コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、毎日複数のブログを提供

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初の経営コンサルタント団体

◆【経営コンサルタントの独り言】 「幟」何と読むのでしょう つぶやき改訂版 7月10日(火)

2018-07-10 08:30:54 | 経営コンサルタントの独り言

◆【経営コンサルタントの独り言】 「幟」何と読むのでしょう つぶやき改訂版 7月10日(火)

 
 
  俺様の名は「ブロッグ
  経営士ブログに登場するドッグじゃ!!
 
  日本のお米はおいしいヨネ 
  でも、加州米(カリフォルニア産)も
  侮れませんヨ

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

準備でき次第「つぶやき」改訂版をお届けします。

「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。

【今日は何の日】は発行済ですので、そちらもどうぞ

  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/7244d734e8fde9ac9093138a7c8366ab

【経営コンサルタントの独り言】 「幟」何と読むのでしょう

「幟」は「のぼり」と読むのですね。

「識」とよく似ていますね。

「織り姫」の「織」とも似ていますし、意味も近いですね。

 いとへんの代わりに「方へん」で「し」という字もあるようです。

 木へんですと「くい」という字だそうですが、いずれもJIS漢字表にはないので、ここで表記できません。

 火へんですと「熾」となりますが、「熾烈(しれつ)」という熟語ですとわかりますね。

 似たような漢字は結構ありますね。

 孫息子が漢字博士で、いろいろと教えられることがあります。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 7月9日(月)のつぶやき | トップ | ■【心 de 経営】54 有為の... »
最近の画像もっと見る

経営コンサルタントの独り言」カテゴリの最新記事