実録!!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

TOEIC990満点講師ウィットロック慶子が記録する、KING君との個人レッスンの実話!ガンバレKING君!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

16回目:5ヶ月と3週間~「やる気」って何だろう?TOEIC260点~310点へ!!

2008年10月12日 | Weblog
4月に初めて始めたとき、KING君はTOEIC推定点数260点でしたが、今回もいっかい推定しまして、310点になってました。

ま、たった50点といえば50点ですが・・

この点数的に、少ない端っこの部分的には50点ってのは大きいですよ・・
まあ、端っこといえば端っこにいる私も、半年前は945点だったのが、こんかいひょっとして990点とれたかもってのでやっぱこの50点の力の差が大きいのはすごく感じてますからね・・

ま、休みも多かったし・・
約半年のうち、まだレッスンは15回しかしてませんしね・・

宿題も、一回につき問題集1ページくらいで・・

じゃあ、やる気がないんじゃないかって世の人は思うかもね・・

だってサ、私にとって、一週間に問題集1ページでレッスン一時間で、なんで、やる気があるって言えるのかって思っても無理はないってか、だって、私だって、あたりまえのように、毎朝なにも考えないで歯を磨くような感覚で、必ず毎日最低でも英語に触れるようにしてるし、休みの日は2時間は最低やるし・・

実はそれでも少ない方だよね・・
ま、私は仕事でもTOEICにいつも触れてるし、ま、長い通勤電車の中では勉強するようにしてるし・・でも、本気で勉強するって、つまり、本当に「やる気」あるって言える人って、もっともっと勉強してるよね・・

私だって、高校受験の時は、一日8時間とか勉強したことあったっけね・・

それに比べりゃあ、こんな「やる気」のうちに入んないっていえば入んないってか、やっぱ、私、そんなに「やる気」あるわけじゃないしな、考えてみれば・・

でも、KING君・・これで、本当にやる気あるって言えるのかね??

でも、KING君見てると、やっぱ一応やる気あるみたい・・

ま、今まで勉強というものを一切やってないKING君にしてみたら、すごくやる気のある表現なのかもしれないね・・

やる気があるないって、その人の今までの環境や習慣に比べてどうかっていうことなんだろな・・

とにかく、今KING君は、リスニングが非常にイイカンジ☆

リスニングだけなら、けっこういける☆

しかし、リーディングのこの、ちょっと高度な文法をやっぱこれからやっていかんといけんね・・

しかし、KING君、新発売のゲームを日本中の誰よりも早くクリアするためには、睡眠も食事さえもせずに、何十時間もやり続けるんだがな・・
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 第14回目:五ヶ月と2週間... | トップ | 「KING君が卒業見込みを... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きなゲームの英語版も面白いですよ。 (ジャン)
2008-10-21 01:36:39
日本語版で遊んだゲームの英語版やると,面白いですよ。
あと,英語のゲーム雑誌も広告見るだけでも面白いです。持っているだけでも,かっこいい!

昔,電車の中で,いろいろ雑誌を読んでいたとき,かばんから英語のゲーム雑誌を出して読み始めたら,周りの視線が,急に,「この人はかっこいい」という視線にかわりました。うれしかったです。
Unknown (PTL英会話&TOEIC)
2008-10-22 18:15:19
それも良い考えですね☆

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事