイトブラ、なんてものをしてみた方がいいのかしらん。
CMでワコールが胸の流れを抑えるためのナイトブラをしていますね。
あれ、いいかもしれません。

最近足元がおぼつかなくてフラフラするのは、量を減らしたとはいえ睡眠薬のせいではないかと思い、いっそのことやめちゃえと今は飲んでません。
で、ちょっと足元がふらつかなくなりました。やっぱ、あのせいだったか。合わない体質だったのかも。

コメント

お胸様の状況。

2019-08-18 15:46:04 | 再建後の経過2019
最近、インプラント側のアンダーバストが寝ていると痛みます。
まっすぐ仰向けだったら大丈夫なんですが、寝返りを打って身体が横になっている状態から元に戻すときに痛みがあるんです。
これは何故に?と、ずっと考えているんですが、インプラントと皮膚の間が擦れて炎症を起こしているのかなぁと。

でもね、人間の体調って不思議なものだとつくづく思いました。
というのも、この間行った旅行中、飛行機の中だとかなり調子がいい。まぁ、寝返りが打てるスペースは全然なかったからということもあるんですけど、気持ちの問題や高揚感やいろんなことが加味されて、そこそこ体調良く過ごしたんです。

ブラも、痛みが出た例のブラは全てのワイヤーを引っ剥がししたのですが、いかんせん、何となく調子が悪くなります。
微妙にナイーブな身体になってます。
で、ただ今、さらしブラを愛用。
しっくりいくブラになかなか会えないのが悩みのたね。
今は、CMしてるユニクロのワイヤレスブラがいいかなーと思ってます。まだ試していないけどね。
形状記憶してくれるって、本当かしら。

さらしブラの着用はこんな感じ。


マジックテープで止めるんですが、通常みるテープではありません。もっと薄くて柔らかい感じ。


下から見たらこんな感じ。三か所を前で止めます。


柔らかくて、背中は平らなので、今の私にはいい感じ。


でもなぁ・・・とまだまだブラ探しは続きそう。
コメント

サボっておりました。すみません。

2019-08-04 17:09:55 | 13年目の雑感
はいっ、この一か月と言うもの、体調の悪さに振り回されておりました。
どんな感じだったかと言うと、食欲不振(本当に食べられなかった、かなり痩せたと思います)・上腕、下半身の冷えのぼせ・手足の冷え・ふらつき・不眠・などなど。
つらかったのは、それでも働かないとダメだということ。はい、働きました。
ただ、あまりの体調の悪さにいろいろ原因も考えました。

ボトックス注射を目に打ってくれる、神経内科の先生にもらった睡眠薬と片頭痛の薬は合わない、とすぐに判断してやめました。
でも、どんどん体調が悪くなっていくのです。
かわりに解決策をと、かかりつけ医に乞いました。一週間は我慢した後です。
「こんな眠剤は効かないよ」一刀両断。うーん、でもまぁ、私は効かないと実感できたので飲むのは、やめてる。

「取りあえず、この冷えのぼせを治したい」と言ったのですが、処方された片頭痛の薬を良く効く漢方に変えるという。
「これは、血管をぶわっと拡げてくれるからね」
頭痛は我慢できないほどではないんだけど・・・。
「まぁ、点滴は打って帰って」と点滴されました。
処方されたのは、睡眠薬としてサイレーン、片頭痛薬として漢方の呉シュオウ湯。
飲んでみたら、一度も目覚めることなく寝たけれど、ふらふら。さらに悪化する冷えのぼせ。力が入りません。
どうなってるの、私の身体ちゃん。

だるさとふらつきと食欲不振と冷えのぼせと。
治る気配はありません。
どうしていいのか、途方に暮れる。取りあえず、治さなくっちゃ。

また約一週間、我慢して、これはもしかして、今さらの更年期障害?と疑う。
私は、乳がんを患ってホルモン剤で生理を止めましたが、その時すら更年期障害にはなりませんでした。
でも更年期障害を疑うなら、かかりつけ医に行くより婦人科に行った方がいいのかも。
散々悩んで、婦人科に行くことにしました。
過去に、子宮がんの検査をしてもらっていた病院です。
いつの間にか、産婦人科や小児科まで出来てました。かなり大きくなったなぁ、この病院。
で、診てもらいました。
「うーん、乳がん治療で閉経してから12年も経って、更年期障害にはなりません。ふらつきは、睡眠薬から来るものだと思います」とハッキリ言われました。(笑)
ですよねぇ~。
「でも、先生、ふらついて、冷えのぼせもひどくて、力が入りません」
「うん、薬は出しましょう。女性一般に効く漢方です。」
また漢方かよ、どんなに流行ってるんだと思いながら、処方してもらう。当帰芍薬散料という漢方です。
ただ、その先生が「うちに以前いた女医さんで、総合的に漢方を中心に治療している先生がいるので一度そこで診てもらったらどうですか。あなたには漢方が効きそうなのでいいと思う」との情報をくれました。
取りあえず、名刺をもらって(完全予約制のクリニックでした)、一度行ってみようと思ったわけなの。

