コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、経営やコンサルティングに関し、毎日複数のブログでお役立ち

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本で最初にできた「経営士」資格付与と育成の経営コンサルタント団体

◆【経営コンサルタントの独り言】 江戸時代のリサイクルシステムに学ぶ 118

2020-01-18 17:03:00 | 経営コンサルタントの独り言

【経営コンサルタントの独り言】 江戸時代のリサイクルシステムに学ぶ 118

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

経営コンサルタントのプロや準備中の人だけではなく、経営者・管理職などにも読んでいただける二兎を追うブログで、毎日複数回つぶやいています。

 

■ 江戸時代のリサイクルシステムに学ぶ 118

 

 江戸でも美人として知られる、上野の大増屋十右衛門の娘おきくが、花見の時に寺小姓を見初め、着ていた着物の色模様に似せた振袖をこしらえてもらいました。

 

 毎日毎日、その寺小姓を想い続けると、恋の病に臥せったまま16歳という若さで亡くなってしまった。

 

 法事が済むと、振袖を古着屋へ売り払ったところ、それを着た娘が次々となくなりました。

 

 残された家族は、その振り袖を本妙寺で供養してもらうことにしました。和尚が読経の時にその振袖を火の中に投げ込んだところ、つむじ風が起こり、本堂が火事となりました。それが燃え広がって、「振袖火事」となったのです。

 

 江戸時代というのは、リサイクルが盛んな時代で、その悲劇と信じられたのです。

 

 今日では、江戸時代のリサイクルシステムに学ぶところが多いと思います。

 

【今日の写真】 福岡・東長寺

 

 空海(弘法大師)が唐で修業し、帰国した後、博多に滞在した時に、密教普及の祈願に建てた寺のひとつが東長寺です。

 

 福岡県福岡市博多区にある真言宗の寺院で、真言宗九州教団の拠点寺院です。

 

 朱色が鮮やかで、真新しい五重塔は、遠くからも目立ちます。

 

 圧巻は、木造坐像大仏です。高さ10.8メートル、重さ30トンの檜造釈迦如来坐像です。

 

 像高10.8メートルは、108つの煩悩を持つといわれる数になぞらえて作られました。

 

 東長寺は、何度か参詣していますが、初めて訪れたときはちょうど節分でした。

 

 残念ながら、おひねりされた豆は拾えませんでした。  

 

ドアノブ)

 

 【カシャリ! ひとり旅】を映像にして紹介しています。

   ユーチューブで見る

 

 

◆ ツイッターでのつぶやき 

konsarutanto

 

【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】

 ◇ 経営コンサルタントになろう  ◇ 経営コンサルタントQ&A  ◇ 独立・起業/転職

 ◇ 心 de 経営  ◇ 経営マガジン  ◇ 経営コンサルタントの独り言  ◇ 経営四字熟語

 ◇ 杉浦日向子の江戸塾  ◇ ニュース・時代の読み方  ◇ 時代の読み方・総集編  ◇ 経営コンサルタントの本棚  ◇ 写真・旅行・趣味  ◇ お節介焼き情報  ◇ 知り得情報  ◇ 健康・環境  ◇ セミナー情報  ◇ カシャリ!一人旅

 


この記事についてブログを書く
« 【日本経営士協会情報】ユー... | トップ | ◆【話材】 昨日01/18のつぶ... »
最新の画像もっと見る

経営コンサルタントの独り言」カテゴリの最新記事