画家 田中恵子のアトリエ通信

画家 田中恵子のアトリエより…

「術後9年目の診察」脊柱側弯症の進行による腰椎後側弯症/執刀:中井修先生 九段坂病院

2018年02月09日 | 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ

「術後9年目の診察」脊柱側弯症の進行による腰椎後側弯症/執刀:中井修先生 九段坂病院
~ 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ~02月09日号(2018年)

九段坂病院での中井修先生による脊椎の大手術を受けて9年2カ月。
今回は予約が2カ月ほど遅れてしまいましたが、
術後9年目の定期診察を受けました。

中井先生は、いつも私のフェイスブックを見てくださっているそうです。
写真の近況報告をお渡ししたら、
居合の写真を見て「これフェイスブックで見たよ」とのこと、
ほとんど状況はご存じだったんですね。

術前から、
「今は壊れてないから固定しないけど、
いずれ壊れたら固定しなければいけない」
と言われてきた一番下の椎間板、
とても状態がいいそうです。
「あと10年は大丈夫」とのことでした。

診察が終わってから、恒例の写真撮影ですが、
ブログとフェイスブック用に
何種類か撮ってもらいました。
レントゲン写真を入れるかどうか、
中井先生と相談した結果、
「ブログで見たい人いるでしょう」と先生に言われ、
初公開することにしました。
一般の方には、ちょっと怖すぎますよね。
でも、これから固定手術の方には、
これだけ広範囲固定されている私が、
これだけ活動的に生きているということで、
希望を持っていただけるだろうと思います。

曲がったまま固定されていますが、
初診で中井先生が「緩やかに矯正固定しましょう」と言ってくださり、
実際に手術で、腰椎の後弯を矯正した時点で、
私の身体は、曲がっていてもバランスが良かった頃の側弯まで、
自然に戻ったそうで(通常そうなるのだそうです)、
その状態に多少矯正を加えて固定してくださったのだそうです。
それが最も私の身体に無理のない良い状態ですよね。

これだけ曲がっていても、服を着れば気付く人はいません。
それどころか、痩せたこともあり、
スタイルがいいと言ってくれる方が多いんですよ!

術前、まだ元気だった頃にやっていた武道「居合道」に復帰して2年。
ファッションを楽しめるのも、「居合」ができるのも、
中井先生のお蔭ですね。

もちろん、日常いろいろ不自由はありますし、
ここまで日常生活に慣れるには時間もかかりました。
でも今の身体で生きることが出来るのが、幸せです。

新九段坂病院を出てから、旧九段坂病院がどうなっているか、
千鳥ヶ淵に散歩に行きました。
上)入院中から常連だったカフェ ミエル
下左)千鳥ヶ淵から新病院を望む
下右)右に写っているのが 解体工事中の旧九段坂病院

旧九段坂病院から徒歩2分のカフェ ミエルには、
手術入院中、外出許可が出てからよく通いました。
ある日、ワインとナッツというメニューを発見し、
それ以来、オーダーは決まって・・・。
久しぶりにカフェ ミエルでゆっくりランチしました。
全てがアンティーク家具のステキなお店です。

ではまた・・・

「九段坂のちょっとおかしな入院ライフ」の本編はこちら
http://www.studio-clipper.net/kudanzaka.htm

4月に銀座で個展を開催します。情報はこちら
http://www.studio-clipper.net/event.htm

田中恵子ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


脊椎手術後の生活の工夫3「トイレの問題」

2017年08月18日 | 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ

脊椎手術後の生活の工夫3「トイレの問題」
(脊柱側弯症の進行による腰椎変性後側弯症での脊椎の広範囲固定手術後の生活)
~ 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ4~

脊柱側弯症の進行による腰椎変性後側弯症で、脊椎の広範囲固定手術を受けると、
術後のトイレの問題、これは大問題!
とにかくウォッシュレットのある時代で良かった!!

硬いコルセットをしていた半年以上は、
ウォッシュレットの無いトイレは使えませんでした。
(3椎体くらいの固定手術の方は、全く手術前と変わりませんので、ご心配無く!)

■自宅のトイレの工夫
トイレットペーパーもウォッシュレット用の吸水性の良いものを使います。
トイレットペーパーのホルダーも、巻き取りやすい位置に設置し直しました。
身体をねじることが出来ないので、巻き取りやすい位置の工夫が必要です。
汚物入れは、低い位置にあると、
腰を曲げることも、狭い場所でしゃがむことも出来ないので、
捨てることが出来ません。
スリムで背の高いふた付きのごみ箱にしました。
(台に乗せたりしても良いでしょう。)
もちろんマジックハンドは狭いトイレでは必需品。
何かの事態のために、トイレ用を一つトイレの壁に掛けておきます。

自宅のトイレは自分の工夫次第ですが、
外出時は困ります。
外出時は、事前にその施設に身障者用トイレがあるかどうか問い合わせ、
必ず確認してから出かけました。
今でも、ウォッシュレットの無い、身障者用トイレがありますので、
ウォッシュレットの有無の確認も忘れずに!