まぁ、そんなこんなで、バイトの子と話をしていたら、彼女は以前に脳梗塞をしていまだ治療中(私よりずいぶん若いんだけど)、「Keikoさん、血管拡げる薬はきつくて、ふらふらするよ、しんどくもなるよ」と言う。
「長く飲んでるから、しんどさにも慣れてきたけど、新しい薬になるとかなりしんどい」
ええっ、そんなに元気そうに働いているのに、こんなにしんどい思いを結構しているのか。彼女はいつも笑顔ですごい!と感嘆したのでした。

で、これはもう、日にち薬だなと思い始めていたのですが、その後 相方から夏風邪をもらう。
踏んだり蹴ったり、食欲不振は治らず、周りが心配してくれるほど。

取りあえず彼女から話を聞いてからというもの、一旦すべての薬をやめていたのですが、眠れないのもつらいので、一錠のところを半錠にして飲んだらそこそこいい感じ。睡眠薬は、体調に合わせて飲むことにしました。眠れないのもヤバそう。

夏風邪になった時は、迷わずかかりつけ医のところに行って処方してもらいました。
何故かと言うと、その5日後に、旅行予定だったのです。

さて、ようやく本題です。
ながーい前振りすみません。

昨日まで、実はオーストラリアに行ってました。
何故かと言うと、相方が「エアーズロックが閉山してしまう前に登りたい」と言い出したからです。

地球のへそと呼ばれるエアーズロック(現地語ではウルル)は、今年の10月26日に完全に登れなくなります。
その理由としては、原住民のアボジニカルであるアナング族とオーストラリア政府は約束を交わしました。聖地であるあのロックに登る人がウルル全来訪人数の18%を下回ったら、閉山して二度と登らない、と言う約束です。
二年前に13%になったので、閉山が決まりました。
アナング族は、聖地であるあの岩には絶対登りません。危険すぎるのとご先祖が大切にしている聖地だからです。
そういう話を、現地のツアーのガイドさん(日本人)が、とても熱く語ってくれました。
で、この話を是非とも日本でもしてほしいと言っていたので、ブログに書こうと思いました。

ただ、このエアーズロック(この登山道を見つけて登頂した人が、エアーさんというスポンサーが付いていたのでその名を取ったというのも初めて知りました)は国立公園の中にあり、入場料として25オーストリアドルかかるのですが、その収入の25%がアボリジニカルに入るそうです。年間きっとすごい額。(笑)

シドニーに二泊したのち、三時間かけて飛行機でウルルに行ったのですがそこではたった一泊。
年間三割しか登頂できないというそのウルルは、ツアーの中で三回チャンスがあり「昨日は登れませんでした」というガイドさんの話に、こりゃ無理かなと内心ほっとしていたのですが、三回目のチャンスで(相方はこういう時に強い)開門され、登頂が許可されました。
同じツアー客たちから拍手が起こった時、ガイドさんが神妙に「ここは聖地なので拍手はやめてください」とたしなめて、こういう時に旅人は浮かれてしまうなぁとしみじみ思いました。聖地であるということをすぐに忘れます。日本人の女の子たちが岩の上で飛び跳ねてインスタグラム用だと思われる写真を撮っていると少し悲しくなりました。

でもまぁ、二度と触れることができないエアーズロックの岩肌をしっかり触ってきました。登頂したとは言えない距離でしたが、少しだけ登りました。つるつるで岩肌のみの、油断すると本当に危ないと感じるものでした。


旅行初日、どうなることかと思った体調も、万全とは言えないけれど、何とかなるもんだね。
シドニー初日は根性でブリッジクライムという、橋の一番高いところまで登るアクティビティに挑戦。
ロックスという街並みも堪能。オペラハウスと逆の方向にありますが、歩いて10分ほどかな。

