実録!!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

TOEIC990満点講師ウィットロック慶子が記録する、KING君との個人レッスンの実話!ガンバレKING君!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10回目:3ヶ月と3週間~「信じる」ということ・・

2008年07月31日 | Weblog
さあて、もう4ヶ月にもなろうというのに、実は、やったレッスン10回だけ??

ま、しょうがない、気楽に楽しみながら、続けることが一番!

あくまで、「やらされてない」んだっていう意識を常に確固と持ち続けるためにも、周りがあせったり、根性論をかざしたりしてはダメ!!ま、当たり前だが(笑)

てな話で始まっているので、みなさんもお気づきでしょうが、またKING君今週もお休み・・

ちゃんと理由はあって、なんか、KING君はいつも日曜日に遠出をするんだけど、最近暑いせいか、疲れてしまうらしい、で、いつも火曜日の数学の個別指導塾の日にちを変更するんだけど、今週は水曜のはずだった英語も、まだ体調悪く、宿題も途中までやって勉強する気はあるらしいんだが、今週もお休み・・

ま、いいじゃないか♪

さて、かねてから予告していた「重ぉぉぉ~い」お話を今日はしようと思っとります・・

なんか、最近、KING君のブログ、重いこと書く専門ブログになりつつあります・・(汗)

今日は「信じる」ということ・・
なんか、もっともらしい題だが・・

えっと、私のように、日ごろ英語を教えていると、色々な質問を受けます・・
そして、自分ではわかっているつもりでも、いざ、言葉で説明しようとするときに、新たな発見をすることが多いんですよね・・

英語を教えているのに、結局、日本語に改めて向き合うチャンスに出会うんです・・

たとえば、teachという単語・・
これは「教える」と、みんな学校で習ってますよね・・
そうすると、「教える」はteachだと思うわけです・・

でね、たとえば「電話番号教えて」というときも、teach
を使っちゃうわけ・・

それは違いますよね・・

つまり、ここで、初めて日本語の「教える」と英語のteachは、全く同じなわけではないことに気づき、また、日本語の「教える」ってどういう意味だろうと、考える機会に出会うわけです・・

そこで思うに、日本語の「教える」にはおおざっぱに二通りの意味がある。

つまり、学問を「教える」teach
と、なにか知らない情報を伝えるという「教える」tell

ってなわけです・・

そんなことはたくさんあって・・

でも、そういう考えかたで、「信じる」ってどういうことだろうって考えると・・

実は「信じる」ってなんだかわかんなくてさまよっているような言葉に思える。
よく

「自分を信じろ」
とか、
「オレが信じられないのか」
とか、具体的にどういうことが、よくわかんない・・

ま、また長くなるんで、私の思う結論だけ言ってしまうと・・

「自分を信じる」とは、
「人の目には、自分は価値のないとるにたらない者のように思われることがあったとしても、かならず、才能があり、世の中に貢献する価値ある命であり、夢は必ずかなうのだ」と信じて疑わないということではないか、と思う。


最近、知人を通して非常にアブナイ人に出会いまして、当然、常識ある現代人ならば、ちゃんと警戒して用心してつきあう、つまり、「疑いながら」意思疎通をする、という対場の方で、もしそれをせずにつきあって、だまされたなら、警戒しない自分がバカだったのだ、と誰もが普通に思うような、そんな怖あぁぁぁ~い業種の方でして・・(汗)

もちろん、私は、人が生きる意味のなかで一番尊い社会への貢献は、「愛をプレゼントすること」だと考えとりますんで、もちろん、そのような方に出会ったからには、これはこれは「愛をプレゼントする」絶好のチャンスと考えたし、それが、この方に知り合った私の使命くらいに思いました・・

私は、別に普通に話していたのですが、その人は「こういう世界にいると、食うか食われるかの毎日で、誉められたりすることなんてないから、誉められると、どういう反応をしていいのか、戸惑うな」と言ったので、まずびっくりしました。なぜなら、別に誉めたつもりもなかったので・・

