実録!!!不登校・ひきこもりKING君19才がTOEIC 900点を目指す!!

TOEIC990満点講師ウィットロック慶子が記録する、KING君との個人レッスンの実話!ガンバレKING君!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

卒業おめでとう!自由の森学園あったか涙の卒業式!「不良ってなあに?」

2009年03月09日 | Weblog
ごぶさたしました・・
昨日は自由の森学園高校の卒業式でした・・
あれから、KING君は、次から次へと課題をこなしまくり、ついに、卒業式前日に卒業の許可をもらいました!
なんか、だんだん課題をやることに慣れてきたみたいで、前より、サクサクやってるようです・・
でも、もちろん、まだ終わってない課題はあるんですが、いちおう卒業の許可はおろしてもらえたんです・・のこった課題は自分のペースでということで・・
つまり、その課題はやってもやらなくても、もう卒業しちゃってるわけですけど、
KING君は必ずやるって信じて卒業の許可をしてくれたわけで・・

KING君は言ってました・・
「これは、食い逃げのようなものだ・・
もう食べちゃって、それで捕まりもしないんだけど、それでも、お金を払いにいくかどうかってことだ・・」

自分を信じてくれた教員達・・
自分は信じてもらえるような人間であると社会に認められたような、そんな出来事だ・・
このことは、これから一社会人として巣立って行くKING君にとって大きな自信につながるのだろう・・


そして、昨日、ついに、その感動の卒業式だった!

私は自由の森学園の音楽祭と学園祭の後夜祭が大好きなんだけど、一番感動するのは、高校の卒業式らしい・・
それで、せっかくKING君が卒業するんだから、昨日、その自由の森学園高校卒業式に出席したきた・・

いやあ・・いいね・・
あのですね、今から言うことは、全部本当・・真実・・
てか、今までも全部ノンフィクションしか言ってないですけどね・・
今から言うのは、ホント、ウソじゃないかって凄い話なんで!!
くれぐれも、全て、実際昨日おきた実話そのものなんで、よろしくおねがいします・・


まず、体育館講堂に向かうと、目の前にあの、独特の特に腕がキツキツの黒い光沢のあるスーツに激しく段の入った明るい色でおもいっきり立てた長髪の男の子の背中が目の前に・・
おっと、ここは新宿歌舞伎町かしらんと・・
いやいやここは埼玉県飯能の山奥・・
いやぁ・・彼は本物のホストに違いない・・
だって、この髪型・・
普通の飯能の美容院でここまで立てられるとこはないだろう・・
それに、このスーツは、普通の店じゃあ売ってないんじゃあないか?
たしかに、卒業式でスーツを着るのは好ましい・・
しかし、これはホストファッションを楽しんでいるというよりは、まあ、本物のホストさんでしょう・・

などと思いつつ講堂に入る・・
準備は整い、卒業式開会!!

まず、講堂ど真ん中に花道のステージが設けられ、その上を通って、生徒達は1人1人ステージへと歩く・・
オリンピックのメダリストの凱旋みたい♪
音楽は若者がフツーに好きそうなポップスが流れてる・・

あ、言い忘れましたが、今年のテーマは「あったか涙とみんなの歌・全部あなたにおんがえします」
テーマも進行も全て子供達の企画運営による!

1人1人花道を歩く・・
いやあ・・色んな子がいるなぁ・・
「子」って言ったけど、ぶっちゃけ、みんな、もう大人・・
みんな歩き方がそれぞれ違う・・
ファッションも実に様々・・
表情も・・
歩き方、服装、すべて規定に合うように指導されている普通の日本の学校とはまるで違う・・
おっと・・
さっきのホスト君に優るとも劣らないキョーレツなオーラを放つ少年発見!
EXILEのメンバーみたい・・
EXILEにしちゃあガタイが良すぎる・・
渋い光沢のあるシルバーのスーツにキンパツの坊主頭・・
それにいかついサングラス・・
その歩き方・・
表情・・
おお・・
これは、そうとうな場数を踏んだ、ツワモノに違いない・・
少年院のお世話は数回あるだろう・・
前にいた学校からは退学処分か・・
KINGクンのことで、自由の森学園がそう簡単には卒業証書をくれないことは充分にわかってる・・
ということは、このEXILE君はおとなしく課題をやり、おとなしくみんなと一緒にあるいてるのか??