翌日は、クィーンエリザベスビルという、ちょっとゴージャスな建物を見て歩く。中はショッピングセンターです。

そののち、直でネット予約した、オペラハウスツアーに参加。(もちろん、日本語)


中はこんな感じ。会場の中も見せてもらいました。
その後、軽食付きにしていたので、オペラキッチンというオペラハウスの中にあるカフェで食事。これが豪華すぎて、これで軽食っ?!と相方とビックリ。あまりの量の多さにこっそり持って帰って夕食として食べようと決心。こういうところがケチなんだなぁ。(笑)

街並みを楽しむために、マーケットや中華街(中華街はどこに行ってもあるねー)を捜し歩いて堪能。



そうして三日目は、ウルルへ。

ちっちゃい飛行機で行くんですよ。タラップを自力は久しぶり。体調はもうそこそこです。
ここでは、自由行動はほとんどなく、バス移動であちこちに連れて行ってもらう。ガイドさん付き。
まずは、日の入りのウルルを堪能。


翌日は、日の出のウルルを見に行きました。

これがね、明け方前に行かなきゃなので、冬であるオーストラリアは寒いのなんのって。着こめる物全て着て、カイロも貼っていったけれど、2℃だという日の出鑑賞場所は、体感マイナス。
それから、あちこち歩ける場所に連れてってもらったけれど、その度に開門してないか、チェックに寄るわけです。



アボジニカルたちの祖先の残した壁画も多く、

いろんな伝説(昔話)も教えてもらいました。

冬でも小さな花も咲く。


登ったその足で、空港まで行き、国際線に乗り換えて帰ってきました。
帰ってきて、日本の夏の暑さにまたやられそう。(笑)ただ今、体調は80%戻りつつあります。













コメント (2)

ボトックスを打ちに。

2019-07-07 17:16:21 | 13年目の雑感
前回打ったのが、四月の半ば。
本来なら、3-4ヶ月は持たせたいところなんですが、もういろんな災いがあちこちから降って沸いて、とうとう眼に来ました。
ナイーブな私です。・・・いや、どっちかっていうと、上手く精神処理できない、弱っちいやつなんです。
で、早めに打っておこうと、予約を入れて受診。世間話後、ボトックス注射。今回は13320円でした。微妙に値段が変わるのは何故?

それで、胸に水が溜まってて、それがリンパ腫になるかもなんて話をしていると「へー」ってめっちゃ不思議そうな反応。
本当に、人体には何が起こるかわかりません。

アンダーバストラインの痛みはそこそこマシになってきているのですが、いかんせん、ダメージがあるので意識がすぐに、そこに集中しゃう。
本当に痛いのか、痛くないのか、何だか気持ちの誤作動が半端ない。インプラント入れてる感がめっちゃ強い。
本当、弱っちいったら。

で、先生に「相変わらず頭は痛い?」「相変わらず五苓散は飲んでる?」「肩こりはどう?」と聞かれると、つい甘えたくなって
「先生ー、最近また頭のこの辺(中央から後頭部)が痛くなるー。それから眠りが浅くて困ってるー。あんまり強くない睡眠薬ないかなー」と言ってしまった。

だってさ、優しくされるとついついいろいろと頼っちゃうじゃん。
出された二種類のお薬は、「じゃ二週間出しておこうか」と言われて慌てて「10日分でいいです」と答えた。
そのお薬は、ミグシス(片頭痛薬)とベルソムラ(睡眠薬)の二種。

試しに飲んでみました。
あ、だめだ。合わない。
前にも、リリカという薬をかかりつけ医に出してもらって、すっごい低血圧になったことがあったんだけど、この薬はすぐに合わないとわかった。
だって、翌日もだるくて眠くて体が言うことを聞かない。
でも働かなきゃならないから辛い。

それで、中止にしました。
頭痛薬は調べてみると眠くなるらしいので、朝夕と言われたのを寝る前だけにしようかな。
眠剤は、私には合わないみたいだな。
まぁ今まで寝られない時は目をつぶって楽しいことを考えることにしていたので、薬には頼らずにそんな風に自分を鍛えることにしよう。



コメント

ブレスト・インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫 について。

2019-06-30 20:00:16 | 再建後の経過2019
さて、先週、主治医から指摘された水の被膜(だと思う)がどんなものか、自分なりに検索してみました。
あら、割と出てくる。そうして、ヤバい。