■外出時のトイレの工夫
ご自宅のウォッシュレットの場合、操作ボタンが便器の右に付いていても、
感でわかるようになりますよね。
でも、外のトイレで、そういう位置に操作ボタンがあるタイプだと、
座ってしまうと見えないので、
最初に見て、確認してから座るようにしていました。
また、トイレットペーパーは、薄い一重のものが多く、
巻き取りにくい位置に設置されている場合も多いので、
トイレに入ったら、まず、トイレットペーパーを巻き取って、
準備してから、便座に座るようにするといいですよ!

当時の旧九段坂病院の整形外科外来がある1階の身障者用トイレは、
操作ボタンはリモコンでしたが、
リモコンの設置位置が横すぎて、身体をねじれないので、使いづらく、
私と同じタイプの手術の方も多いので、
中井先生の診察の時に、位置を変えてもらえるようにお願いしたら、
設備の人に指示するために、メモ帳か何かに書くのかと思ったら、
私のカルテに書きました!
意味不明!!
と、思っていたのですが、硬いコルセットから、柔らかいコルセットになり、
多少身体の動きが良くなったら、
その位置でも操作パネルの使用が難しくなくなりました。

身障者用トイレ(多目的トイレ)は使いやすさが様々です。
全く、身障者の事を考えてないトイレもあります。
使い易い身障者用トイレだと、その会社や施設の企業姿勢を高評価してしまいます。
逆に、健常者にも使えない、身障者用トイレだと、企業姿勢は最低評価してしまいます。

某新聞社の音楽ホールの身障者用トイレは、
探しても表示も無いので、クロークで尋ねて、
その方向に行っても、見つからない、よ~く探したら
小さなモノトーンの表示がありました。
40代で視力のいい、近距離の歩行に問題ない私でも見つけるのが困難なのですから、
障害が私より大変な方や、視力が少し悪いと、見つけることが困難です。
入ってみると、ムダに広い。
まずトイレットペーパーを巻き取って、便器に座ってハッとした。
トイレットペーパーホルダーが真後ろにある!!!
私は外出先でトイレに入ったら、まず、トイレットペーパーを巻き取る習慣があったので、
問題ありませんでしたが、
私以外の人だったら、用を足したら、トイレットペーパーが無いのです!!
何といっても、真後ろ!!
これでは健常者でも使えません!
こういうトイレにご用心くださいね!

該当する施設の方、改善をお願いします!
もう既に改善されていると良いのですが・・・。

現在、私は、普通のトイレも使うことができます。
広くてキレイなトイレを選びますけどね・・・。
写真は術後8年半後、普通の人より健康に見える私・・・

「九段坂のちょっとおかしな入院ライフ」の本編は、田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


脊椎手術後の生活の工夫2「調理」と「筆記」

2017年08月15日 | 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ

脊椎手術後の生活の工夫2「調理」と「筆記」
(脊柱側弯症の進行による腰椎変性後側弯症での脊椎の広範囲固定手術後の生活)
~ 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ3~

脊柱側弯症の進行による腰椎変性後側弯症で、脊椎の広範囲固定手術を受け、
退院して帰宅すると、
まず驚くのは、日常生活の全てが、前傾しての作業だということ。
脊椎を広範囲固定(特に腰椎全て)されると、前傾の作業が困難になります。
術後の生活のコツや身体の使い方のコツをお伝えします。

今回は「調理」と「筆記」についてです。
なぜこの2つについて同時に書くかというと、
問題点が同じだからです。
平らなまな板の上で野菜を刻むと、肩や背中が凝ります。
同じく平らな机の上で字を書くと、肩や背中が凝ります。
固定されていない方は緩やかに背骨を曲げてそれらの作業をしていると思います。
でも脊椎を広範囲固定されたら、主に頸椎(首の骨)だけを曲げて、
この作業をすることになるため、
私は肩や背中がパンパンに凝って、
毎日何枚もモーラステープ(シップ)を貼っていました。

字を書く場合は簡単な解決方法があります。
「書見台」を使いましょう。
健康な方でも、背骨の健康のために「書見台」の使用をお薦めします。
角度が調節できる「書見台」で良いものがあります。
「スタディーボード」という商品です。
検索してみてください。

まな板は斜めにしたら物が転がり落ちてしまうので、
こちらは解決の方法無し・・・? 
退院後2年くらいは、1日1食は、
宅配のお弁当や冷凍のお弁当を利用していました。
料理はなるべく刻まないですむもの。
肉を焼く、野菜をちぎる、キュウリはまるごとかじる・・・

魚を焼くのは焼けても、
食後に食器を洗うのも肩が凝って大変だけど、
魚焼き器の網を洗うなんて、とんでもないんです。
そこで秘伝です。
「魚はフライパンで焼く!」
小さいサイズのフライパンを1つ買うととても便利です!
わずかな油をひいて焼きます。
健康な方にもお薦めです。後片付けが簡単に済みます。
魚の摂取量が増えてDHAが摂取できるので、頭がよくなります!

