コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、経営やコンサルティングに関し、毎日複数のブログでお役立ち

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本で最初にできた「経営士」資格付与と育成の経営コンサルタント団体

◆【経営コンサルタントの独り言】 音楽の癒し 私の体験から 904

2019-09-04 17:03:00 | 経営コンサルタントの独り言

【経営コンサルタントの独り言】 音楽の癒し 私の体験から 904

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

経営コンサルタントのプロや準備中の人だけではなく、経営者・管理職などにも読んでいただける二兎を追うブログで、毎日複数回つぶやいています。

 

■ 音楽の癒し 私の体験から 904

 

 クラシック音楽はどうも・・・

 という方もいらっしゃいます。

  ある人は、クラシック音楽の能書きを垂れることで喜びを感じています。

 

 私は、クラシック音楽が大好きというほどではないですが、レコードもCDも結構持っています。

  チャイコフスキーの4番、ベートーベンの6番、シューベルトの未完成など定番ではありますが、音楽を聴きながら、次はどの様なメロディーに入るかが解るくらい何度も、繰り返し聞いてきています。

 

 音楽を聴きながらブランデーを傾けるという風景は、かっこいいですね。

  でも、私は下戸ですので、コーヒーを自分の好みのカップン・ソーサー(Cup and saucer)に、マイポットから注いで飲む、至極の時間が好きです。

 

 音楽を聴くと心が安まり、疲れも吹き飛びます。

 ところが、疲れが極度に達しているときには、必ずしもそうではありません。

 

 1970年代前半に5年間アメリカに赴任していました。

  連日、車でアメリカ東部を走り回っていましたが、週末近くになりますと疲労も溜まってきます。

 

 東京・大阪間くらいの距離を、午後3時頃ボストンを出た帰り道のことです。

  東部アメリカではあまりないのですが、峠越えをするところがあります。

  疲れを癒やそうとラジオをかけました。

  曲名は知りませんが、当時流行していた穏やかな曲調の失恋の歌でした。

  それが、癒やしてくれるどころか、雑音にしか聞こえなかったのです。

 

 アメリカにしては道幅の狭い二車線の峠のくだり道です。

  普段なら安全運転をする私ですが、スピードが出ていたのでしょう。

  気がつくとひやりとするような運転をしていました。

 

 くねくね道で、エンジンブレーキだけでは制御しきれませんでした。

  ブレーキを下手に踏めば尻を振ってスピンするくらいのスピードです。

 

 フットブレーキをだましだまし使いながら、制御し、次第に安定してきました。

  幸い対向車も少ない道でしたので助かりました。

 

 学生時代から、ドライブをしていましたので、逆にドライブ技術を過信しないように常に言いきかせています。

  疲労がこのような事態を引き起こしてしまうのですね。

 

ドアノブ)

 

◆ ツイッターでのつぶやき 

konsarutanto

 

【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】

 ◇ 経営コンサルタントへの近道・資格取得  ◇ コンサルタントバンク人材銀行  ◇ 経営コンサルタントになろう  ◇ 経営コンサルタントQ&A  ◇ 独立・起業/転職

 ◇ 心 de 経営  ◇ 経営マガジン  ◇ 経営コンサルタントの独り言  ◇ 経営四字熟語

 ◇ 杉浦日向子の江戸塾  ◇ ニュース・時代の読み方  ◇ 時代の読み方・総集編  ◇ 経営コンサルタントの本棚  ◇ 写真・旅行・趣味  ◇ お節介焼き情報  ◇ 知り得情報  ◇ 健康・環境  ◇ セミナー情報  ◇ カシャリ!一人旅


コメント   この記事についてブログを書く
« ◆【お節介焼き情報】 五節句... | トップ | ■【今日は何の日】 9月4日... »
最近の画像もっと見る

経営コンサルタントの独り言」カテゴリの最新記事