痛みを伴っているので、相方がめっちゃ気にしてます。私は以前、膝に水がたまったことがあり、その時は熱冷シートを当ててしっかりサポーターで固定して体内吸収させたことがあり、それを試してみました。
いや、ダメでした。インプラントは冷やしちゃだめだ。返って痛みが増す。
しかしなぁ、この痛み、何となくインプラントが重みで下に下がって傷を作ってるような気がするんだよなぁ。胸の筋肉を鍛えたら、しっかり支えられるのかしらと思ったりもします。

で、前回の時のように取りあえず腰痛用のサポーターを胸の下部分にして、ロキソニンを一日一回飲んでいます。前回より治りは良くない。
でも、多少の効き目はあるようなので、しばらく様子を見ることにしました。
あまりにもダメだったら、病院に行こう。

で、今後のために、そのリンパ腫について書かれたレポートを貼り付けます。




Q1:ブレスト・インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫 (以下 BIA-ALCL と略示)とは何ですか?

A: BIA-ALCL は、乳房再建術または乳房増大(豊胸)術でブレスト・インプラント(ゲル充填人工乳房)を挿入された方に発症する可能性がある発症頻度の低い T 細胞性非ホジキンリンパ腫の型の一つです。
乳腺組織から発生する癌(乳腺悪性腫瘍)とは異なるもので、インプラント周囲に形成される被膜組織から発生する増殖性の腫瘍です。ALCL は、他の人工物(整形外科用インプラント、歯科インプラント、注入ポート等)埋入症例でも報告されています。多くの場合、手術後に一定期間経過したにもかかわらずインプラント周囲に増生する貯留液や被膜の腫瘤形成などにより乳房が腫大する兆候がみられます。他の ALCL と異なり緩徐に進行し、手術後の適切な定期健診において確認された場合においては、外科的治療などにより十分治癒が見込めます。しかし、治療開始が遅延したことで化学療法や放射線治療が必要となる場合や、非常に稀ではありますが死亡に至った症例も報告されています。

Q2:BIA-ALCL が疑われる場合、どのような症状がみられますか?

A:一般的には、乳房インプラントを挿入してから一定期間(平均 9 年)経過してから乳房が腫大する(乳房が大きくなる)兆候がみられます。その他、乳房や脇にしこりを触知する、乳房の変形や潰瘍形成がみられる、痛みを自覚するといった症状がみられることもあります。ほとんどの場合、画像検査でインプラント周囲に持続的な液体貯留が確認されます。

Q3:BIA-ALCL が発症しやすくなる要因はありますか?

A:インプラントの表面性状が発症リスクに関与している可能性があります。これまでのところ、インプラント外殻の性状がテクスチャード(表面がざらざらした性状)タイプの使用例での発症が報告されている一方で、スムースタイプ(表面がつるつるした性状)のインプラントしか埋入したことのない症例での報告はありません。しかしながら、これまでの情報ではスムースタイプでの発症を完全には否定できるわけではありません。現時点で、免疫反応、遺伝的要因、インプラントを取り囲む生体膜への細菌感染の関与も疑われていますが、はっきりとしたことは分かっておりません。

Q4:BIA-ALCL は知っておくべき情報ですか?

A:すべての乳房インプラント手術を受ける前に正しい情報を知っておくことが必要です。 BIA-ALCL を発症することは稀ですが、正しい情報を知らなかったために、治療が遅延してしまう可能性があります。
これにより、負担の大きい治療が必要となるケースや、場合によっては重篤な結果に至ることも考えられます。BIA-ALCL を疑う典型的な症状や手術後の定期診察の重要性を理解することは特に不可欠といえます。

Q5:インプラントの性状の違いが発症率に影響しますか?

A:BIA-ALCL は、テクスチャードタイプのインプラントで発生しやすいようです。現在、日本の保険診療内で使用することが許されている乳房インプラントはこれに含まれます。今日までに、スムースタイプのインプラントしか埋入したことがない症例で BIA-ALCL の発生は報告されていません。

Q6:どのような患者においてリスクが高くなりますか?