実は近年気がついたのですが、
まな板の上で包丁を使う時も、流しで食器を洗う時も、
肩こりを防ぐ方法!
これも秘伝です!
「あまり首を曲げずに、目だけを下に向ける!」 
細かいものは切れませんが、大体のものは切れますし、
食器洗いが楽になります。
(この機会に食洗機を導入するというのがいいですね。
うちのキッチン狭くて置けないので、買えなかったけど・・・。)

「あまり首を曲げずに、目だけを下に向ける!」 は、
筆記でも可能です。
あまり上手に字を書くことは出来ませんが、
宅配便の宛名や、役所や銀行・病院などでの書類の記入が楽になります。

これを早期に気付いていれば、料理も、外出先での書類の記入も楽だったな~
ということで、術後、日の浅い皆さん方にお伝えします!

もし、退院後、予想以上に日常生活が不自由で悩んでしまう方がいらっしゃいましたら、
ご安心ください。
だんだん自分の身体の使い方に慣れて、上手に使えるようになるものなんです!

写真は、術後8年8カ月、8月の軽井沢ヴィラ・セシリアのお庭にて

「九段坂のちょっとおかしな入院ライフ」の本編は、田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


脊椎手術後の生活の工夫1「洗顔」

2017年08月13日 | 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ

脊椎手術後の生活の工夫1「洗顔」
(脊柱側弯症の進行による腰椎変性後側弯症での脊椎の広範囲固定手術後の生活)
~ 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ2~

脊柱側弯症の進行による腰椎変性後側弯症で、脊椎の広範囲固定手術を受け、
退院して帰宅すると、
まず驚くのは、日常生活の全てが、前傾しての作業だということ。
脊椎を広範囲固定(特に腰椎全て)されると、前傾の作業が困難になります。

もし、予想以上に日常生活が不自由で悩んでしまう方がいらっしゃいましたら、
ご安心ください。
これが、人間とは良くしたもので、時間はかかるけど、
だんだん自分の身体の使い方に慣れて、上手に使えるようになるものなんです!
経験者として、生活のコツや身体の使い方のコツをお伝えします。

まず、朝起きたら顔を洗いますが、
女性の場合、洗顔料で洗って、水ですすぎを10回くらいしますよね。
その姿勢が維持できません。
10回すすいでいるうちに痛くなってしまいます。
終わって姿勢をよくすると、もちろんくずに痛みは消えます。

退院1カ月目の診察で、中井先生に
「顔を洗うのが困難」と言っても、わかってもらえませんでした。
男性はどうせ、水で2~3回洗うだけなのでしょう。
それで、朝は男性のように水で洗うだけにしたら、
数カ月後に「油漏性皮膚炎」になりました。

定期診察の時に皮膚科にかかって、その様に診断されました。
もらった「油漏性皮膚炎」のパンフレットの表紙には、
炎症を起こした男性の顔のイラスト。
ニキビのパンフレットには、女性の顔のイラストでしたが・・・。
(健康な男性の方々、毎朝きちんと洗顔フォーム等を使って洗顔しないと、
「油漏性皮膚炎」になりますよ! )

と、言うわけで、洗顔料を使ってきちんと洗顔しなければ、
「油漏性皮膚炎」になるとわかって、方法を考えました。
洗面器にぬるま湯をためて、ミニタオルを浸して、
回数少なく洗い流しましょう。
これで、前傾の時間が短縮され、身体に負担も少なく、
油漏性皮膚炎も防げます。

この痛みも、だんだん軽減して、
毎日の生活の中でスクワットを鍛え続けるので、
2年くらいで不自由は感じなくなりました。

写真は健康的な現在の写真です。
次回は「調理と筆記の工夫」についてです。

「九段坂のちょっとおかしな入院ライフ」の本編は、田中恵子公式ホームページ  
http://www.studio-clipper.net


「術後8年目の診察」 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ[その1]

2017年02月28日 | 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ

「術後8年目の診察」 続 九段坂のちょっとおかしな入院ライフ[その1]

九段坂病院の院長 中井修先生に、腰椎変性後側弯症の矯正固定の大手術を受けて8年。
中井先生は脊椎脊髄専門で日本屈指の名医で、
九段坂病院は脊椎脊髄で日本トップの病院です。

