コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、経営やコンサルティングに関し、毎日複数のブログでお役立ち

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本で最初にできた「経営士」資格付与と育成の経営コンサルタント団体

◆ 令和元年6月11日(火)のつぶやき アンネの日記と恋人の日

2019-06-12 13:30:54 | 経営コンサルタントの独り言

 令和元年6月11日(火)のつぶやき アンネの日記と恋人の日

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

昨日は、このようなことをつぶやきました。

本日の【今日は何の日】も、発行済ですので、そちらもどうぞ

  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/93ea59ed0e0f22445be9eaee0eec8643

 

■ 恋人の日 6月12日                 

 
 6月12日には、ブラジルのサンパウロ地方では、「恋人の日」です。
 縁結びの聖人であるアントニウスが歿した前日に当たります。この日には、恋人同士が、写真立てに写真を入れて交換する風習があります。
 日本では ・・・・・<続き

 c2b10

 

【経営コンサルタントの独り言】 

 敬語は難しいですね。

 改装中のホテルオークラが、社内研修では力を入れています。

   https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/fc7751c85cf61383c25e3513760e5020

 

  アンネの日記と恋人の日

 1942年6月12日は、ユダヤ人の少女アンネ・フランクが日記を書き始めた日です。

 ナチス・ドイツのユダヤ人迫害から逃れるために、アムステルダムの家を改造して密室を作って、家族とともに生活していました。

 6月12日は、ブラジルのサンパウロ地方では、「恋人の日」だそうです。

 アンネのために祈りを捧げる人もいれば、恋人と愛を確認しあう人もいます。

 時代や場所が異なると、大きな違いがあるのですね。
 

 かつて、ある人が、街の中を歩いていると、皆、幸せそうに見えたそうです。

 その人は、会社が倒産してしまい、不安のどん底にいたのです。

 その人から見れば、周囲の人が皆幸せに見えて当然であったかもしれません。

 その人に私がかけられた言葉は「万事塞翁が馬」でした。

 その人は、今、小さいながら自分の会社を持ち、充実した日々を送っていると聞いています。

 

 ドアノブ)

 

konsarutanto   昨日のつぶやき 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« ◆【経営士ブログ 経営マガジ... | トップ | ■【心で経営】 歴史・宗教に... »
最近の画像もっと見る

経営コンサルタントの独り言」カテゴリの最新記事