これまた歌舞伎町のSMクラブから飛び出て来たような衣装の女の子・・
一瞬目をそむけ、社会の退廃に心を痛めるも・・
その子の素直で純朴な表情と澄んだ瞳をみるに・・
この子は純粋で傷つきやすい感性を持った子・・
別に社会の退廃の一端をになって自分をいためつけ、性欲の罪を助長しているようなタイプからの使者ではないな・・
これは、この子の、社会への挑戦か・・
自分は人の目大人の世間体に負け服従されることからの徹底的な拒否表明か・・
はたまた自分はすべての社会の束縛から解放されていることの意志表明か・・
普通の学校なら即刻退学になるようなこの装いを大勢の人の前で着る勇気を確認したいのか・・
それとも、単にこのファッションがカッコいいと思っているだけなのか・・

それから、これもまた、本物のキャバ嬢みたいな、ホントにキャバのバイトしてなきゃ手に入らないようなその髪のセットの仕方とか、洋服とか、

そうかと思えば、温泉街の番頭さんルックの子・・

大正ロマンを彷彿とさせる和服姿の女の子・・

あなたは保護者ですかというような、渋い着物の着こなしの、もう、高級クラブのママさんみたいな子・・

アングラダンサー系の子・・

そんな中であえて普通であることを選んでる子・・
それはそれで、またむりやり普通に押し込められた子とは
なにかオーラが違うもんだ・・



ま、大人な私はそんなことをカンジつつ・・
ま、いっかと・・

KING君も、みんなと同じように歩く・・
思えば、小学校二年生で突然引きこもった時、家から一歩も外に出られなくなってしまった時期があったね・・
でも、今こうやって家から出て、学校という建物に入って、そして、こんなに大勢の人達の前で、高いところでスポットライトと人々の視線を浴び・・

KING君は歩く・・
KING君はいつもと全然同じ格好だ・・
これは卒業式の意味を見出していないという自分自身に対する正直な気持ちを反映したいからか・・
普通に歩く・・
緊張して歩き方がぎこちなくなったり・・
緊張して表情が不自然になったり・・
そんな風には見えない・・
いつもと同じ・・
普通にしている・・

10年前は、家に出るだけで、緊張して体中が硬くなり、歩くこともできなくなってたのにね・・

KING君、社会に出る準備が整ったかな・・

長い道のりだったが、不登校ひきこもりを経なければ絶対に得ることのできない貴重な体験をしただろう・・

さて、話をもどすと・・

その後1人1人クラスごとに校長が卒業証書を手渡す・・

もちろんアイウエオ順は男女混合だ・・ま、考えてみればあたりまえ・・

卒業証書をわたすのは、講堂のど真ん中の簡易ステージ上!
スポットライトあたりまくり!

しかも、今度は、正面ステージからど真ん中の簡易ステージへの高い花道のうえを、自分ひとりで歩かねばならない・・

これこそ、みんな1人1人違っていた・・

これはオイシイチャンスと、一発芸を披露する子・・
シュールなパフォーマンスをする子

きちんとみんなに70度の角度でお辞儀をする子・・

いやあ・・

こんなに地球上に人間がいて、それでも一人一人、全部違うんだなぁ・・って小さな世界を見るようだった・・

観客になってるほかの子達ももちろん、黙って静かに背筋を伸ばして座ってたりしない・・

今までの思い出とともに、思い思いの方法で、気持ちをアピールする・・
当然名前をみんなで客席から呼ぶ・・
言葉を叫ぶ子もいる・・

そんな中・・
あっ!あのEXILE君だ!!
いやぁ・・
肩を大きく揺らして堂々と歩くその姿、もう、立派な親分さんです・・
いやぁ・・
お勤めご苦労さんでした・・
と、会場から声がかかる・・
「よっちゃん!」
「よっちゃ;あ;あ;あ;ああん!」
ああ・・この子はよっちゃんっていうのね・・
で、これからよっちゃんって呼びます(笑)
よっちゃんは、みんなに挨拶し、
簡易ステージへと向かう・・
そこで、よっちゃんは立ち止まる・・
おや?どした?
どうした?よっちゃん!

よっちゃんは、しばし顔を歪める・・
そして、よっちゃんは1人でつぶやいた・・

「オレにはもったいねえ・・」

!!!!!!!!
オレにはもったいねえ??

