実録!!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

TOEIC990満点講師ウィットロック慶子が記録する、KING君との個人レッスンの実話!ガンバレKING君!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

某専門学校願書提出!合格なるか!!~本当の愛情って何だ?

2009年02月23日 | Weblog
ついに、KING君は、卒業見込みをもらえるようになり(注:まだ卒業は決定してませんが)

実は、KING君は生まれて始めて自分から「行きたい」と思ったゲーム関連の専門学校の出願締め切りは、なななんと明日!24日でした!

KING君は、もちろん出席日数は足りなくて・・
普通の高校なら、もうなにをどうがんばったって、卒業はできないんですが・・
自由の森学園は、課題をこなせば卒業させてくれるのです・・
でもその課題もなかなかそう簡単ではなく・・
3月8日の卒業式の時点で卒業が決まってない子達ってのはけっこう多いらしく・・
毎年、そういう子達も卒業式に参加するんですけど(自由の森学園の卒業式は、子供達主導の自主的感動イベント!)
ま、一応卒業証書だけは、おあずけってことで、4月すぎてから、5月とか6月とかにがんばってついに卒業証書もらう子も多いらしい・・

もちろんKING君の卒業もまだ決まってませんけど、一応卒業「見込み」もないと、「調査書」は出してもらえなくって、それで、今のいままで、KING君はその、某専門学校に出願できずにいたんです・・

でも、明日が締め切り!

明日の時点で調査書がないと、KINGクンは、来年、ただのフリーターです・・

せっかく生まれて始めて「行きたい」って思える学校に出会えたのに・・

そのことは担任の教員にも話してありました・・
でもだからって、簡単に調査書を出すことは、けっしてKING君のためにはならない・・

だからって、出願できないってのも・・

とにかく、日本語の「サンショウウオ」の「小説論」というのを書けば、とりあえず、卒業見込みはもらえて、調査書をもらえる、というのは、年末から、KING君は聞いていたんですよ・・

でも、小2から、ずっと学校に行かず、ゲームの攻略本とかのおかげで、読むのはできるようになっていても、「書く」ということをほとんどしておらず、おまけに、もともと書くのは好きではないらしく・・

KING君にとって「書く」作業は、ことさら大きな試練なようです・・
そこにもってきて、その「小説論」ってのは、「感想文」じゃあないんですよね・・
「感想文」も実はまともにかけないKING君にとって、それはそれは大きな試練だったんでしょう・・

ずるずると後回しにして、ついに、こんな時期になってしまった・・
とりあえず、書いて提出してみるも、あまりの稚拙な文章と内容に、「やり直し」がいいわたされる・・

でも、専門学校の締切日が迫ってくる・・

でも、書けない・・

でも日にちが迫ってくる・・

でもやっぱり書けない・・

それで、KING君は、もう、最後の手段に出たのです・・

あの、話しをしないKING君、どの教員に対しても一切会話をせずに、本音をガードしているKING君が、ついに、日本語科の教員のところに出かけました・・

「実は、どうしても書けないんだ」と伝えたのです・・

ま、私達にしてみれば、どおってことないんですよね、この行動・・

でもね、小学校2年生の小さい男の子だったころに教員に対して心を硬く閉ざしたKING君がね、今もう182cmヒゲづらのガタイでこんなこと、教員に言いにいくのはね、かなりの勇気のいる行動だったに違いないんですよ!!

でもね、それでも勇気をふりしぼるほど、KING君はその専門学校に行きたかったんですね!!

おかげで、教員から、ヒントをもらいました・・

その後KING君はまた最も彼にとって苦痛な作文をがんばって仕上げ、ま、もちろんそれでも稚拙だったでしょう・・
でも、教員から一応OKが出て、調査書がもらえることになりました・・
で、それが先週の木曜!!

それで、事情をしっている担任の教員が急いで調査書を書いてくれるのかと思いきや・・
なななんと、「この学校で学んだこと、留年したこと、専門学校でしたいこと」を作文を書けと!!!

KINGクンにとって、一日でそれをするのはまあ、至難の業なんだって、担任の教員も知ってるはず!!
しかも、その専門学校は、作文の提出なんて要求してないのに!!
しかも、金曜の8:45にそれを持参しろと、KING君の一番苦手な早起きを、要求!!
あ、すいません8:45なんてあたりまえとおもっているあなた・・
ま、あなたの言い分はもっともですが・・
実は不登校ひきこもり生にとって「朝」ってのはものすごく起きれないですよ・・

でもやりましたね!!
KINGクンは頑張った!!
頑張って作文を仕上げ、おまけに8:45に学校に行けたのです!!

