たまおのページ

猫と遊びと旅のページ。
他にも「ボヤキ、グチ、ネタミ、ソネミ、イヤミ」などなど(^O^)/

しせつほもんさん

2019年03月20日 | Weblog
 3月 20日
 
 コーラスサークルコスモスで施設訪問でした。その3

 今回の施設訪問は歌うだけじゃないんですよ。
 ハンドベルもやりました。「さくらさくら」と「春がきた」
 これがまぁ、これまでの練習ではなかなか上手く鳴らせな
かったんです。1人1個(1音)だけなんですが、それでも
自分の番を忘れてしまったり、遅れたり。(もちろんアタイも
忘れた)聴いているほうは笑ってしまうんですよ。やっている
ほうは真剣ですがね。



     この写真は本番中です。
     「さくらさくら」チーム。

 リハ、数曲歌ったところでアタイは電車組を迎えに行きました。
施設から最寄り駅までは車で10分ぐらい。
 ピストン輸送で施設に戻り、全員揃ったところでリハの続き。
声は出ていますね。ただし会場は音が響くので、お客さんには
声が こもって 聴こえるかも?

 リハ終了。控え室に戻って待機です。
 春ということで、男声はピンク系のネクタイ。女声はピンクの
小物を身につけました。髪飾り、スカーフ、ブローチなどなど。
春が部屋の中にやってきましたね。(^_^)v

 さぁて本番。
 歌い出す前に、施設側の担当者Sさん(今回の訪問受け入れ
担当)が「今日は泣かせてもらいますからね」と言って、笑いを
誘っていました。(ある歌のとき、感極まって、本当に泣いて
いました)

 お客さん(入所者、職員)は30~40人ぐらい。歌っている
間にも次々とやってきました。
 唱歌など、知っているものは、お客さんもいっしょに歌って
くれました。



     タンバリンやカスタネットを
     お客さんに配り、いっしょに
     歌いました。

 アタイは殆ど譜面を見なかったんですが、失敗しないためには
しかたがないこともあるけれど、曲によってはガンミみたいに
なっている人もいましたね。
 しかし、なるべく見ないようにみんな努力していましたよ。
「歌詞を間違えた」という人、顔を上げていたんでしょ。

 ハンドベル、奇跡じゃないか? と思うぐらいに上手く演奏する
ことができました。(何回か音が抜けたことがあったけれど、
タイミングがズレなかったので、お客さんには分からなかったと
思う)

 小学校や中学校で卒業式に歌う曲を数曲。
 「この歌を知っている人?」「この歌で卒業した人?」と、
D野先生。
 「はぁい、歌いましたぁ」と手を挙げる入所者さん。
 「子どもの卒業式で歌いました」という職員さん。

 ここでまずは「ほたるの光」と「仰げば尊し」。
 入所者さんはもちろん全員がご存じ。若い職員さん、聴いた
ことがあっても歌ったことが無い人がいたかも?
 全員合唱みたいになりました。(^o^)

 次はもう少し最近の歌。
 「この歌で卒業しました。いっしょに歌っていいですか?」と
担当者のSさん。 
 「どうぞどうぞ」ということで、男声の列に入りました。
 Sさん熱唱していましたね。もう目がウルウルでした。

 コスモスの持ち歌となっている「群青」(福島県のとある
中学校の生徒の言葉を歌詞にして、先生が曲をつけた)の
ときには、職員さんが何人もティシュでチーン。
 歌っているコスモスメンバーの中にも言葉が喉に詰まって
歌えない人がいました。(この歌は何度聴いても歌っても
涙腺が緩くなってしまいます)

 というところで、続きは明日でぇす。(^_^)/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« しせつほもんに | トップ | しせつほもんうちあげ »

コメントを投稿