コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、経営やコンサルティングに関し、毎日複数のブログでお役立ち

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本で最初にできた「経営士」資格付与の経営コンサルタント団体

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都・相国寺の塔頭には金閣寺や銀閣寺など著名な寺院があります

2019-03-08 15:07:28 | 今日は何の日

【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都・相国寺の塔頭には金閣寺や銀閣寺など著名な寺院があります

 私どもでは、経営やコンサルティングに関する情報以外に、日常生活に役に立つような情報、旅行や写真などの会話を潤滑にするために情報などもお届けしています。

 それらの中から、選りすぐりの情報を中心にご紹介して参ります。

 京都は、何度行っても新しい発見があります。3月初旬に、相国寺の特別展を見てきました。今回は、最初で最後という長得院の特別展もありました。

 しばらくの間、相国寺の写真をお届けします。

 

京都 相国寺

http://www.shokoku-ji.jp/s_about.html

 ■ 相国寺(しょうこくじ)とは

 相国寺は、臨済宗相国寺派の大本山で、京都五山第二位に列せられています。正式名称は「萬年山相國承天禅寺」という禅宗のお寺です。

 14世紀末の室町時代、三代将軍の足利義満により創建されました。何度も焼失の憂き目に遭遇しましたが、法堂(はっとう)は1605年に再建され、日本最古の法堂建築です。

 夢窓疎石を開山とし、創建当時は室町一条あたりに総門があり、50あまりの塔頭寺院があったと伝えられています。

■ 名前の由来

 「相国寺」は「しょうこくじ」と読みます。「首相」という言葉は、「相」を「しょう」と読むことから違和感はないでしょう。「相国」とは「国をたすける」、「国を治める」という意味です。中国からきた名称で、左大臣の位を「相国」呼び、創建した義満は左大臣であったことから「相国寺」と名付けられました。

     資料出典: 相国寺公式サイト

 

相国寺 大光明寺



山門を入り、楼門の裏手


公開はされていませんが
キチンと手入れの行き届いた庭があります
MORE その他の写真満載

 相国寺の、いろいろな写真は、下記よりも観ることができます。

 

ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« ◆【カシャリ!一人旅】 東京... | トップ | 3月7日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

今日は何の日」カテゴリの最新記事