よっちゃんはまた立ち止まり、
顔を歪め・・

そして、ついに、卒業証書を手にする・・

観客にむかって卒業証書を高く挙げる・・

みんながウォ~っと歓声で答える・・

いやあ、よっちゃんがんばったんだね・・

おめでとう・・

その後、在校生からの言葉・・
これは、自由に何か言いたい人が言う・・
去年の卒業生への思いを泣きながら語る子・・
去年の卒業生のこと今語られても・・なんか面白い・・
突然卒業生への思いを歌い出す子・・
随分沢山の子達が自分も自分もと出てくるのでなかなか終わらない・・

その後、卒業生からの言葉・・
これも自由にしゃべりたい子がでてきて話す・・
時間制限はない・・
みんな言うことが深い・・
日ごろの「考える」「話し合う」授業の成果か・・
さて、随分長い間色んな子が話して、それで、ついに最後の子になった・・
誰かな?と見ると・・
おや?
あのホスト君とよっちゃんだ・・
この二人つるんでるのね・・
しかも、この二人、スタンドマイク持参で、みずから、花道に進み出て、講堂中央の高いところに立ち、スポットライトを浴び、自分の思いを語り始めた・・
まず、ホスト君から・・
どんなこと言うのかなと興味深々・・
と・・
ホスト君は実は昨日の夜から、ちゃんと今日言うことを紙に書いてきたと・・
読みはじめる・・
ホスト君は、前の高校を退学になり、遊びまわり、家にも帰らず・・
そして自由の森学園に入学・・
「先生」というものは「絶対に信じない」と言い切った・・
しかしホスト君は言った
「担任のI・・あの人はいい人・・あの人は本当にいい人だった・・」
そして、ホスト君は大勢の人の前で言った
「おかあさんありがとう」
ああ・・これは、なんと・・
この風貌でこういうこと言うかね・・
涙を抑えることができなかったね・・

この子、どんだけの悪さしてきたか知らないけど、そしてこんな風貌だけど・・
確実に「いい子」だね・・
誰がなんと言おうと、この子は「いい子」だ・・

さて、次、よっちゃんの番・・
よっちゃんはなかなか話し始めなかった・・
みんなが注目する中・・
なかなか話し始めない・・
少し話始めたと思うも、もごもご言って、また黙る・・
「なぁんだ」って思った矢先・・
よっちゃんは話し始めた・・
「オレは、何を話すかなんて考えてなかったから・・」
そしてどんどん話はじめた・・
「おれは、今年も留年かなって思ったけど・・
ウラの仲間(注:体育館ウラは生徒の喫煙ルーム)
人はいろいろ言うけど、ウラの仲間がいたから・・
おまえらも頑張って卒業しろよ!」
会場から、ウラの仲間と思われる方々が
「はい!」
「わかりました!」と・・
よっちゃんは親分的存在なのか・・

「担任のNね・・
もうさ・・
毎日毎日電話してきてもう・・
親父みてえ・・
もう、ホント、親父みてえだな・・
(中略・実はけっこう長い)
今年もだめかなって思ってさ・・
でも、今日今ここに立って・・
かあちゃん!
今日のこと、すげえ楽しみにしてたよな!
留年一年分余計に金出してくれてありがとう!
上がってこいよ!」

上がってこい?
勝手にそんなこと決めちゃった!!
でも会場から拍手が沸きあがる!
「かあちゃん、上がって来いよ!」
かあちゃんはどこにいるんだ?
「そこにいるんだろ?」
やっとかあちゃんが立ちあがる・・
よっちゃんにはお父さんがいないのかな?
女手一つでこのよっちゃんを育ててきた母親の自分の身をけずるような深く哀愁と暖かさを帯びた背中が見えた・・
よっちゃんのお母さんは、立ったまま、黙って、ただ、みんなに会釈するような姿勢で、じっと動かない・・
「ここに上がってこい!」
かあちゃんは依然黙ったまま動かない・・
「わかったよ・・
オレがそっちに行けばいいんだろ・・」
よっちゃんはお母さんの方に行こうとする・・でもおかあさんが動いた・・
おかあさんはゆっくりと、ど真ん中の簡易ステージに近づく・・
よっちゃんのすぐ下に到着する・・
でも、ステージ上に上ろうとはしない・・

「はやくしろよ!」
ついにかあちゃんはステージに上がった・・
大勢の観衆の見守る中・・
ど真ん中の高いところで、スポットライトを浴びて・・
息子は今卒業式で、みんなの前に立っている・・
色々あっただろう・・
かあちゃんは色んな人に謝ってばっかりいたのかもしれない・・
いいわけもせずに、ただ「すいません」「すいません」って・・
なんかそれがクセになっちゃったような・・
そんな姿勢・・そんな表情だった・・
みなさんに・・そして世間の人々にすいませんって・・

でも、かあちゃん!今は、よっちゃん何もワルサしてないから(笑)!
今日はね、晴れ晴れしい卒業のおめでたい席なんだよ!
みんなに「おめでとう」っていってもらっていいんだよ!
そして、卒業式の卒業生の言葉のトリとして、
よっちゃんはみんなのドマンナカで全校の注目を浴びてるんだよ!!