それならば、ということで、「え、もっと思いっきり誉めることだってできるよ」
というと、

「じゃあ、やってみて。」といって、はい、みたいなかんじで、黙って座って、私が誉めるのを待ってました。

で、思いっきり思いつくかぎりに誉めてあげたら、ただニタニタしてうれしそうでした。

これは、私は少しは愛をプレゼントできたのかな、ってとっても充実感を得ることができたんです・・

ただ、私は、そんなことを言いながらも、その人を疑うことはしっかり忘れていませんでした。

その人の職業は、人から金をぼったくることであり、まあ、法的に詐欺罪じゃないのかなって思うようなことなんですが・・

私と多少の交流を始めたのも、おそらく、英会話スクールを経営してるので、金があるんじゃないかって思ったんだろうってのは、まあ、疑うもなにも、本当だと思いますけど・・(汗)

もちろん、本人はそんなそぶりは微塵も見せませんけどね、そりゃあ・・

愛だの何だの言っても、結局、腹の底でマジで疑ってるので、ちょっとした言動にそれが表れてしまいます・・(汗)

それで、ひょんなことから、「私からお金はとれないから、それでもよいなら」みたいな、ま、そんなストレートには言いませんでしたけど、そんなことをついつい言ってしまった時
「そんなこと、一言も言ってないでしょ」と言われ、確かに、自分の本心が口をついて出てきてしまったことに気づきました・・

私は言いました。
「疑ってしまってごめんなさい。疑うのは、自分を守ろうという行為だと思う。信じてしまうと、自分に不利益をこうむりそうなので、自己防衛のために疑うのだと思う。人を本当に信じるというのは、信じてしまったら、自分が損をするかもしれないが、それでも、あえて、自分が損してもいいから、その人を信じてみようという、ことであって、自分を犠牲にする程の覚悟があってこそ、本当の愛(隣人愛)だと思う。疑ってごめんなさい。」

その人はやっぱり私をだまそうとしてたと思いますけど(事実として)そこで、一瞬言葉につまって、沈黙の時間が流れました。

なんの犠牲も払わずに、ただ誉めてあげるのは、以外と簡単です♪
何も損しませんから♪

でも、自分が多大な損をしそうな境遇においても、あえて、「だまされて損をする」という危険を冒しても信じてあげる、というのが愛であり、それをしてあげてこそ、人は「愛を知る」のでしょう・・

いつも万引きの常習犯の子供がいて、その子に盗まれないようにいつも人が用心しているような状況の中で、そして、また明らかに万引きしたような状況の中で、おまけに、みんなが「どうせまたあいつがやったんだろう」みたいな空気になっているときにも「そんなことをするような子じゃないって信じてるよ。万が一やってりしまったんだとしても、きっとそれなりのやんごとなき事情があってのことだろう」って本気で思っている人にであったら、その人との出会いは、どれだけその子の人生を変えるだろうか・・

勉強もしない、仕事もしない、一日中寝て食べてゲームして・・

学歴もなければ、職歴もなく、年ばかりとっていく・・

誰だって不安になります・・

「このまま一生自分で生きていけなかったらどうしよう」
「このままだと仕事も一生できない」
「近所の人や親戚はどう思うだろう」
普通はそう思ってしまうのもまあ、当然かもしれません・・

けど、
「必ず、大物になる!」
「今はただ、お休み中なだけ」
と、根拠なく、深層心理の奥底から全く疑わずに、本気で信じてあげるとき、

意外と人って、
「あなたのこと信じてるわよ!」とか力入って勇気づけたりしないで、

意外とのんびりかまえて、ゆっくり生活するもんじゃないのかなって・・
だって、この人、今にしっかり働きだすんだから・・
「仕事始めたらなかなか休めないから、今のうち休んでた方がいいよ」
くらいのコメントがでちゃうものなんじゃないかなって・・

自分が世間からどう思われてもかまわない、一生この人の分まで働かされてもかまわない、とにかく信じて疑わず、希望を「本気」でもつとき、人ってガソリンとしての「愛」をガソリンタンクにためていくのかな、などと思った・・
コメント

第10回:3ヶ月と2週間~今日もお休み♪

2008年07月28日 | Weblog
すいません・・ブログ遅れました・・
実は先週KING君は事情あって休み・・
その事情は・・
最近KING君は数学の個別指導塾にも通っていて、それで、そこは火曜なんですけど、それキャンセルして、KING君が英語やるはずだって木曜にかわりに入れちゃったという次第・・

おまけに、私、今回8月から月曜の新しい外国人講師の面接やら昨日のTOEIC受けるんやらで忙しく、今の今までブログ更新サボってまして・・

昨日のTOEICですが、ついに、私、990点満点とれたかも!!