昨年12月がちょうど術後8年目の診察でした。
思春期の脊柱側弯症の悪化によるもので、
腰椎全てとその上の胸椎を3つ、計8椎体が矯正され固定されています。
背骨は首(頸椎)以外、ほとんど動かないということです。
もちろん一生そのままです。

手術後1・2年は相当不自由だったけど、年々、固定された体の使い方が上手になって、
8年間たった現在では、不自由を感じることはほとんど無くなったので、
「術後、日が浅い患者さん方が心配されてると思うので、教えてあげてください」と
中井先生にお願いしたら・・・
「自分で伝えなさい。ブログ、みんな読んでるよ!」 というのが先生の答えでした。

私の公式ホームページの「九段坂のちょっとおかしな入院ライフ」は
18,000人を越える読者がいます。
私の「ブログを読んで受診しました」という患者さん、多い様です。
知らないで入院しても、同じ部屋の人やロビーで知り合った人が教えてくれたりして、
手術前は暇なので、ベッドでごろごろしながら皆さんスマホで読むのでしょう。
病院内で、読者に見つかって声をかけられることもあります。
私のそのページは通称「ブログ」と呼ばれていますが、ホームページの1つのページです。
この度、中井修先生の要請を受け(?)、
公式ホームページ以外に、ここで続編のブログを始めることにしました。
            
8年目の診察では、中井先生が私のイメージチェンジに、驚きが止まらなかったようです。
(左が去年の記念撮影、右が今年の記念撮影、イメージチェンジがわかるでしょ!?)
術前からお世話になっていた看護師さんとレントゲン技師さんは、
春の内科の検診で会っていたので、それほど驚かれなかったかな・・・
やっぱり驚いてたか・・・。
術後健康になって食が進み、少し太ってしまいましたが、
糖質制限を5年間続け、運動再開で急に成果が出て、成人して以来の最低体重を達成!
スタイルが良くなったので、ウェディングドレスデザイナーのケイスズキさんに
セミオーダーのドレスを作ってもらい、それを着て今回受診。
とてもスタイルが良く見えるドレスなんです!

前年の診察で中井先生に「筋力が落ちる年頃だからスポーツをして体を鍛えなさい」と言われ、
広範囲固定された背骨でも危険なく出来るスポーツを考え、
術前やっていた「居合」を提案。
即、許可されて、居合を再開して1年になります。
先生が許可したのに、居合をやっている写真を見たら、またまた驚きが止まらない様子。

とても元気に、健康的になったのですが、
脊椎の固定範囲が長く、背骨はほとんど曲がらないため、股関節で全て曲げるので、
「1年半前に、長時間右前方に重心をかけて絵を描いていて、
右股関節を痛めて以来、治りません」いう報告をしました。
パソコンのディスプレイの レントゲン写真を拡大して二人で眺めて検証・・・
固定部分の上と下が壊れやすいため、
術前から「第5腰椎と仙椎の間が壊れる可能性が確立が高いので、壊れたら再手術しましょう」
と言われていましたが、今のところ無事でした。

私の体の中では再手術の準備は万端整っているそうです。
その事は3年前に聞いて、
一昨年は、その手術に適したチタンの部品が発売になったと先生は大喜びで、
いつでも再手術はバッチリとの事で、喜んでいいやら・・・
先生が喜んでいるから、まあいっか・・・という感じでした。
今回は「一番下はいつ壊れても、体内で準備できてるし、いい部品が出たから、
いつ壊れても大丈夫なんですよね!」と私から言いました。
毎回、ふざけた診察で、先生の悪い冗談をいかに冗談で返すか、頭を使います。
今回は、私のイメージチェンジに驚きすぎて、悪い冗談は出ませんでしたが ・・・。

毎年一緒に、記念撮影をしてもらうので、診察前に看護師さんにお願いしておいたら、
診察後、診察室の奥の部屋の皇居の森が見える窓のところに連れて行ってくれて、
撮影してくれました。
ボロ病院から、きれいな新病院になっても、
病院スタッフのアットホームな雰囲気は変わらないので、とても嬉しく思いました。

中井先生は、患者に触られるのが苦手だそうです。
と、何かのインタビューに書いてありました。
ふつう患者さんは「どこが痛いですか?」と尋ねると、自分の身体の部分を示しますが、
時々、先生の身体の「ここ」と触る患者がいて、
患者を触るのには慣れているが、患者に触られるのには慣れていないので焦るとか・・・。
でも今回、思い切って初めて触っちゃいました。
腕を組んじゃいました!

「九段坂のちょっとおかしな入院ライフ」の本編は、田中恵子の公式ホームページへ
http://www.studio-clipper.net