よっっちゃんがかあちゃんに言った・・





「かあちゃん、ありがとう!」



おおおおおおおおおおおおおお・・・・・・・・・・おおおおお
おおおおおおおお・・・・・・・・・・・・・

なななんという・・・
会場から割れんばかりの拍手が巻き上がる!!
そして、どちらからともなく、お互いに抱き合う母息子!!


ああ・・
この映像!!
この母息子が抱き合う映像!!!!!!

コレ、ビデオとってた人いたでしょう?
ちょっと、コレ、誰か、YouTubeとかに公開してくんないか?

これは凄かった!
なにが凄いって、だって、これ、芝居じゃないのよ!
誰も演出してないのよ!
こんなの、わざわざ人を感動させるために考え出すようなストーリーよ!!
でも、もしこんなドラマがあったとしても、ま、ぶっちゃけ、ウソくさくてドラマじゃあ感動しないよ・・
だって、「こんなことあるわけないじゃん」って思っちゃうもん・・

でもね、コレがさ、ドラマじゃないのよ・・
芝居じゃないのよ・・
おまけに事前に考えてたとかでもないのよ・・

だから感動する!!

こんな感動的なドラマ、そうそうないよ!

頼む!
誰か!
この映像公開して!!


その後、しくんだかのように、感動の卒業生大合唱!
よっちゃんも歌う!
ホスト君も歌う!

涙がとまらない!!

その後全校大合唱!

「ブラボー」という歓声!
スタンディングオーベイション!

そして感動の自由の森学園高校卒業式は幕を下ろす・・

いやあ、すごかったわ・・
いいもの見させてもらったわ・・

あのよっちゃんサイコーだわ・・
などと考えつつ、会場を出ようとすると・・




あら?
よっちゃん?
え?
よっちゃん?







!!!!!!!




知ってるよ!
私、よっちゃん知ってるよ!
あ、あのよっちゃんでしょ!
そうだ!
よっちゃんって名前だったよ!

そうだ!
あのよっちゃんだ!
あの顔の輪郭!
体型!
そうじゃん!
あのよっちゃんだ!



そう!
よっちゃんは、そうだ、8年前KING君が自由の森学園中学に入学した次の年に中学に入学してきた・・
そうだよ、計算もぴったり一致する・・

よっちゃんは小学校を卒業したばかりってのもあったけど、でも他の子よりも、ずっと小柄で、それで、まるまると太ってて、ころころと可愛い子だった・・
そうだ、アノ頃から坊主頭だったな・・
それで、元気で明るくって、人なつっこくて・・
みんなの人気者で・・
ああ、アノ頃から、こんな、人気者な性格だったな・・

よっちゃんは小学校で何かあったかしらないけど、地元の中学校に行かずに自森来たんだな・・

あの頃、私が犬の散歩に自森近くの山の中に入ると、いつも授業をさぼって仲間とた○こ(もう時効だよね?)を吸ってた・・

一応大人な私は
「た○こはやめようねぇ~♪」
ってよく声をかけた・・
すると
「はい!すいません!」
って明るく答えてたっけ・・

その後あんまりよく会うんで、私が来ると、ちゃんとた○この火を消したりして、とっても素直な子だった・・

とにかく明るくって、なつっこくて・・
それは今でも変わらないんだろうな・・

それが、何か登山かなんかの泊まりの企画の時、KING君と一緒になったんだよね・・

それで、KING君からもよっちゃんの話を聞くようになった・・
KING君はやっぱり「今年こそはがんばろう」とか思って春になると学校に行きだすけど、また、だんだん行かなくなっちゃうってのを中一のころから繰り返してたんだよね・・

だんだん学校に行かなくなってきたKING君に、素直で明るい自森生達はみんな声をかけてはくれるんだけど、なんといっても、KING君自体が自分から壁をつくって、人をよせつけないオーラを出してるから、さすがに、みんなも、「あんまり声かけると迷惑かな」とかやっぱ思っちゃって、だんだんみんな声をかけなくなってきちゃう・・
ま、毎年のことなんだけどね・・
でもね・・

でもね・・

よっちゃんは違ってたんだ・・

よっちゃんはあきらめなかった・・

KINGクンに会うといつも
「KING!」って遠くからでも声をかけた・・

もちろん、そんな時KINGクンはニコリともせず、
無表情なまま無視・・

でもよっちゃんはあきらめなかった・・

二度でも三度でも四度でも五度でも!!