A:公表されたデータおよび研究に基づく BIA-ALCL の現在の危険因子は以下のように考えられております。

1.インプラントの表面タイプ
テクスチャードタイプのインプラントに発症しやすい傾向がみられます。

2.遺伝的素因
ある特定の遺伝子の変異が関与しているとする報告があります。また人種間で発症率が異なることも示唆されています。

3.炎症、感染、アレルギー反応
何らかの理由によって炎症、感染、アレルギー反応を生じやすい方に関与しやすいという見方がありますが、これについては確かなことはほとんど分かっておりません。

4.経過時間
BIA-ALCL は多くの場合、インプラントの留置から一定期間(平均 9 年間)経てから発生することが分かっています。

Q7: BIA-ALCL の発生頻度を教えてください

現在発表されている BIA-ALCL の発生頻度は、インプラントの出荷数から、1/3817-30000 とされています。米国における生涯罹患リスクは 1/30,000 と推察され、オーストラリアおよびニュージーランドからは、1/1,000-1/10,000 と報告されております。これまでにアジアでの報告は日本の 1 例を含めた 4 例のみで、この違いは、地理的・遺伝的傾向を示している可能性が示唆されています。

Q8:BIA-ALCL の可能性が疑われた場合、どのような検査や処置が必要ですか?

A. BIA-ALCL であることを否定するために以下の流れで画像検査や穿刺細胞診、あるいは外科処置を行うことが勧められます。まずはインプラント周囲の貯留液と被膜の腫瘤形成の有無を超音波検査(もしくはその他の画像診断)を使用して検索します。貯留液が確認されたら、医療用針を用いてこれを採取し、含有細胞の特殊検査を行います。腫瘤形成がみられた場合は、特殊な針を用いるか、外科的にその組織を採取し病理組織診断を行いま。万が一 BIA-ALCL と診断された場合は、病気の広がりを検索する画像検査を行ったうえで、被膜を含むインプラントの外科的全切除、あるいはその他の補助療法を用いて治療を行います。

Q9:BIA-ALCL の治療と予後について教えてください。
A:多くの場合は、挿入されているインプラントを、インプラント周囲に形成される被膜組織とともに切除します。周囲にしこりがあれば一緒に切除します。BIA-ALCL の予後は腫瘍のステージによって変わります。ステージとは腫瘍の進行度を分類したもので、以下のようにⅠからⅣまで分かれます。
ステージⅠ 腫瘍が被膜内にとどまるもの
ステージ II 被膜を超えて広がる、またはリンパ節転移を認めるもの
ステージ III 被膜を超えて広がり、かつリンパ節転移を認めるもの
ステージ IV 遠隔転移を認めるもの
ステージⅠで腫瘍が完全切除された場合、再発は少なく、治癒が期待できます。一方完全切除できなかった場合やステージⅡ以上では、化学療法や放射線治療が必要になり、この場合の予後は進行度に応じて不良となります。全ステージを含めた5年生存率は 91%と報告されています。

Q10:乳房インプラントによる乳房再建を受けましたが、インプラントを予防的に除去すべきですか?
A:症状のない患者さんに対するインプラントの予防的除去は現時点では推奨していません。

Q11:乳房インプラントによる乳房再建を受けましたが、BIA-ALCL の検査を受けるべきですか?
A:症状のない患者さんでは、BIA-ALCL を発見するための確立された検査方法はありません。手術を受けた医療機関で定期的に診察を受けてください。一方、症状、特に乳房の腫れやしこりがある患者さんはすぐに主治医に相談してください。

Q12:BIA-ALCL に関する海外の動向を教えてください。
A:BIA-ALCL はまれな疾患で死亡率も低いため、十分な説明と同意のもとにインプラントを挿入し、その後は定期検診をすることが推奨されています。
ただし、使用を制限した国もあります。日本で使用しているアラガン社のインプラントは、フランス、カナダ、そしてシンガポールで使用が制限されました。また、CE マークを使用している EU諸国において、アラガン社のインプラントは CE マークの有効期限が切れたために販売が停止中です。

Q13: BIA-ALCL による死亡例はありますか?
A:米国の形成外科学会では、世界で 722 例あり、死亡が 21 例あったと公表しています。

Q14:乳房インプラントによる乳房再建を受けましたが、どのような間隔で医療機関に行けばいいですか?
A:手術を受けた医療機関で主治医の指示のもと定期的に診察や検査を受けてください。乳房インプラントを用いた乳房再建を施行した患者さまは、10 年以上の経過観察を行い、定期的な診察とともに約 2 年に1回は MRI や超音波検査を施行することが推奨されます。

                    日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会(JOPBS)
                    事務局 e-mail:jopbs-office01@shunkosha.com
コメント