一ヵ月後のお楽しみですねぇ~♪

さて、そんなわけで、スイマセン、実は今日書きたい深いぁ~い話もあるんですけど、また来週です・・
コメント

第10回目:3ヶ月と1週間~車はガソリンがないと動かない・・じゃあ、人間は?

2008年07月17日 | Weblog
はい☆
KING君、かなり良いペースに乗ってきてます♪
なんか、英語の勘みたいなものが、身についてきているようです♪
なんか、スピードも上がってきてます♪

昨日は未来形と助動詞をまたやったんですが、どうやら、未来形は、かなり完全に理解したようですね♪

リスニングも単文ならば、問題なくリピートできて、意味も理解できてます♪

さあ、今回中学文法本終わったら、本格的にTOEICbridge用にレッスンを始めましょう!!

さて、最近思うんですが、車はガソリンがないと動かないんですよね・・
どんなにカッコ良い車でも、どんなに性能の良いクルマでも、ガソリンがなくちゃあ動かないんですよ・・

で、ガソリンがないのに、「がんばれ」ってったって、そりゃ、動かないでしょ・・

「怠け者!」「自分の人生このまんまで良いと思うのか?」とか叱咤したところで、動くはずがないのは、あたりまえですよね・・

とにかく、ガソリン入れなきゃ・・

で、ガソリン入れたところで、それだけじゃまただめですよね・・

エンジン入れないと・・
そのためには、カギがないと・・
カギがあったら、カギ穴にいれて、ねじらないと・・
それで、バッテリーもちゃんと使える状態じゃないと・・

でも、それでもなんでも、とにかくガソリン入れなきゃとにかく、意味ないの・・

ものすごくカッコよくて性能の抜群なクルマ・・
そのクルマにガソリンが入ってない・・

と、意味がない・・

でも、ものすごくカッコ悪くて、ボロボロで、性能も最悪なポンコツなクルマでも、ガソリンが入ってれば、一応走るし、荷物も運べる・・

人間も同じかな・・

人間にとっての「ガソリン」は「愛」かな?

どんなに見た目がカッコよくっても、どんなに頭がよくっても、どんなに身体的能力が優れていても、どんなに芸術的センスに恵まれていても、「愛」がないと、動かないんだな・・

そうすると、せっかくの、その才能を最大限に活用することができないんだな・・

でも、考えてみれば簡単なことだな・・

「愛」をあげればすむだけのことだもの・・

「愛」はタダだし、「愛」をあげるのに、何も難しい知識もいらなきゃ、特別な技術もいらない・・

ただ、「愛」をもらうのは、事と場合によっては難しいかもしれない・・

周りに、「愛」をくれる人がいなかったら、もらえないんだよね・・

・・・・というわけで、動かない人、働かない人、学校に行かない人とかは、多分ガソリンがなくなっちゃってるんでしょうから、「愛」をあげましょね♪

コメント (4)

9回目:3ヵ月後~リスニング開始!!

2008年07月11日 | Weblog
さあ、やっとKING君復活!!

今日からリスニング開始です!!

TOEICbridgeはよくできてて、まず、最初は現在進行形ばっかり並んでて、次がThere is ------前置詞~  みたいなのが並んでたりして、系統だって、基本も学べるので、教材としては、とってもGOOD!!(エドはるみかっ!!)

とにかくKING君は耳が良い・・
何度も言いますが、小さいころ、わがPTLの子供英会話に通ってたんで・・
ホームページです・・↓
http://www.k4.dion.ne.jp/~eikaiwa/

さてさて、まず、リピートをしました。

それから、今日の文法は代名詞と過去形。
理解は完全にしてます!
でも、代名詞の変化した形と不規則動詞の過去形はまだまだ完全には暗記できてません・・
でも、ま、こういうのは、丸暗記するのも一つの方法ですけど、出てきたたんびに自然に覚えていくってのが、本来の入ってきかたなんでしょうから、自然にしてます・・

今度、PTLでTOEIC450点目標くらいの、基本文法を一冊にまとめた書き込み式のワークブックみたいなのをみんなで完成する補講しようと思ってて、ソレは、KING君も一緒にって思ってます・・

クラスに現れてくれるかしらん??