KING君に会うたび声をかけた・・

ある日、高校の上級生が「スマブラコンテスト」を企画した・・

ゲームなら誰にも負けないKING君・・
これなら学校に出てくるんじゃないかって思ったよっちゃんは、
なんと、KING君の家まで行って
「スマブラやってるよ!学校に来て!」って言いに行ったんだ・・

それで、KING君は久しぶりに学校に行った、なんてこともあった・・

あれから、よっちゃんも大人になって、山でサボルんじゃなくって、この際渋谷とかに出かけるようになったのかな(笑)

もう何年もよっちゃんに山で出会うことはなくなって、私もよっちゃんのことを忘れてたんだ・・


ああ・・・・
あのよっちゃんか・・

ああ・・・
あのよっちゃんだ・・

どおりで・・

少年院のお世話になんてなってないよ・・
自森純粋培養の・・

あんな風貌してるけど・・
よっちゃんは・・
よっちゃんは・・


よっちゃんは、素直であったかくって、友達思いの本当にいい子なんだ・・
人をいじめたり、暴力振るったり、絶対しない・・
本当に言い子・・

私はKING君に言ったんだ・・
「よっちゃんは、ものすごい不良に見えるけど、
あれはもう、ここまでくると不良じゃあないよね・・
どんな格好していても、た○こ吸っても、さ○飲んでも、留年しても・・
あれは不良じゃないよね・・
いい子だよね」

そしたらKING君がいつものように冷静に答えた・・




「不良ってなあに?」



そう・・
不良ってなんだ?
「人」ってなんだ?
生きることをまた考えさせられた一日だったな・・

自由の森学園、ありがとう!








コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 某専門学校願書提出!合格な... | トップ | 人生を上向きにする秘訣:信... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自由の森学園の在校生です (k)
2009-09-06 20:22:23
初めまして
自由の森学園の在校生です。
よっちゃんがマイクで言っていた裏メンツの1人です。(^^)


記事読ませて頂きました!

去年の卒業式を思い出し、またあの感動が読み返ってきました。。。
後輩の私達的に感動と卒業してしまう寂しさが混じり合って切なかった卒業式だったけど…

今でもよっちゃんやホスト君に可愛がってもらっていて、
卒業しちゃったけど今でも優しくて楽しいお兄ちゃん的な2人です(>_<)

卒業式で卒業生から学んだ事が、この記事を読んでまた鮮明に思い出す事が出来ました!


ありがとうございました(>_<)♪
自由の森学園の在校生です (k)
2009-09-06 20:23:36
初めまして
自由の森学園の在校生です。
よっちゃんがマイクで言っていた裏メンツの1人です。(^^)

記事読ませて頂きました!
去年の卒業式を思い出し、またあの感動が読み返ってきました。。。
後輩の私達的に感動と卒業してしまう寂しさが混じり合って切なかった卒業式だったけど…
今でもよっちゃんやホスト君に可愛がってもらっていて、
卒業しちゃったけど今でも優しくて楽しいお兄ちゃん的な2人です(>_<)
卒業式で卒業生から学んだ事が、この記事を読んでまた鮮明に思い出す事が出来ました!
ありがとうございました(>_<)♪
こんなんでも受かる? (鮎菜)
2012-10-25 15:25:14
私ゎ今中1です。私の担任に高校に行くのはムリだと言われました。私はオール1で学校にも2ヶ月行ってません。
でも自由の森学園と言う学校を知ってから、自分に自信がもてるようになりました。
私は自由の森学園を受けるつもりです。だから色々自由の森学園の事を教えて下さい。
私はピアスを空けていて金ぱです。
こんな私でも受かりますか?
んまぁ受からなかつたら中卒でもいいけど(ばくわら)
Unknown (まりん)
2014-12-13 19:11:58
親を殴った私でも、入学できますか?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事