男澤惠一・家系と先祖のBLOG

「先祖を知れば未来が見える」著者、日本家系調査会の男澤惠一が読者様の幸福を願って書いております。

小正月・小豆がゆ

2011年01月15日 | その他
1月15日を小正月といい、小豆がゆを食べて祝う。小正月は別名「女正月」ともいい、正月中に忙しく働いた女性をねぎらう日とされている。

なお、旧暦では、この日を新しい年のはじまりとしていたため、「なまはげ」「左義長(さぎちょう)」「粥占(かゆうら)」など、地方によりさんまざまな行事が行われている。

小正月(こしょうがつ)とは、正月の望の日(満月の日)のこと。本来は旧暦の1月15日に行われる。

元日を大正月と呼ぶのに対してこのように呼ぶ。中国式の太陰太陽暦が導入される以前、望の日を月初としていたことの名残りと考えられている。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« リスクを恐れるな! | トップ | 行動パターンを真似る »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事