診察日でした。

2019-06-23 21:25:08 | 再建後の経過2019
昨日は診察日でした。
半年に一回となると、事前に血液検査が入るのねー。順番待ちしてたら突然事務員さんから「先生が指示を忘れてて、このまま血液検査を先にしてください」と言われ、慌てて処置室へ。
検査結果を待っていると時間がなかったので、結果を聞くことなく診察室へ。

久しぶりのエコー。
おおおお。
診察っぽい!!(笑)

まだ、時たま術下のアンダーバストライン一部分が痛くなる。
で、主治医に「まだ痛む?」と聞かれて「時々」と答えて、
よくよく話をすると、痛む側は健側だと思っていたのよー。ビックリだわー。そんなわけないじゃん。

でも、エコー結果で、インプラント側に水が溜まってきている、と。
えええええ。
どこっ、どこに溜まっているのっ。
「一か所じゃなくて、全体に」
皮膚とインプラントの間にうっすら水が溜まっている模様。(多分)そういう人は時々いるらしい。
で、本来、水を抜いて検査するけど、多くないので針を入れるとインプラントを破るかも、な感じらしい。
まさかのっ。

痛みで体液か血腫ができてるかなとは思っていたけれど、リンパが覆っているとは。
「最近の研究で、水が多くなってリンパ腫になるかもって言われてきてるんだ」
まじですかー。
これまた、やっかいな。
まぁ、また半年後に様子を見ようということで、
「で、検査はどうする?」
おっ?
あんなに完治したから検査なんていらないって言ってたのに、検査してくれるんだー。

・局部を診るためにMRIにするか
・全体を診るためにCTにするか
・PETにするか

「先生はどれがいいと思う?」
「じゃ、CTで」

半年後は、血液検査とCT検査です。
取りあえず、違和感があればすぐに来るということで。
そういうことはないといいなぁ。

あ、さらしブラね、着ました。
写真を撮ろうと思っていたんだけど、先週は相方がダウンして大変だったので取れなかったの。ただ今洗濯中。
使い勝手はイマイチですかねー。
なかなかいいのがありません。
ましてや、水が全体に溜まっているとなるとねー。
どうしたものやら、ですわ。
コメント

さらしを注文してみました。

2019-06-09 21:20:59 | 再建後の経過2019
んー、ブラ難民まだまだ更新中なのです。
まさか、再建してこんなことになろうとは。

寝返りを打つとインプラント側のアンダーバストの一部分に痛みが。
前ほど痛くはないのですが、やはり痛いのは嫌。
寝返りを打つのも注意しないといけないなんて、不便です。
寝返りなんて寝てる間にしてるしね。

で、前に記事にしたことのある、バタフライで再建後の別のブラがあったことを思い出し、購入してみることにしました。
まだ届いてないので、届いたら写真をアップしますね。

それは、ずばり、さらしタイプのものです。
こう、胸をね、マジックテープで包み込む感じのものです。
言ってみれば、バストバンドのブラジャー版みたいな?
やはり大きめのインプラントだから、重力のせいで下に下がりたがって、そこから炎症を起こしかけてる、って感じなのです。

だから、ブラで少しでもしっかり支えてやれたら楽になるかなぁと思って。
上手くいくといいな。

今月の22日は半年ぶりの診察日。
さらしプラを巻いて行ってやろうかしら。(笑)
コメント

毎日暑いですねぇ。

2019-05-26 21:25:58 | 13年目の雑感
いやぁ、そんなにあくせく働いてばかりいるわけではないんですが、結構身体にきてます。
もしかして、年のせい?
・・・いやいやいや、まさかね。

とはいえ、暑さにもやられそうな毎日です。
真夏になったらどうなっちゃうんでしょうね。

たいしたことも書けないので、昨日かかってきた面白い話を。

店の電話がなったので「はい、〇〇です」と会社の名を名乗ると
「××さんじゃないですか」と女性の声。
それは屋号だったので「はい、××です」と答えるや否や
「今日、そちらである石川さゆりのディナーショーですけど」
は?あの、石川さゆりのディナーショー?

もちろん、うちではありません。
うちの店でディナーショーなんて出来る広さはありません。(笑)
「それは旅館の方ではないですか?(同じ名の旅館が存在します)お掛け間違いですよ」と答えると
電話の向こうでおばさまの大爆笑。
いやいや、と苦笑する私。
バイトたちは「店でやる、石川さゆりのディナーショー、見てみたかったなー」と言っておりましたが。
コメント