KINGクンだけでない、不登校ひきこもり生が身近にいる方なら、これが、どれだけものすごい感動の物語か、おわかりいただけると思う!!
それだけ、KINGクンはその学校に入りたいんだ!!

あ~これで一安心・・
金曜に調査書もらえれば、金曜のうちに願書速達で郵送すれば、火曜日には確実にとどくだろうと・・

誰もがそう思ったのもつかのま!!

Alar!もう一度書きなおせと!!もっと詳しくと!!
それで、このKINGクンがなななんと、即座に書きなおし、金曜の昼ごろ提出するも、なななんと・・

また書きなおせと!!!


えええええええええ!!!!!!!
それで、月曜8:45にもういちど来いと!

ななななに??月曜午前中に速達で出さなきゃ間に合わないよ!!!!!!

もうこれ以上書けないKINGクン・・
でも書かなきゃ願書が・・
それでも書けない・・
それでも、KING君はどうにも、これ以上書くことができなくて、また先送りしまくり、ついに、昨日の深夜作文にとりかかったのです!!

ところが、世の中ってのは・・
事実は小説よりもなんとやらで・・

なななんと、KING君が作文にとりかかる前に腹ごしらえと、チキンを食べようとしたところ、なななんんと、KING君ちの飼い犬がKINGクンの唐揚げを食べてしまったのです!!!

怒ったKING君!!
その超大型犬に戦いを挑み!!
結果、超大型犬に右手を噛まれてしまったのです!!

いやあ、犬に噛まれたことがある方はおわかりでしょうけど・・
子犬でも、噛まれると、そりゃあ痛いですよねぇ・・

それが、あの超大型犬の成犬に噛まれるとは!!

・・・・・・・
そう・・KING君は字が書けなくなってしまいました・・

いやあ・・・
すごいことがおきるもんです・・

KING君は、担任に電話しようと思いました・・
でも、もう、それは夜中・・
人に電話をかけるような時間ではなく・・

しかたない・・
お母さんがかわりに代筆することになったのです・・
でも、これがよかったのです・・
代筆したお母さんは、KING君のあまりに稚拙な文章表現や句読点の打ち方とかを直してあげられて、しかも、右手が使えなくなるという、それをしてもらっても良い状況になっていたのです!

神はいかに完璧な計画をもっているのでしょう!

家族ぐるみの大騒動になったこの日、ついに、KING君の作文は完成しました・・

今日、月曜8:45・・

お母さんはあまりに遅くまでがんばったので、起きることができなかったそうです・・
で、なななんと、KING君が不登校ひきこもりになってから、始めての記念すべき感動のできごとがおきたのです!!!!

そう、朝、KING君が自分でおきて、そして、なななんと、KING君がお母さんを起こしてあげるという・・

こんな、こんなことが起きるとは、一体だれが想像したでしょう!!

お母さんは感動していました!!

そして、ついに、作文を提出し、昼くらいに、KINGクンは調査書をとりに行きました!!

ついに、KING君は調査書をゲットできたのです!!

万が一明日までに速達でも届かないといけないので、お母さんが、明日、直接専門学校に願書を届けることになりました!

そして、調査書をもって帰ってきたKING君!!

そしてそしてそして・・

おお、みなさん、ハンカチの用意はいいですか?(笑)


なななんと・・・
なななんと・・・

KING君が持って帰ってきたのは、調査書だけではなかったのです!!

そう、KINGクンは2つの封筒をもって帰ってきました!
もちろん一つは調査書!

そそそおそそして!!!!

そそおそwそして、もう一つは!!!!

桃もももう一つは!!!!!!!!!









おおおおおおおおおおお!!!!

なななんと、KING君は学校推薦をもらいました!!!

普通、優等生しかもらえない、学校推薦!!

学校推薦を!!

学校推薦を!!

KING君は学校推薦をもらったのです!!!

KINGクンは学校推薦として、明日、願書を提出します!!!

なんか、ちょっといじわるなんぢゃね?って少しだけ思っちゃった瞬間もあった担任の要求・・

でも今思うと・・

これって、愛ぢゃね??

愛ぢゃね??

愛ぢゃね?
愛ぢゃね?
愛ぢゃね?
愛ぢゃね?
コメント