コメント

8回目:二ヶ月と3週間後~1人が幸せになると、1人が不幸になるのか・・

2008年07月03日 | Weblog
やってまいりました!!
今日もシリアスネタ、大ばく進中のPTL英会話&TOEIC慶子社長です!!

http://www.k4.dion.ne.jp/~eikaiwa/

さてさて、昨日は、KING君、まだクラスメート達が沖縄に修学旅行中なので、天気も良いし、サイクリングに出かけました♪
結構なことなのですが、なななんと、車でも往復2時間くらいかかるところに行ってきたので、レッスンの時間前には帰宅したはものの、あまりの疲労のため、レッスン断念・・

でもって、もうすぐ3ヶ月になろうとしているのに、依然、レッスン数は7回のまんまです・・

でも、出かける前に宿題を終えていたところをみると、やる気はあるようで・・

ま、また来週から本格始動ですな♪

さて、今日の超シリアスネタですが・・

実は、ずっとずっと昔、KING君は「1人が幸せになると1人が不幸になるんだ」と言っていたのが気になって、いまだに覚えてます・・

あれはいつごろだったかな・・
とにかくKING君がまだ、PTLの子供英会話に通っていたころです・・

まだ世の中のこととか、手探り状態の子供達にとっては、「幸せ」っていったい何なのか、ってのは、なんだか、そんなところからスタートするのかもしれませんけど・・

ただ、実は、私がもう1人担当している、元不登校の高校生の子がいて、そういえば、彼女も、中学生くらいのときに、おんなじことを言ったんですよ・・

「1人が幸せになると、1人が不幸になる」

その時は彼女と話す時間がたっぷりあったので、何でそんなこと思うのか聞いてみたんですよ・・

そうしたら、こう言ってました・・

「かならず誰かがイジメの標的になる。

たとえばいじめられてる人がいじめられなくなったって、また誰か他の人がいじめられる。

だから、助けてあげても意味がない。なぜなら、また他の子がいじめられるから。
おまけに、下手に助けると、今度いじめられるのは自分になる。

だから、1人が幸せになると1人が不幸になる。」

KING君も同じことを感じてたのかな・・

彼女とクラスの中の人間関係のことを話していると、本当に、複雑に絡み合ったどうにもならない現状に遭遇する。

「いじめはいけません」とか
「いじめられたらやりかえせばいいじゃないか。やりかえさない自分がいけないんだ」とか
「いじめられる方にも問題がある」とか、
なんか、そんな言うのは簡単だけど、それを、かんたんに言うこと自体が、子供達にしてみれば
「この人に話してもしかたがないんだな」というような、「大人は助けてくれないんだな」的な、社会に対する失望感を生むだけですよ・・

だって、彼等にしてみれば、本当に魂の芯までズタズタに傷つけるような、社会的いじめ(子供達にしてみれば、クラスや学校ってのは社会の子供判)から、逃げるということは、もう自分は社会で生きていけないのかもっていう敗北感や不安感でいっぱいになることなんだろうから・・言うのは簡単だけど、実際、自分が本当にいじめの標的になるかもってのは、ものすごく恐ろしいことみたいだ・・

それで、友達選ぶのも、なにもかも、いじめの標的になったらどうしようっていう恐怖感から決断してるみたい・・

そこで私が思ったこと・・

「いじめられなくなること」が幸せなんじゃないってこと・・
幸せって、もっと嬉しいものだよね・・

いじめられなくなったら、本当にうれしいんだろうけど、それは、それだけイジメが本当に酷だから・・

いじめられない人生なんて、本当は普通の人生なのにね・・

それに、いじめ、いじめられている「場」には「幸せ」なんてものは一切ない・・
実はいじめてる人が一番不幸なのかもしれないし・・

そこには「不幸」が充満してる・・
「不幸」は「不幸」を呼ぶだけ・・

でも「幸せ」は「幸せ」を呼ぶ♪

人が集まっているところで、1人の人がものすごくお腹かかえて、ヒクヒクいいながら、涙流してバカ笑いしてると、何に笑ってるのかわかんなくっても、なんか、一緒に笑ってしまうよね・・

そんな時一瞬でもイヤなことが忘れられるし・・
「幸せ」は「幸せ」を呼ぶと思う・・

だから、私は、こう言いたい!!
「1人が幸せになったら、100人幸せになる!!」

ということでどうでしょか?


コメント